性欲が強い50代女性と出会って効率的にセフレにするやり方

更新: by

「ベッキーさんや篠原涼子さんのような美人のセフレを作ってHしたい」

そんな欲望や疑問に突き動かされてこの記事を見つけた方、いますよね?

恥ずかしながら、筆者は25〜26才まで全くモテず、童貞で彼女がいたこともありませんでした。
そんな筆者でしたが、ある日ネット散策中に出会い系サイトと出会い、研鑽の結果、童貞を捨てることができました。
その後は、病気をもらうなどのトラブルはありつつも、セックスフレンドなどいろいろな女性との出会いを経験しました。
その出会いアプリで出会ってセックスした女性の中には、50代女性もかなり多かったです。

余談ですが、今よく会っているセフレは以下のような女性達です。
※プライバシー保護のため、ざっくりした内容のセフレ説明になりますが。

  • アラサーの人妻女教師。
    既婚男性なのに、筆者以外にもセフレがいるようです。
  • 大きくないけど美乳な20代半ばの女性看護師。
    忙しくてなかなか会えないけど、そのセフレに会った時には色々なプレイをじっくり楽しんでます。
  • アラフォーのセクシーな既婚女性セフレ。
    結婚相手さん以外にも恋人がいて、さらに自分をセフレにしてエッチライフを謳歌しています。
  • ムチムチしたエッチな身体の30代前半女子。
    グラマーな巨乳で抱き心地抜群です。

なかなか会えないセフレもいますが、無理なく関係を続けられています。
たまに出会い系サイトで物色しますが、積極的にはセフレを増やそうとは思っていません。

この記事を読んでいるのは、性欲が強い50代の女性をセフレにしたい男性だと思います。
50代の女性は、スケベでセックスが好きだから魅力的ですよね。
性欲が強い50代女性は出会ってセックスしたい人妻が多いからという理由により、セフレにしやすくておすすめです。

このセフレ探しの実績から導き出した50代女性に使える「セフレを作る方法」をお教えします。
ここで説明するやり方でがんばれば、斎藤工さんや窪田正孝さんのような男前じゃなくても間違いなく50代の女性とセフレになることができるんです。
このセフレの作り方は50代の女性をセフレにする場合にもそれ以外の女性にもとても有効ですから、ぜひ参考にしてみてください。

50代のセフレを作るための3つのステップ

出会い系で50代のセフレを作るには、守らなくてはならない大事な攻略のコツが存在します。
セフレ作りのやり方の要点は、単純に言うと3つあります。

この3つのステップを確実に実行すれば、どんな人でもセフレを作ることができるんです。

では、いよいよ性欲が強い50代女性のセフレをゲットするための3つのステップを詳細に説明してきます。
必要なことだけを簡潔に説明しているので、容易に読めると思います。

1stSTEP : 50代の女性と数多く出会える出会いの場所を使用する

セフレ探しをするにあたって、50代のセフレが作れるかどうかを左右するのは、この一番初めのステップです。

というのも、50代のセックスフレンドをゲットするのに一番役立つのは、この出会いの機会を増やすステップですから。

なぜなら、50代の女性との出会いのチャンスを増やすことで、セフレ関係になれる女性の分母が増えて、セフレが作れる確率が増えるからです。
出会いの機会が増えれば、それだけ出会える50代のセフレの数も増えるということですね。
ごくシンプルなことですよね。
これは理解しやすいでしょう。

さて、いよいよ50代のセフレを作るための出会えるチャンスを増やす具体的な方法をお話しします。

50代のセフレをゲットするなら出会い系サイトで出会いを探せ

上で説明したように、出会えるチャンスがたくさんあれば、それだけ50代の女性とセフレの関係になれる可能性と、セフレにできる人数が増えていきます。
ところが、ストリートナンパなどで数多くの女性に声をかけても、セフレになるのは至難の業です。
セックスフレンドにするどころか、話に耳を傾けてもらうことすら難しいのがリアルです。
セフレを作る場合には、友達の紹介や知り合いの伝手を使った合コンなども利用できません。
「紹介してもらった女性をセックスフレンドにした」、なんて友達には言えありませんよね。

そこで女性との出会いを増やすのに大いに有効なのが出会い系サイトでの出会いです。
出会い系サイトは出会いのための専門コンテンツなので、真面目に出会いを求めている女性が非常にたくさん登録しています。
しかも、出会いアプリでは無料お試しポイントもあるので、金銭はあまりかかりません。
上手にやれば、無料お試しポイントなどを使ってタダで50代のセフレを作ることもできるんです。

