割り切りの意味と割り切りでない出会い方

出会い系サイトを利用していると、掲示板やプロフィールなどで「割り切り」や「F割」などの言葉を目にすることもよくあると思います。

ここでは、割切りという言葉の意味と、割り切りの流れ、あとは割り切りみたいなことをしなくてもPCMAXハッピーメールなどの出会い系サイトで出会えるので、その早く簡単に出会う方法についてもご紹介します。

「割り切り」とは?言葉の意味と隠語

「割り切り」というのは、出会い系サイトなどで金銭目的でエッチ(セックス)をすることです。
女性がセックスさせて、男性がお金を払うという形が一般的です。
援助交際(援交)とか売春(買春)と同じ意味ですね。

他にも割り切りと同様の意味で使われる隠語が多数あります。
「条件あり」「意味あり」「お礼あり」「円」「¥」「ワリ」「サポート」「サポ」などです。
また、単語ではなく流れの中で「助けてくれる人」「困ってます」「サクッと会いたい」「割り切って会いたい」「短時間で」「分かる人」などと掲示板などに書き込みしている女性も割り切り相手を探していると考えて間違いないです。
掲示板の書き込みやプロフの中で「意味わかる人」みたいな書き方をしている場合も割り切りを意味し、極端な場合「意味で」みたいな書き方をしている女性もいます。その場合も割り切りのことです。

金額を書く場合もあります。
例えば、「ホ別1.5で」などと書いてあれば、それはホテル代とは別に2万円で、という意味ですし、逆に「込2」であればホテル代込み(女性がホテル代を払う)で2万円ということになります。
若い女の子の場合だと「諭吉二人」という言葉を使う場合もあるようで、これは1万円札の肖像の福沢諭吉が二人ということで2万円という意味です。
「キスありゴム無30kで」であれば、コンドームを着けずにキスなしのエッチで3万円ということになります。

それと、掲示板の書き込みのタイトルに「今日会える人」「今夜8時から(場所)で会える方」と書いている人も割り切りです。
特に、出会い系サイトのアダルト系掲示板の「すぐ会いたい」系の掲示板にあれば間違いなく援交目的です。
というか、すぐ会う系の掲示板を使っている女性はほぼ割り切りか、援デリ業者だと考えていいと思います。

このように割り切りを意味する言葉はたくさんあり、さらに少しづつ新しい言葉ができていきます。
これは、出会い系サイトでは基本的に金銭目的の出会いは禁止されているので、サイト運営会社の規制の目を潜るために隠語を使うようになるためです。

割り切りに関する出会い系サイトの隠語

割り切りはお金を払って本番ありのセックスをすることですが、本番あり以外の例えばフェラチオだけの割り切りというのもあります。
口だけの割り切りは隠語では「F割り」や「口割り」と言います。
子供がいる人妻など、時間がなくて短時間で稼ぎたい女性がよくやっているようです。
料金も基盤(本番)ありの割り切りより安いので、あまりお金がない男性や、挿れなくてもいいからとにかく性欲を発散させたいという男性に人気があるようです。

他にも、車の中でカーセックスする割り切りは「車内割」や「車割」、車の中でフェラチオする場合は「車内F割」や「車内エフ」などといった応用編があります。
車であればホテルに行く時間が短縮できますし、どこでもできるといったメリットが男女お互いにあるんでしょうね。

パパ活とは?援助交際との違い

最近、「パパ活」という言葉を耳にした方もいらっしゃると思います。
パパ活とはパパを探す活動のことで、この場合の「パパ」とは文字通りの父親という意味ではなく、金銭やプレゼント等で助けてくれる大人の男性、という意味です。

パパ活は10代や20代の女の子がやる場合が多く、パパ活=援助交際だと考えている方も多いかもしれませんが、若い女子たちはパパ活は援助交際とは違うと考えています。
その違いは、援助交際はお金をもらってセックスをするけど、パパ活の場合は基本的にはエッチはせず、デートや一緒に食事をするなどしてお金やプレゼントを援助してもらうという点にあります。

しかし、実際にはパパ活で出会ったパパと肉体関係を持つ女子はかなり多いようです。
男性としてもセックスはしたいですし、体の関係がある方がサポートする金額も多くなるでしょうから、その方が女子にとっても望ましいですからね。

出会い系サイトでもプロフィールに「パパ活中です」とか「優しいパパ探してます」みたいなことを書いている若い女の子、特に大学生や10代の女の子は多いです。
「体の関係なしに助けてくれるパパいませんか?」と書いていたりもしますが、実際には付き合っているうちにエッチすることになることでしょう。

