出会い系サイトでバイセクシャルのセフレを誰でも作れる攻略法とイチオシ掲示板

更新: by

「由愛可奈さんや中村知恵さんのようなHなバイセクシャルの女性をセフレにしてたくさんエッチしたい」

そう考えて「バイセクシャルの女性 セフレ」でgoogle検索して当記事にたどり着いた方はいませんか?

正直に言うと、私は就職して何年かの頃まで童貞で、清楚なバイセクシャルの女の子どころか、女の子とまともに話すことさえできませんでした。
そんな私でしたが、ある日ネット散策中に出会い系サイトと出会い、研鑽の結果、童貞を卒業することができました。
さらにその後の10年間で20人以上のセフレをゲットすることができました。
そのコミュニティサイトで出会ってセックスした女の子の中には、バイセクシャルの女性も相当多かったです。

当記事を今読んでいるということは、清楚なバイセクシャルのセフレを作りたいんですよね?
バイセクシャルの女性はスケベでセックスが好きだから魅力的ですし、バイセクシャルの女の子をセフレにしたいという気持ちは、私も痛いくらいよく分かります。
清楚なバイセクシャルの女性はレズビアンの恋女の子だけでは物足りないからという理由により、セフレにしやすくてオススメです。

こんな感じで、セフレライフを楽しんでいる私が、セックスフレンドが欲しいあなたのために、清楚なバイセクシャルの女性のセフレを作る方法をお教えします。
ここで説明するやり方でがんばれば、玉木宏さんや三浦春馬さんみたいなイケメンじゃなくても高い確率でバイセクシャルの女の子とセフレ関係になることができます。
このセフレ作りのやり方はバイセクシャルの女の子をセフレにする場合にもそれ以外の女の子にもかなり有効ですから、ぜひ参考にしてみてください。

清楚なバイセクシャルの女性とセフレになるための3つの工程

出会い系サイトでバイセクシャルのセックスフレンドを作るには、守らなくてはならない大事な攻略の秘訣が存在します。
セフレの作り方の要点は、単純に言うと3つあります。

コミュニティサイトでセフレを作るには、この3つの工程を順番にクリアしていけばどんな男性でも問題ありません。
あなたもこのセフレを作る3つの工程を頭に入れて、繰り返すことでバイセクシャルのセフレができる可能性が大きく高まります。

ということで、ここからは清楚なバイセクシャルのセフレを作るための3つの工程をひとつひとつ事細かに説明していきます。
大事なポイントに絞って説明しているので、そんなに長くはなりません。
最初から読むのが面倒だという男性は、とりわけ気になるところからクリックして、それから読み始めてもOKです。

第1工程 : バイセクシャルのセフレにしたい女性との出会いを増やす

清楚なバイセクシャルの女の子に限らず、セフレを作る際に一番大事なのは、この出会いを増やす第1工程です。
ここはセフレ作りではかなり大事だと思います。

というのも、バイセクシャルのセフレを作るのに一番役立つのは、この出会いのチャンスを増やす工程ですから。

その理由を簡単にいうと、「バイセクシャルの女の子と出会わなくては、バイセクシャルのセフレをゲットすることはできない」ということです。
出会えるチャンスが増えれば、それだけ出会えるバイセクシャルのセフレの数も増えるということですね。
ごく簡単なことですよね。
これは理解しやすいでしょう。

次は、数多くのバイセクシャルの女性と出会えるチャンスがいっぱいの出会いの場所についてお話しします。

清楚なバイセクシャルの女性と出会いやすい出会いの場所とは?

たくさんの女の子と出会えば出会うほど、バイセクシャルの女の子をセフレにできる成功率は上がります。
しかしながら、道端でバイセクシャルの女の子に片っ端から声を掛ける、みたいな方法ではセフレをゲットすることはできません。
セフレをゲットする場合には、友達の紹介や知人の伝手を使った合コンなども利用できません。

そこで、セフレ関係になれるバイセクシャルの女の子を見つけられる出会いの場所として一番おすすめできるのは出会い系サイトです。
出会い系サイトには出会いを探している女の子が何万人も登録しているので、簡単にセフレ候補との出会いを探すことができるんです。
それから、出会い系サイトでは5通ほどやり取りをすれば直接連絡できるようになるので、一人の女の子と出会うための費用は250円程度と格安です。

私自身も、これまで出会い系を利用することで、非常に多くの女の子と出会ってセフレにしてきました。
バイセクシャルの女の子とも数多くエッチしました。
はっきりいって、完全に出会い系サイトのおかげです。
私の経験だけではなく、ネット上の口コミや投稿などを見ても、やはり出会い系サイトがセフレ作りにベストだという意見が大多数です。