筆者の今まで出会い系サイトを使って、結構たくさんの女性と出会って、多くの50代女性をセックスフレンドにしました。
全部、出会い系サイトがなければ不可能でした。
インターネット上の口コミ情報でも出会い系で出会ってセックスしたりセフレを作った体験談がたくさんあり、出会えるという声がかなり多いです。

SNSなどで評価されているセフレ探しの出会い系サイト

ネットやSNS上の口コミを多数調べたところ、現在ある出会い系サイトの中でセフレと出会えるサイトとして定評があるのは、やはりハッピーメールミントC!Jメールということで誰も異論はないと思います。
これは、50代のセフレを作る場合に特に当てはまります。

Jメール ハッピーメール

出会い系サイトを使用している読者なら、ミントC!Jメールとハッピーメールの名前は誰でも耳にしたことがあると思います。
大人気出会い系サイトですから。
恋人探しや結婚相手の女性探しなど本命の出会いもできるんですが、エッチな関係もしやすいことで定評があります。
ネット上の口コミでもそういう声が多かったです。
さらに、この2出会い系サイトは女性週刊誌や女性ファッション誌など女性が読む雑誌に多く広告を出しているので、山梨県など日本中どこでも女子会員が多いことで知られています。

筆者の現在までの経験で、行きずりのSEXをした女性やセフレにした女性の多くはハッピーメールやミントC!Jメールで出会いました。
個人的な感想ですがハッピーメールとミントC!Jメールの女性会員にはエッチな人が多い気がします。
女性のプロフィール画像をみると、かわいい女性も相当いるので、AVでよく目にする小島みなみさんや伊賀まこさんのようなかわいくてエッチが大好きなセックスフレンドも作れることもあります。

そして更に、この2サイトでは、出会い系サイトに初登録すると、相当多めの無料お試しポイントがプレゼントされます。
もらえる無料お試しポイントでしばらく遊べますし、もちろんHな女性と出会ってエッチすることもできるんです。
うまくやれば、タダで50代のセフレを作ることもできます。
もし無料お試しポイントがなくなっても、追加サイト内ポイントも出会い系の中では最安値レベルで購入できるので、50代のセフレを作るのにお金はそれほどかかりません。

もっとも、出会いのチャンスを増やすという意味では、ミントC!Jメールとハッピーメール以外の出会い系サイトまで使用すると、さらに出会いのチャンスを増やすことができるんです。
2つだけでなく、3つ4つと使うサイトが増えれば、それと比例して50代のセフレができる成功率と人数は増えていきます。
このため、時間に余裕がある方は、ミントC!Jメールやワクワクメールなど、その他のオススメサイトも併用してみて下さい。

50代のセフレにできそうな女性を探しまくろう!

「出会い系に登録完了!!これで寝ていても50代のセフレと出会える!!」
もちろんですが、そんなはずはありません。
上で説明した出会い系サイトは、トップクラスにセフレが作りやすいサイトですが、行動しなくては50代のセフレと出会うことはできません。
けれども、きっちり出会いを増やす活動をすれば、必ずセフレは見つかります。

50代の女性をセフレにするには、出会い系で50代の女性を探してメールを送信して、仲良くなってから面接して、セックスして満足させる必要があります。
当然ですよね。

プロフィール検索で50代女性を探してメールする

さらに、サイトに登録して出会えそうなプロフィールを書いて待っていれば、50代の女性からメールが届いて出会える。
のようなことだといいんですが、実際そうはいきません。
女性はみんな自分からは行動しないので、男性の方から進んでコンタクトを取る必要があります。
実際には、女性のプロフィールを見てエッチで50代の女性を探して、自分自身からメッセージを送るだけです。

出会い系では、プロフィールを条件を指定して絞り込み検索できます。
それらの検索機能を使って、あなたの理想の50代女性を探し出しましょう。

プロフィール検索を駆使して性欲が強い50代女性を探し出そう!

