出会い系で60代のセフレを誰でも作れる必勝法とイチオシ掲示板

更新: by

「Hな60代女性のセフレが欲しい」

そんな気持ちでググってみて本稿にたどり着いた方も多いかもしれませんね。

正直に言うと、筆者は就職して何年かの頃まで童貞で、Hな60代の女子どころか、女子とまともに話すことさえできませんでした。
そんな筆者でしたが、ある日ネット散策中に出会い系と出会い、研鑽の結果、童貞を捨てることができました。
さらにその後の10年間で20人以上のセフレを作ることができました。
その出会い系で出会ってエッチした女子の中には、60代女性もかなり多かったです。

本稿を今読んでいるということは、Hな60代のセフレを作りたいんですよね?
スケベでセックスが好きですから60代の女子は男性から相当人気があります。
さらに、実は、60代の女子は婚外恋愛交際がしたい既婚女性が多いからという理由によりSEXして容易にセフレにできるんです。

このように、セフレライフを楽しんでいる筆者が、セフレを作ってエッチしたいあなたのために、Hな60代女性のセフレの作り方をお教えします。
このセフレを作る方法なら、佐藤健さんや三浦翔平さんみたいなイケメンじゃない男性でも確実にセフレを作ることが可能です。
Hな60代の女子以外にも、女子事務員公務員女子をセフレにする場合にももちろん使えるテクニックです。

60代のセックスフレンドを作るための3つのステップ

出会い系サイトで60代のセフレを作るには、守らなくてはならない大事な攻略の極意が存在します。
セフレを作るためのポイントを3つのステップにまとめました。

以下の3つのステップを正しく実行すれば、どんな男性でもHな60代の女子をセフレにできます。
あなたもこのセフレを作る3つのステップを頭に入れて、繰り返すことで60代のセフレを作れる可能性が大きく高まります。

では、いよいよHな60代女性のセフレをゲットするための3つのステップを詳細に説明してきます。
必要なことだけを簡潔に説明しているので、容易に読めると思います。
最初から読むのが面倒だという男性は、特に気になるところからクリックして、そこから読み始めても大丈夫です。

1stステップ : 60代のセフレ候補との出会いを増やす

Hな60代の女子に限らず、セフレをゲットする際に一番大事なのは、この出会いを増やす1stステップです。

それは、この出会える機会を増やすというステップが、どんな方でも手軽にできてしかも一番効果的にセフレができる成功率を上げられる部分だからです。

その理由を単純にいうと、「60代の女子と出会わなくては、60代のセフレをゲットすることはできない」ということです。
出会えるチャンスが増えれば、それだけ出会える60代のセックスフレンドの数も増えるということですね。
ごく単純なことですよね。
これは理解しやすいと思います。

それでは、続いて60代のセフレとの出会いスポットをご紹介します。

Hな60代女性と出会いやすい出会いスポットとは?

数多くの女子と出会えば出会うほど、60代の女子をセフレにできる確率は上がります。
でも、道端で60代の女子に片っ端から声を掛ける、などの方法ではセフレをゲットすることはできません。
セフレにするどころか、話を聞いてもらうことすら難しいのが現実です。
同じく、合コンなど友達や知り合いに60代の女子を仲介してもらっても、その女子をセフレにするというのは難しいし、友達や知人の手前できないでしょう。
友人に仲介してもらったのに、遊びのセックスフレンド関係になるのは申し訳ないですから。

そこで女子との出会いを増やすのに大いに有効なのが出会い系サイトでの出会いです。
出会い系サイトを使えばどんな方でも、セフレにできそうな60代の女子との出会いをたっぷりと探すことが可能です。
出会い系サイトや出会いアプリでは、真面目に出会いを探している女子ばかりで、しかも大手の出会い系サイトなら会員も結構多いので、毎日多くの女子と出会うことができるんです。
それから、出会い系サイトでは5通ほどやり取りをすれば直接連絡できるようになるので、一人の女子と出会うための金は250円程度と格安です。
そして、無料お試しポイントを使えば、0円でセフレをゲットすることができることもあります。