割り切りの本来の意味

このページでは割り切りの意味として、お金を介したエッチ、援助交際だと説明しましたが、割り切りという言葉は元々は別の意味で使われていました。
もともとは、恋愛感情を伴わない割り切った関係、お互いの過程などに干渉しない身体だけのドライな関係、という意味でした。

しかし、不景気な世の中でお金に困った女の子が出会い系サイトで援交の相手を探すようになって、割り切りという言葉の意味が援助交際と同じになってしまったのです。

割り切りは犯罪か?割り切りの合法性

簡単に言うと、出会い系サイトで割り切りをしても、相手が18歳未満だったりしなければ警察に捕まることはありません。
これは割りきり募集をした女性もそうだし、お金を払ってエッチした男性も同じです。

ですが、売買春について規定した法律である売春防止法の第3条には「何人も、売春をし、またはその相手方となってはならない。」と書いてあり、買春も売春も禁止しています。
この3条については管理買春や周旋などと違って単純な売買春には罰則が定められていないので、単純に割り切りをしたからということで捕まることはありません。
しかし、逮捕されたり罰則が科されることはなくても、割切り=援助交際は一応犯罪です。
合法か違法かという意味では「違法」ですが、処罰はされないというだけです。
ですから、割り切り=売春はやってはいけません。

JKやJC等未成年との割り切り

割り切り自体では警察に逮捕されたりする事はないと書きましたが、JK(女子高生)やJC(女子中学生)などの未成年と出会って援助交際した場合話は違ってきます。
割り切りで会ってエッチした相手が18歳未満だった場合、各都道府県の青少年保護条例や児童ポルノ法の違反として逮捕され刑罰が科されます。
それで運良く実刑にならなかったとしても、家族や職場に知られることになり、社会的にも終わってしまいます。

当サイトで紹介しているような大手の出会い系サイトでは利用者が多いため、稀に18歳未満の女の子が紛れ込んでいる場合があります。
出会い系サイトや出会いアプリには年齢確認システムがありますが、家族の保険証やクレジットカードを利用することで、不正に登録して利用してしまう可能性があります。

そして、18歳の女子大生だと思って会ってエッチしてみたら、実は年齢詐称の女子高生だったりしてトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
そういうこともあるので、割り切りには手を出すのはおすすめできません。

それと、出会い系サイトを利用していて、メールのやり取りをしている中で相手が18歳未満だと気づいた場合、すぐにやり取りをやめて、決して会ったり、あまつさえセックスしたりはしないようにしてください。
できるのであれば、その女の子のためにも、サイト運営に通報してその女の子が強制退会になるように動いてください。

割り切りの流れ

ここまで書いてきたように、基本的に割りきりはやってはいけません。
しかし、参考までに実際に出会い系サイトでどのように割り切りが行われているのかを書いておきます。
出会い系で知り合った女性が怪しくて、この割り切りの流れだったりした場合には要注意です。

掲示板の割り切り募集にメールする

割り切りでは女性が掲示板などで募集をするパターンが最も多いようです。
多くの場合は出会い系サイトのアダルト掲示板、特に今すぐ会いたい系の掲示板に女性が「今から会える方」とか「確実に会える人」「わりきりで会いたい」「車内で」みたいなタイトルの書き込みをして募集します。割り切り対策で説明しているようなキーワードを使っている女性は割り切り目的です。
この書き込みに対して男性がメールを送って割り切りの申し込みをします。

他にも、女性のプロフィールを見て男性がメールや伝言板などで「割り切りで会いませんか?」みたいなメッセージを送ってワリキリに誘う場合もあります。
相手の女性が割り切りをしている人であれば、OKの返事があって、援助交際をすることになります。

メールでの条件等の交渉

出会い系での一般的な出会いでは、メールのやり取りで少しずつ仲良くなっていって実際に会うことになりますが、割り切りの場合にはそういうメールのやり取りはなく、必要な事だけをやり取りします。
まず必要なのは、いつ会うか、どこで待ち合わせするか、金額はいくらか、の3点です。わりきりで「条件」というのはこの意味です。「ホ別2」というのは、ホテル代別で2万円という意味です。
これさえ決まれば割りきりができます。

ですが、男性の側としては相手がどういう女の子か気になるので、年齢や容姿、胸の大きさ、どのくらいの時間会えるか、何回できるか、などを聞く場合もあるようです。
巨乳が好きな方は、募集の際に巨乳を指定しておくと確実です。