さあ、ここが出会い系で50代の女性をセフレにするためのポイントです。

出会い系でセフレ候補を探すときに50代の女性を上手く見つけ出して、メールを出すことが大事です。

上で説明した大手の出会い系はシステム面でも優秀なので、性欲が強い50代女性も手軽に探し出すことができます。
携帯をいじって、プロフィール検索で体型で50代の女性に当てはまる条件で絞り込み検索をするだけです。
50代のセフレ候補を出会い系サイトで探す場合、プロフィールの属性で検索すれば見つかります。
プロフィールの項目で50代女性に上手く当てはまるものがない出会い系サイトでは、自己紹介文などで「50代女性」みたいなキーワードでワード検索してみて下さい。
一部のフリーワード検索がないサイトの場合は、近い項目で絞り込んだ後、プロフィールをチェックしていきましょう。

そうすれば、比較的手軽に50代の女性が見つかるはずです。
そしてその女性に思い切ってメールを送りましょう。

プロフ検索や募集掲示板などで探して、セックスフレンド関係になりたい50代女性が見つかったら、次はメッセージを送ります。
セフレにできそうな50代の女性に送るメッセージは、最初は紳士的なメールが良いだと思います。
セフレ候補に送る初めのメッセージの書き方がわからないという男性は、文例をコピペして使ってもOKです。
文例の記事でも書いていますが、完全コピペはNGで、一部は毎回記入しましょう。

上述したように、できるだけ多くの女性と出会うことで、セフレを作れる確率が上がるし、その技術も向上します。
それで、良さそうな50代女性がいたら、逡巡したりしないで思い切ってメールを出しましょう。
万が一失敗しても、相手は全く知らない人なので何の影響もないです。

50代のセフレに限らず、セフレを作るにはまず出会いの数を増やさないことには何もスタートしません。
まだ今何もしていない読者は、とにかく行動を始めてみましょう。

2ndSTEP : 50代のセフレにできそうな女性とメッセージで仲良くなって会う約束をしよう

その後メールのやり取りが始まります。
上手く仲良くなって、現実で会う約束をするのですが、ポイントをつかんでいればそれも簡単です。
続いては、出会いアプリメールで女性と仲良くなって、リアルでデートに誘うためのテクニックについて説明します。

50代のセフレをゲットするには聞き上手になろう

聞き上手な男は、出会い系サイトでも現実の出会いでもモテます。

では、出会いアプリのメッセージや会話で聞き上手になるにはどうすればいいとと思いますか?
聞き上手というのは、しっかり話を聞いてくれる上に、会話をしたい気持ちにさせてくれるものです。

一見難しそうに聞こえるかもしれませんが、出会いアプリのメッセージや会話ではとても簡単に実行可能です。
以下の5つのコツを真似するだけでいいんです。
かなり単純です。

聞き上手になるための5つのポイント

この5つを実行することで、「聞き上手でモテる男」になることができるんです。

①男女の会話ではアドバイスよりも共感です

女性と男性では会話に求めるものが違います。
男性は何かの目的があって手段として会話をしますが、女性は会話それ自体が目的になっています。
女性はやり取りの生き物ですから。

そういうこともあって、出会い系で50代女性と会話する時には、会話の中で女性に「共感」を示すと会話が上手にいきます。
共感だけしておけば、会話の内容は問わない、と言ってもいいかもしれません。
下手にアドバイスなんてすると、「気持ちがわかってない」とか言われます。
驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、実際そうなんです。
これは男女の器質的な差で、マンガで分かる心療内科でも説明されています。

ですから、セフレ候補の50代女性と会話する際には、アドバイスや解決策よりも、とにかく相手の話を聞いて、共感の気持ちを伝えましょう。
「共感」というと、一見難しそうに見えますが、たった2つのワードを使うだけなので簡単です。

「大変だね」「大丈夫?」

簡単にこれだけです。

もしも、相手の女性から「パソコンが壊れたかも」のようなメッセージが来たら、「具体的にどんな症状?」とか「何か新しいアプリ入れた?」みたいに現実的な会話をしてはいけません。
「PC動かないの?それは本当に大変だね」「それじゃ仕事できないよね、大丈夫??」のように、共感の言葉だけで十分です。

こうやって共感の言葉を伝えさえすれば、相手の女性はこちらを理解者だと思って好意を持つようになります。
この共感の言葉はメールだけじゃなくて、リアルで会った時の会話でも使えます。

50代女性に共感して印象を良くするための言葉には「心配だよね」「困ったね」「きついね」「辛かったね」などもあるので、こちらもどうぞ。
女性を労わる言葉なので、使いやすいでしょう。