筆者は現在まで、60代の女子のセフレを始め、出会い系で数多くの出会いを経験してきました。
これは筆者の腕とかではなく、全て出会い系を使ったからこそです。
インターネット上の口コミや個人の体験談などを見ても、出会い系を使用してセフレを作ったりした体験談が非常に多いです。

それらのネットでの声と、筆者の過去の経験からいうと、特に60代のセフレ探しという点でいうと一番でイチオシなのはハッピーメールでしょう。

ハッピーメール

注: 18歳未満の男性は利用できません。

10年以上の運営実績を誇る、老舗の出会い系で、出会える実績も折り紙付きです。
ハッピーメールには数多くの女性会員が登録しているので、その中には60代の女子もたくさんいます。
というか、過去の筆者の利用経験では、ハッピーメールには60代の女子が多いような気がします。
何故かはよくわかりませんが・・・。

そのうえ、ハッピーメールではエッチな女子が多く、セフレを作りやすいという面もあります。

それから、ハッピーメールは兵庫県茨城県などを含めた我が国全国で女子会員が多いのも特徴です。
日本中どこでも、地域を選ばずセフレ探しが可能です。

参考までに、筆者の現役のセフレの中で、巨乳の女子はこのハッピーメールのプロフ検索から探して出会っています。

同様に、60代のセフレとの出会いの機会を増やすには複数の出会い系サイトを並行して使用するのも効果的です。
複数のサイトを併用することで、見つけられるセックスフレンドにできそうな女子の数が増えるので、セックスフレンドにできる60代の女子との出会いも増えます。
おまけに、探せる女子の数が増えれば、自分が出会いたい好きなタイプの60代女性と出会える可能性も高くなり、結果として理想的なセフレと出会えるようになります。
2つのサイトを使えば、出会える機会が2倍になるのは道理ですよね。

こんな感じで、時間的に一番おすすめなハッピーメールと併せて、「ミントC!Jメール」や「ハッピーメール」、「PCMAX」などの他の優良出会い系も一緒に利用してみてください。
試してみるのも面白いでしょう。

ちなみに、ハッピーメールはセフレだけでなく愛人も探しやすかったりするので、60代のセフレの他に愛人にも興味ある方はそちらの男性も見つけてみてください。

60代の女子にメールを送ろう!

「セフレを作れる出会い系の利用登録終了!これで60代のセフレが作れるな!!」
当然ですが、そんなはずはありません。
上で説明した出会い系は、トップクラスにセフレが作りやすいサイトですが、行動しなくては60代のセフレと出会うことはできません。

60代の女子とセフレ関係になるには、出会い系サイトで60代の女子を探してメッセージを出して、仲良くなってからデートして、エッチして満足させる必要があります。
まあ、当たり前ですけど。

プロフィールでセックスフレンド候補を探してメッセージを送ろう

それに、女子の場合はサイト登録して待っていればメールが来ますが、男性の場合はそうはいきません。
出会い系サイトに登録している女子も自分からは男性に接近してこないため、男性側からメールを送って接近していくことが大事です。
具体的には、プロフィール検索で気になる60代の女子を見つけて、メッセージを出しましょう。

出会い系サイトでは、プロフィールを条件を指定して絞り込み検索できます。
プロフ検索を使って、60代で、しかも比較的手軽にセフレにできそうなHな女子を探します。

また、募集掲示板の女子の書込みを探してそれにメッセージするのもアリです。
出会い系の、特にアダルト募集掲示板にはセフレみたいなエッチな出会いを探している書き込みも多いですから。
そんな投稿を見つけて、セフレ後読者になる女子を探すこともできるんです。

ただ、アダルト募集掲示板の書き込みには、サポート目的の女子の書込みもあります。
サポート目的の女子は金が目的なので、本当にセフレ関係になることはできません。
そのため、メッセージを送る際にはサポート目的の女子には絶対に送らないようにしましょう。
とりわけ「今すぐ会いたい」のような募集掲示板にはサポート目的の女子の書込みが多いので十分気をつけて下さい。
判断方法は、サポートの見分け方の記事などが役立つと思います。