このようなやり取りをメールでして、お互いが納得すれば実際に会うことになります。
お互いで決めた時間に待ち合わせ場所へ行って、そこからホテル等へ行ってエッチをして、お金を払って解散、という流れになります。車内Fの場合は車でします。

割り切りの相場

割りきりの相場は掲示板などを見る限りでは1回1万5千〜2万円程度のようなので、ソープなどより安い値段で簡単にエッチができるということになります。
相手の質はピンキリのようですが、運がいいと相場より安い金額でいい女とエッチできることもあるようです。

ただ、先ほども書いたように割り切りはやってはいけないことですし、美人局などの犯罪に巻き込まれる可能性もあるので、当サイトとしてはお勧めはしません。

援デリとは?援デリと割り切りの違い

「援デリ」という言葉は初めて耳にする方も多いかもしれません。
援デリとは、出会い系サイトを利用して、援交を装って客を集めている本番ありのデリヘル(デリバリーヘルス)のことです。

援助交際=割り切りだと思って出会い系で会ってエッチをしたら、実はそれは素人ではなく、違法デリヘルから派遣されてきた女性だった、ということです。

もちろんやる事は基本的には同じなので、気づかなければ何も問題はないのかもしれません。
ですが、援デリで派遣される女性は、デリヘルの店の中でも人気がない女性であることが多く、そのため見た目やサービスはいまいちで、態度も悪くビジネスライクで冷たい場合が多いようです。
多数の男性とやっている援デリの女性は病気を持っている可能性もあるので、通常の割り切り以上に注意が必要です。

援デリの業者は一つのアカウントで何人もの女性を派遣するため、同じ女性が1日に何回も割り切り募集の掲示板書き込みをしている場合は援デリの可能性が高いです。

割り切り募集が多い出会い系サイト

当サイトでご紹介している出会い系サイトはどれも大手のサイトなので、どのサイトでも割り切りの相手を探している女性の書き込みを多く目にします。
その中でも、男女ともに利用者数が多いミントCワクワクメールPCMAXの3サイトは毎日結構な数のワリキリの書き込みがされるので、割り切りをしたい男性にはおすすめの出会い系サイトです。

PCMAXやミントCには既婚者用の掲示板があり、人妻が好きな男性には人気があるようです。

ワクワクメールではプロフィールに伝言板があり、この伝言板を使うとポイントを使わずに女の子とメッセージのやり取りができます。
ポイントを節約して女性と出会うことができるの便利ですね。

割り切りしなくても出会い系サイトなら出会える

この記事の最初の方でも書きましたが、出会い系サイトををうまく利用すれば、割り切りのような金銭目的ではない、普通の出会いをすることができます。
出会い系では、恋愛や婚活などの真面目な出会いから、1回限りのエッチやセフレ関係まで、色々な出会いが探せます。

手軽にエッチがしたいと思って割り切りを考えている方も、出会い系であれば比較的短期間で、しかも女の子にお金を払わずにエッチできるので、割り切りでない出会いを探すことをおすすめします。
出会い系サイトは初めて登録する場合は無料お試しポイントがたくさんもらえてそれだけで結構遊べますし、ポイントを購入する場合でも3千円分もポイントを購入すれば何人かの女性と実際に会えるところまでいくことができます。

さらにセフレを作れば、タダで何回でもエッチができるので、割り切りはやめて少し頑張ってセフレ探しをしてみるのはいかがでしょうか?

割り切りでなく女の子と早く出会う方法

ネトナンで女の子と早く出会うには、出会い系サイトのプロフィール検索で会いやすそうな女性を探して、自分からファーストメールを送るというやり方が一番です。

利用する出会い系サイトは当サイトで紹介しているような大手の老舗サイトであればどこでも大丈夫ですが、強いていうならPCMAXハッピーメールなどがおすすめです。

それらのサイトに登録したら、まずはプロフィール例文などを参考にプロフィールを作ります。
そして、プロフィール検索で好みの女性を探します。
出会いやすい女性の特徴などを参考にすると、出会いやすい女性が探せると思います。

狙う女性が見つかったら、ファーストメール例文などを参考にして最初のメールを送ります。
返信があったら、最初の返信メール例文出会い系サイトのトークテクニックなどを参考にその相手とやり取りをして、仲良くなりましょう。
十分仲良くなったら、デートに誘うメール例文のように誘って実際に会いましょう。

セフレを作りたい方などは、セフレの作り方などを参考にしてみてください。
割り切りをするより、いい出会いができると思います。

公開日:最終更新:by 出会い系メール例文集 出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る