ただ、出会いアプリでのメッセージではアドバイスをしない方がいいのですが、相手の50代女性が具体的にアドバイスが欲しいと言ってきたときは会話が違います。
その時には親身になって考えて、最大限のアドバイスをしましょう。
それでその50代女性のこちらへの信頼度が大幅アップします。

②相槌とリアクションで会話を弾ませよう

相手の50代女性がメッセージや実際の会話で何か会話をした時、こちらが何も反応しないと、ちゃんと聞いているのか相手は不安になるし、楽しくありません。
そんな時にうまく相槌を打てば、会話を引き出すことができるんです。

手軽に使える相槌のテクニックに「さしすせそ」の相槌があります。

「さしすせそ」の相槌

  • さ → さすがです
  • し → 知らなかったです
  • す → 素敵です
  • せ → センス良いです
  • そ → そうですよね

難しくないですが、この「さしすせそ」の相槌だけで50代女性の会話を引き出すことができるんです。

相槌の中で敬語とたま口が混ざっている部分もありますが、そこは現時点での口調と合わせて使ってください。

③おうむ返しはしっかり聞いている証拠

メールで会話をしていると、相手の女性の顔がわからないし、頷く等のリアクションも見えないので、話に耳を傾けてくれているかよく分かりません。
セフレ探しのようなエッチな関係の場合を探す場合は、その傾向がさらに強くなります。
50代のセフレ予備軍の女性とのメールでの会話の中で、それをうまく解決してくれるのがおうむ返しです。
ちなみに、おうむ返しとは、鸚鵡みたいな感じで相手の発言を繰り返すことを言います。
このおうむ返しテクも容易に使えるので、気軽に試してみてください。

例えば、メッセージでの会話ではこういう感じになります。

食べ物では何が好き?
↓
私はパスタが好きだよ
↓
イタリアンが好きなんだ?美味しいよね。
お酒は飲むの?
↓
筆者お酒も好きな男性かな
↓
◯さん、お酒好きなんだね。
ぼくも結構飲む方だよ。
お酒には強い?
↓
筆者かなり強いよ。
一緒に飲んでみる?

という感じです。
※ この文例では、最後で女性から呑みに誘っていますが、自然に会話が流れるとこういうこともあります。

この文例みたいに、おうむ返しを自然に入れながら会話をしていくと、メールは途切れずに続いていきます。
相手の女性の発言をほぼ同じでリピートするだけの作業です。
上記の文例では相手の答えに対して次の新たな質問を入れていますが、質問をしなくても女性が勝手に会話を進めていく場合もあります。

なお、おうむ返しばかりだと相手の女性から「この人バカ?」と思われてしまうので、乱用注意です。

④50代のセフレにしたい女性に自慢話はしないほうがベター

気になる50代女性を落とすために、自慢話をして自分自身の魅力を伝えようとする男性もいるかもしれません。
しかし、自慢話をしてもその女性をセフレにすることはできません。

ネットのSNSや募集掲示板で、出会いアプリを使用している女性の声を見ると、出会いアプリで自慢話をしてくる男性は直ちに切るという声が大多数です。
実際に、性欲が強い50代女性に限らず、男性の立場でも他人の自慢話はウザいし聞きたくありませんよね。

絶対に50代のセフレが欲しいのであれば、会話やメールで自慢話をしたいのをグッと我慢してください。
出会いアプリでの出会いやセフレ探しでは、自慢話はマイナスにしかなりません。

あなたの口から物知りだとか、お金持ちだとか、頭がいいとか言っても何の信憑性もないし、聞いている女性は何も楽しくないです。
単純に面倒臭い男性だと思われるだけです。
そうではなく、普通の会話の中であなたのスゴさを肌で感じさせて、「ひょっとしてエリートなの?」みたいな感じで相手が聞いてきたときに、「え?まあ、そうだけど、全然大したことないから気にしないで」とさりげなく答えるくらいがクールです。

この4つの秘訣がしっかりやれれば、本当に高い確率で親密になることが可能です。
それ以降デートに誘って実際に会うのもスムーズにできると思います。
50代女性と親密になる会話や面接に誘うテクニックなどを知りたい男性は、デートに誘う会話文例出会いアプリの会話の秘訣などを参考にしてみてください。