プロフィール検索でスケベな女子を探す方法

ここでは、特に「60代のセックスフレンドをゲットするための注意点」を説明します。

出会い系でセフレにできそうな女性を探すときに60代の女子を上手く見つけ出して、メールを送ることが大事です。
60代の女子も他の女子と同じように自分自身からはメッセージを送ったりしないので、男性の方から接近しなくてはなりません。

本稿で説明している出会い系であれば、Hな60代女性を探すのもかなり難しくないです。
スマートフォンをいじって、プロフ検索で体型で60代の女子に当てはまる条件で絞り込み検索をするだけです。
60代の女子はプロフィールの属性で検索すれば見つかると思います。
上手く当てはまる条件がない場合は、一言書き込みで「60代」などのキーワードでフリーワード検索してみましょう。
それでも探せない場合でも、プロフィールを個別にチェックして当てはまる女子を探します。

その手順を繰り返せば、セックスフレンド関係になれる60代女性を何人でも探すことができるんです。
そうやってHな60代女性が見つかったら、一か八かメールを出してみましょう。

プロフ検索などで気に入った60代女性が見つかったら、早速メールをしてみましょう。
接近する1通目のメッセージは、第一印象に関係するので、優しくて誠実そうな文章がベターです。
急に「セフレになってください」のような下心丸出しのメールを出すのはダメです。
60代の女子に出す1通目のメールは、セフレを作れるメールの例文のような感じでいいでしょう。
例文の記事でも書いていますが、完全コピペはNGで、一部は毎回記入しましょう。

上述したように、できるだけ多くの女子と出会うことで、セフレができる確率が上がるし、その技術も向上します。
ですから、良さそうな60代女性がいたら、逡巡したりしないで思い切ってメッセージを送信しましょう。
「ダメでもともと、上手くいったら儲けもの」みたいな気持ちでやってみましょう。
万が一失敗しても、相手の女子は全然知らない人なので何の影響もないです。

この1stステップのコツは、出会える出会い系サイトで出会えるチャンスを増やして、出会いの分母を増やすと同時に経験を積むことです。
とりわけ、現時点でやり取りしている女子がいない読者は、とりあえず思い切ってメッセージしてみて下さい。
それが、60代のセックスフレンドとセックスしまくるための最短ルートです。

2ndステップ : セックスフレンドにできそうな女性と仲良くなって実際に会おう

その初めのメールに返事が来たら、それからやり取りをして親密になっていきます。
上手くメールでの会話で仲良くなって、面接に誘えれば現実で会うことが可能です。
ここからは、60代の女子とメッセージで仲良くなる技についてご紹介していきます。
残りは半分以下なので、もう少しがんばって読んでみて下さい。

60代のセフレを作るには聞き上手になろう

60代の女子とのセックスした後のベッドの中での会話でも、リアルで会って食事している時も、メッセージでの会話でも、聞き上手に会話ができれば、相手の女子はこちらに好印象を抱きます。
聞き上手になって、メッセージ相手の60代女性と無事に面接しましょう。

では、出会い系の会話やメールで聞き上手になるにはどうすればいいとでしょうか?
聞き上手になるには、上手く相手の会話を引き出して気持ちよく会話をさせて、さらに相手の女子の会話に寄り添うことが大事です。

こう書くと、聞き上手ってハードルが高いと思うかもしれませんが、そんなことはありません。
たった5つの秘訣を実行すれば、聞き上手になって60代のセフレとエッチが可能です。

聞き上手になってセックスフレンドが作れる5つのポイント

この5つを実行することで、「聞き上手でモテる男」になることができます。

①60代のセフレにしたい女性に自慢話はしないほうがベター

男性の中には、女子と会話するときにアピールとして自慢話をする人もいます。
ところが、出会い系でセフレを作る場合に限らず、女子に自慢話は鬼門です。

ネットの募集掲示板やSNSで、出会い系を使用している女子の声を見ると、出会い系で自慢話をしてくる男は直ちに切るという声が大多数です。
女子だけでなく、男性にとっても自慢話ほど鬱陶しいものはありませんよね。