さあ、SEXしてセフレにできるのももう直ぐです。

性欲が強い50代女性以外に清純女子もセフレ関係になれる

50代の女性をセックスフレンドにしようとがんばっているところだと思いますが、清純女子をセフレにしてみるのもいいかもしれません。
むしろ、清純女子とセフレになる方が50代の女性をセフレにするよりも容易です。

方法を知ってさえいればどなたでもセフレができるとはいえ、タイミングや運の要素も若干あります。
だから、タイミングが悪くなかなかセフレができないということもなくはありません。
時の運は、どうしようもありませんよね。

そんな時は、少し気分転換に出会いやすい清純女子をセフレにしてみるのもいいかもしれません。
気分を変えることで、運勢が好転してあっさりと清純女子をセフレにでき、さらに清純女子をセフレにすることでセフレ探しのテクニックが確実に向上します。
清純女子で学習したテクニックを次に応用すれば、50代のセフレを作れるようになっているだと思います。

50代のセフレも当然良いですが、清純女子もいいですよ。

3rdSTEP : 性欲が強い50代女性とエッチしてセフレになる

一言で出会いアプリを使用している女性といっても、実はその中身は様々です。
ですが、初めから「セフレを作りたい」と募集掲示板やプロフにはっきり書いている女性はほんの僅かしかいません。
セフレを作ってSEXしたいと思っても、女性がそんなことを書くのは憚られるんだと思いますね。

Hしたいけど最初は普通っぽく出会って、仲良くなって会ってみたら容易にエッチを許す、という女性がかなり多いです。
そのHで気持ちよくなれたらまた会ってSEXして、そのままセックスフレンドになっていく、という女性が多いです。

ということで、とりあえずエッチまでたどり着いて、そこで相手の50代女性を満足させられればセフレにすることができるということになります。
知らないと難しそうだけど、実はセフレ探しは容易なんです。

ここまでを踏まえて、50代のセフレを作るための最後の仕上げ、セックスをしてセフレにするためのポイントは以下の4つです。

①下心はセフレにしたい女性にもバレないようにする

出会い系で知り合った女性に話を聞くと、前触れもなく最初のメールから「SEXしない?」とか「会える?」と言ってくる男性がなかり多いそうです。
どの女性も、セフレを探している女性でも、そんな男性は無視するそうです。

いくらセフレをゲットするのが目的でも、初手のメッセージから下心は出さないようにしないとメール交換も始まりません。
というか、十分仲良くなるまでは下心は見せないようにしておきましょう。
そのほうが、最終的には早く出会えてセフレにできます。

インターネットの情報の中には、初めからセフレ前提で会話をしろと書いているブログや情報サイトもありますが、効率が悪すぎるのでやめておいたほうが賢明です。

②事前のエッチな会話でスムーズにSEXできる

相手の50代女性とメールアドレスやLINEのIDなどを交換して、直接やり取りである程度仲良くなったら、少しエッチな会話をしておきましょう。
このタイミングが大事です。

当然のことですが、「すぐ会おう」とか言うのは論外ですが、「自分はエッチだぞ」ということをそれとなく相手に教えておきます。
相手もそのエッチな会話に乗ってくるようなら、セフレ関係になれる見込み大です。
次に説明する「セックスの約束」もしやすくなります。

具体的な方法としては、エッチな会話に入る文例みたいな感じでエッチな会話をしてみましょう。
相手の女性がエッチな会話に拒否反応を示す場合には、他のセックスフレンドにしたい女性に完全に切り替えます。
粘って攻略しようとしても、そういう女性はセックスするのに苦労しますから。

③50代女性に会う理由を作ってあげよう

セフレが欲しいと思っている女性でも、出会いアプリで出会った男性からの面接の誘いにそう簡単には了承しません。
軽い女だと思われるのが嫌なんでしょう。
そういう時に、ドライブや飲み会、食事など、何か会う理由を設定してあげると、その50代女性は自分への言い訳になるので、デートの誘いに了承します。

そのため、女性に会おうと誘う時には「Hしよう」と誘うのではなく、「美味しいカレー食べに行こう」のように健康的な目的で誘うようにしてあげましょう。
まあ、それでも実際に会ったらその目的はそっちのけでエッチするだけの場合も多いですが。

④セフレにできそうな女性とSEXの約束をしておこう

セックスフレンド候補の50代女性を上手く面接に誘いだせたら、次は現実で会ってセックスしましょう。
より間違いなくセフレにしたいのであれば、早いステップ、できれば初めて会った日のうちにセックスするのがベターです。