ですから、出会い系サイトで60代のセフレを探す場合にも、会話の中で自慢話をしてはいけません。
自慢話をしても、何のプラスにもなりません。
もしもメールの段階で自慢話をした場合、それ一発でメールがもう来なくなる確率も高いです。

一流大学を出ているとか、数多く金を稼いでるとかいう場合でも、自分の口から自慢話として出る限り、相手の女子は絶対にすごいとは思いません。
そうではなく、普通の会話の中であなたのスゴさを肌で感じさせて、「ひょっとして高学歴なの?」みたいな感じで相手が聞いてきたときに、「え?まあ、そうだけど、全く大したことないから気にしないで」とさりげなく答えるくらいがクールです。

②おうむ返しで60代女性は安心して会話できる

メッセージで会話をしていると、相手の顔がわからないし、頷く等の反応も見えないので、話に耳を傾けてくれているかよく分かりません。
セフレ探しなどのエッチな出会いの場合を探す場合は、その傾向がさらに強くなります。
そんな時に、おうむ返しを使えばその問題は解決します。

メールやSNSでの会話で使う場合はこのような感じです。

◯さんって、休みの日は何してるんですか?
↓
自宅でビデオとか映画を観てます。
あと映画観に行ったりとか
↓
ビデオとか映画ですか。
ぼくもよく観てます。
特に好きな作品とかありますか?
↓
モーガン・フリーマンの『最高の人生の見つけ方』かな
↓
『最高の人生の見つけ方』が好きです』ですか。
ぼくも好きです。
映画は彼氏と観に行くんですか?
↓
恥ずかしながら、今は彼氏はおりません笑

ということで、相手の60代女性の発言を繰り返します。
余談ですが、この例文では最後に彼氏の有無を確認しています。
会話に勢いがついてくると、こうやってナチュラルに個人情報を聞き出せます。

こんな感じでおうむ返しを入れながら会話をしていけば、自然に親密になって、リアルで会うこともできます、おうむ返しや更なる質問を入れて、相手の女子のことを色々聞き出してみましょう。

ただし、全部おうむ返しだとバカだと思われるので、全部おうむ返しではいけません。
おうむ返しするのは、会話のうち半分ぐらいが妥当です。

③会話では助言よりも共感が大事

男性にとって会話は問題解決の手段ですが、女子は会話自体が目的です。

それを考えると、60代のセックスフレンドを探す場合に限らず、会話の相手が女子の場合には会話の筋道よりも、相手に共感してあげることを重視すると、好意を持ってもらえます。
逆にいうと、共感するだけでいいんです。

こんな感じで、セフレにしたい女子と会話する時には共感の気持ちを言葉にしてはっきりと伝えるとgoodです。
共感を伝えるのは本当に容易で、以下の2つの言葉を使えばいいんです。

「それは大変だね」「大丈夫??」

この2語を使うだけでいいんです。

もしも、相手の女子から「パソコンが壊れたかも」のようなメッセージが来たら、「どんなエラーが出てる?」とか「何か新しいアプリ入れた?」のように現実的な会話をしてはいけません。
「PC動かないの?それは絶対に大変だね」「それじゃ仕事できないよね、大丈夫??」というように、共感の言葉で癒してあげることが大事です。

一見、何も会話が進んでいないようですが、これでOKなんです。
助言ではなく、甘い共感の言葉こそが相手の60代女性との距離を縮めます。
これはどんな会話でも応用できるので簡単です。

60代女性に共感して印象を良くするための言葉には「辛かったね」「心配だよね」「きついね」「困ったね」などもあるので、こちらもどうぞ。
こちらの共感ワードも相槌みたいなものなので、どこでも使えると思います。

④60代女性が会話をしたくなる相槌を打とう

出会い系でのメール経由の会話では、相手の女子の反応がよくわからないので、リアクションをしないとメールが途切れるかも知れません。
そこで相手の60代女性の会話を引き出して楽しい気持ちにさせるには相槌が有効です。
うまい相槌を打つことで聞き上手になれるんです。

Hな60代女性とのデート中の会話やメールで使えるのがこの相槌です。

  • ヘ → へぇ~
  • ソ → そうなんですか?
  • う → 偽り!
  • ま → マジですか!?

相手の女子の発言の後でこの相槌(反応)を返すと、相手の60代女性は会話するのが楽しくなって会話がどんどん進みます。

相槌の中で敬語とたま口が混ざっている部分もありますが、そこは現時点での口調と合わせて使ってください。

以上4つのの出会い系での会話の極意が実行できれば、メッセージの相手の女子と仲良くなれます。
そのままの展開で、デートの約束をして会うところまで行けるだと思います。

さあ、SEXしてセフレにできるのももう直ぐです。

嘘のセフレ情報に気をつけよう

google検索で「60代女性 セフレ」などで検索すると、正しくないセフレを作る方法サイトなどがヒットするかも知れません。
60代のセフレを作る場合、恋愛や占い、女子などは特に意識しなくてセフレは作れます。
的確なセフレを作る方法を参考にすれば、確実に60代のセフレは作れるので、安心してがんばってください。

3rdステップ : 60代女性と実際に会って、セックスして満足させよう

ここまでのステップで出会い系で60代の女子と知り合って、仲良くなるところまで説明しました。
あとはセックスしてセフレ関係になるだけです。

一言で出会い系を使用している女子といっても、実はその中身は様々です。
しかし、プロフィールや募集掲示板に「セフレを探してます」のようにはっきり記入している女子は実際はそう多くないです。
正面切って「セフレ募集」と書くのは「はしたない」と思っているのかもしれませんね。
※アダルト募集掲示板で「セフレ募集」と書いている女子には業者が多いので要注意です。

本気でセックスフレンドを作りたい女子でも、初めはそれを隠してやり取りして、自分からは誘わないけど、誘われたら簡単に応じて、最終的にはSEXします。
セックスしてしまえば、もうエロさを隠す必要もないので、気持ちのままにエッチしまくって、セフレの関係になっていきます。

その結果、出会い系サイトで知り合った女子となんとかセックスして、そのエッチで女子が気持ちよくなるようにがんばれば、どなたでもセフレができるということです。

60代のセフレをゲットするための最終段階、エッチをして満足させてセックスフレンドにするためのポイントを4つ説明します。

①仲良くなるまではセフレ探しだと言わない

筆者は出会い系で会った女子に出会い系についての話を聞いたりするのですが、ファーストメッセージからHに誘ってくる男性がいるそうです。
どの女子も、セフレを求めている女子でも、そんな男性は無視するそうです。

60代のセフレを作るのが目的とはいえ、最初のメッセージは下心を秘匿して、紳士的なメールになるようにしてください。
むしろ、LINEやメールアドレスを交換するまでは下心は絶対に隠しましょう。

ネットの情報の中には、最初からセフレ前提で会話をしろと書いている情報サイトやブログもありますが、効率が悪すぎるのでやめておいたほうが賢明です。

②会う前にメールでエロ話をしておこう

相手の60代女性とLINEのIDやメールアドレスなどを交換して、直接やり取りである程度仲良くなったら、少しエロ話をしておきましょう。

当然、相手の60代女性の気持ちを無視してエロ話をするのはいけませんが、自然なエロ話からスタートするのは有効です。
相手もそれに応じてエロ話をしてくれば、セフレにできる確率も高くなります。
次に説明する「SEXの約束」もしやすくなります。

具体的には、「どちらかというとSとMどっち?」みたいなソフトなスケベトークから入ると自然です。
もしも強く拒否された場合にはヤリモクでセックスできる確率が低いので、その女子はターゲットから外しましょう。
そういうガードの固い女子はセフレや一回だけのセックスの相手の女子には良くありません。

③会う理由を作って会いやすくしてあげよう

その相手の60代女性もセフレを求めていてエッチをしたかったとしても、会ったこともない男性から誘われて会いに行くのは不安ですし、ためらいもあります。
いくらセフレが欲しくても、軽く見られたくはないんです。
そういう時に、飲み会や映画、食事など、何か会う理由を設定してあげると、その60代女性は自分自身への言い訳になるので、面接の誘いに了承します。