ざっくりいうと、リアルで会う前にある程度SEXする会話やエロい会話をしておいて、会ってからSEXに持ち込みやすくします。
会う前にエッチの会話をしておけば、セックスできそうにない女性も判別できるので、無駄なデートを避けられます。
要するに、50代のセックスフレンドが作れる率向上につながることになります。

詳しいやり方としては、会う約束をした後LINEやメールで会話しているときに、「明日は勝負パンツ履いてきてね(笑)」のような、セックスするような印象を与える発言をします。

相手の50代女性にSEXする気がない場合はそれを無視したり違う会話をしたりします。
その場合は、それ以上追求せずに諦めて、別のチャンスを狙いましょう。
逆に、会話に乗ってくる場合には、初日にSEXできる確率が高いです。
Hをする会話をもう少し詰めていって、より確実にセックスできるようにしましょう。

⑤50代女性をHで大満足させよう

ここまでの流れで、セフレにしたい50代女性とエッチするところまでは進めるでしょう。
ところが、「やった、セックスできたからこれでセフレ関係だ!」なんてことはありません。

セフレというのは、エッチをメインの目的とする男女関係です。
その結果、そのセフレ予備軍の50代女性をエッチで満足させられなければ、セフレにすることは不可能です。

エッチに失敗すれば、その相手の女性とはもう2回目はないということです。

一回セックスできればいいならそれでもいいですが、セックスフレンドにするには相手の50代女性を満足させるようなエッチをする必要があります男性の中には挿入すればいいと思っている人もいますが、女性は前戯を大事視します。
女性の感じ方を観察しながら、相手が感じる気持ちいいところを的確に優しく攻撃しましょう。

前戯が上手くなるには、書籍を読んで勉強するという上達方法もあります。
とりわけ、アダム徳永の「スローセックス完全マニュアル」を読むと、とても前戯が上達します。
余談ですが、筆者は徳永先生の本を4冊ほど読んでいます。

最初のうちは、フェラチオや挿入で自分が気持ちよくなるのは考えず、ひたすら女性本位のセックスをしましょう。
時間的にあなたが射精できなかったとしても、相手の女性を気持ちよくさせるくらいの気持ちでいくと最適です。
恋愛の場合はNGですが、これはセフレ探しなので、ローターや電マを持っていって使うのもアリです。

そうすれば、相手はあなたとのセックスを気に入って、2回3回とエッチを重ねて、最終的にセフレになります。
運が良ければ、一発でセフレ確定というケースもありますし。
セフレ関係になれば、毎日でもセックスして、何発でも出せるんですから、最初は我慢してがんばってみて下さい。

その50代女性をセックスフレンドにした後も、その相手の女性が気持ちいいセックスを続けると、セフレ関係がうまくいって、よりたっぷりセックスを楽しめます。
こちらが相手が気持ちいいことをすれば、相手もこちらをきもちよくしてくれるので、お互い満足可能です。

これで50代の女性のセフレの作り方を一通りご説明できました。
50代のセフレにこだわって説明したので、足りない部分もあるかもしれません。
もっと詳細に知りたい男性は、出会いアプリのセフレの作り方などを読むと、もっと細かいところまでセフレ攻略法が理解できるでしょう。

では、がんばって出会いアプリでセックスフレンドを作ってくださいね。
がんばれば、必ず素敵なセックスフレンドが見つかります!

50代のセフレと関係が長続きするコツ

セフレはエッチを主な目的にした関係ですが、相手の50代女性の気持ちのケアまでできると、そのセフレの関係が長続きします。
やっと見つけた理想の50代女性のセフレですから、女性の気持ちのケアをして長続きさせましょう。

単純にいうと、セフレの50代女性が望んでいることをやってあげる、ということです。

例えば、もしもセフレがエッチの他にも精神的に癒されたいのであれば、たまにラインやメッセージでやり取りをして、会話するようにします。
Hだけが望みの50代女性であれば、個人情報を詮索したりせず、お互いにエッチの快感を貪ることに集中してください。
エッチだけじゃなくて、会話や遊びも楽しく過ごしたいセフレに対しては、会う時にはセックスするだけじゃなくて、一緒に飲んだり遊んだりするといいです。

相手の女性に合わせて、相手の希望を叶えてあげることで、お互いに楽しめるセフレ関係を築くことができるんです。

公開日:出会い系メール例文集出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る