お互いセックスが頭にあったとしても、何か別の理由を作ってから誘う方が紳士的ですし、確率も上がります。
まあ、それでも実際に会ったらその目的はそっちのけでエッチするだけの場合も多いですが。

④事前にセックスする会話をしておくと高確率でエッチできる

出会い系で知り合った60代女性と現実で会う約束ができたら、次なる段階はセックスです。
より間違いなくセフレにしたいのであれば、早い段階、できれば初めて会った日のうちにセックスするのがベターです。

会ったその日にエッチするためには、事前にHする会話までしておきます。
LINEやメールでHできないと分かれば、その60代女性はセフレにできないと判断できるので、時間の無駄がなくなります。
エッチ前提で会うとなると、相手の60代女性の方でもエッチする決心をしてくるので、ナチュラルにセックスする流れにしやすくなります。
加えて、お互いにセックスやる気満々なので、気持ちよくH可能です。

詳しい方法としては、会う約束をした後電会話やメールで会話しているときに、「◯さんと会ったら、感激して抱きしめてしまうかも(笑)」のように、セックスに繋がるようなセリフを軽い軽口っぽく言ってみます。
軽口っぽく(笑)というのがミソです。

その60代女性が無視したり別の会話をしたりした場合には、初対面でのセックスはハードルが高いです。
その場合は潔く引き下がって、当日がんばる作戦か、別のターゲットに切り替えましょう。
逆に、「変態!(笑)」みたいに否定しない場合は、Hできなくもありません。
ここで良い反応をしてくる60代女性は簡単にセックスフレンドにできるので、チャンスを逃さずセックスしてしまいましょう。

⑤60代女性をセックスで大満足させよう

さて、ここまでのコツがしっかりやれていれば、Hもスムーズにできると思います。
しかしながら、「Hできた、これで60代のセフレができた!!」というわけにはいきません。

セフレを作りたいHな60代女性は、ほとんどの場合Hで満足することを望んでいます。
そのため、そのセフレにできそうな60代女性をセックスで満足させられなければ、セックスフレンド関係になることは不可能です。

行きずりのエッチで終わらないように、そしてセフレの関係になれるよう、女子優先のセックスをしましょう。
すぐに挿入したりせず、じっくり前戯をしましょう。
もちろん、AVのような激しい指マンなどは厳禁です。
的確に相手の女子の感じる部分を、根気強くソフトタッチの愛撫で気持ちよくさせてあげましょう。
女子本位の前戯をすれば、セフレ予備軍の女子も認めてくれるはずです。

「でも、巨根じゃないから、女子を満足させられないよ」そんな心配をしている人がいる可能性もありますね。
60代のセフレを作る場合のSEXでは、イチモツの大きさは無関係です。
チンコの大小ではなく、女子の感じ方を見ながら優しくじっくり愛撫しさえすればいいんです。
むしろ、デカチンの男性は前戯をおろそかにするので、女子には不評な可能性が高いんです。

テクニックに関していうと、もちろん実戦経験も大事ですが、書籍や技術ビデオなどで勉強するのも有効です。
とりわけ、ソフトタッチな愛撫については、アダム徳永先生の「スローセックス完全マニュアル」などを読んでみると、上手くなれると思います。

セフレの関係が完成するまでは、お口や挿入であなたが気持ちよくなるのは後回しで、相手の60代女性に前戯しましょう。
初めてからローターやバイブなどの道具を使って、60代女性を快感の虜にしてしまうのも1つの方法です。

そうすれば、相手の女子はあなたとのエッチを気に入って、2回3回とエッチを重ねて、最終的にセフレになります。
タイミングが良ければ、一発でセフレ確定というケースもありますし。
セフレになったら、何回でもタダでSEXしまくれるんですから、最初の1〜2回くらいは我慢しましょう。

これで60代の女子のセフレの作り方を一通りご説明できました。
セフレを作る方法をもっと全体的に知りたい人は、出会い系のセックスフレンドを作る方法を見ると、細かいところまで理解できると思います。

では、がんばって60代のセフレを作ってください。
がんばれば、必ず素晴らしいセフレが見つかります!

公開日:出会い系メール例文集出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る