ネット情報でバイセクシャルのセフレができる出会い系サイト

私がネットの体験談や口コミを調査した結果、セフレを作るのに有利な出会い系サイトとして、PCMAXミントC!Jメールが双璧だという結論に達しました。
バイセクシャルのセフレを作る場合においても、これは同様です。

PCMAX Jメール

PCMAXとミントC!Jメールは、どちらも大手の出会い系で、どちらも10年以上コミュニティサイト業界の中のトップランナーです。
ミントC!JメールとPCMAXでは、婚活や恋愛など真剣な出会いはもちろん、アダルトな出会いの探しやすさでも有名です。
ネット上の口コミでもそういう声が多かったです。
そして更に、この2サイトは女の子週刊誌や女の子ファッション誌など女の子が読む雑誌に多く広告を出しているので、青森県などこの国中どこでも女子会員が多いことで知られています。
PCMAXやミントC!Jメールを使えば、日本のどこにいてもバイセクシャルのセフレを作れるということですね。

私のこれまでの経験で、セフレにした女の子や一回だけのエッチをした女の子の多くはミントC!JメールやPCMAXで出会いました。
個人的な感想ですがミントC!JメールとPCMAXの女子会員にはHな人が多い気がします。
女の子のプロフ画像をみると、かわいい女の子もとてもいるので、AVでよく目にする戸田真琴さんや宝田もなみさんみたいなかわいくてセックスが大好きなセフレも作れるかも知れません。

同様に、ミントC!JメールとPCMAXを推奨する根拠として、他にもタダで出会えるチャンスがある点も挙げられます。
ミントC!JメールとPCMAXでは、初めて登録する際に無料体験ポイントがもらえます。
もらえる無料体験ポイントでしばらく遊べますし、当然Hな女の子と出会ってSEXすることもできるんです。
うまくやれば、タダでバイセクシャルのセフレをゲットすることもできるんです。
当記事に書いているセフレ作りの技術をきちんと実行できれば確率ありなので、がんばってみて下さい。
この、コスパの良さもミントC!JメールとPCMAXの大きなメリットです。

出会いのチャンスを増やす大事性は上でも書きましたが、ミントC!JメールとPCMAX以外のサイトを複数同時利用しても出会いのチャンスは増やせます。
倍の数のサイトを利用すれば、出会えるチャンスも単純に2倍になるのは当然ですよね。
もしも暇を持て余しているというような男性は、PCMAXやワクワクメールなど他の人気サイトも並行して使ってみて下さい。
努力はきっと報われますから。

バイセクシャルのセフレ候補を探しまくろう!

「出会い系サイトに登録完了!!もう何もしなくてもセックスフレンドを作れる!!やった!!」
当然ですが、そんなはずはありません。
上で説明した出会い系は、トップクラスにセフレが作りやすい出会い系サイトですが、行動しなくてはバイセクシャルのセフレと出会うことはできません。
ところが、きっちり出会いを増やす活動をすれば、必ずセフレは見つかります。

バイセクシャルの女の子とセフレになるには、出会い系サイトでバイセクシャルの女の子を探してメッセージを送信して、仲良くなってからデートして、SEXして満足させる必要があります。

プロフィールでセックスフレンドにできそうな女性を見つけてメールを送ろう

真面目に出会いを探している女の子でも、自分自身から男性にメッセージを送る女の子は少ないので、男は待っているだけでは出会えません。
実際には、女の子のプロフィールを見てスケベでバイセクシャルの女の子を探して、自分からメールを出すだけです。

出会い系サイトでは、プロフを条件を指定して絞り込み検索できます。
プロフ検索を使って、バイセクシャルで、しかもセフレにできそうなスケベな女の子を探します。

プロフ検索を駆使して清楚なバイセクシャルの女性を探し出そう!

ここでは、特に「バイセクシャルのセフレをゲットするための注意点」を説明します。

当然ですが、バイセクシャルのセフレを作るには、出会い系サイトのプロフ検索などでバイセクシャルの女の子を見つける必要があります。

上で説明した大手の出会い系サイトはシステム面でも優秀なので、清楚なバイセクシャルの女性も簡単に探し出すことができるんです。
出会い系サイトにログインして、プロフィール検索でバイセクシャルの女性に上手く当てはまる検索条件を選択して、検索するだけです。
プロフィールの属性で検索すれば、バイセクシャルの女の子を見つけることができるんです。
プロフの項目でバイセクシャルの女性に上手く当てはまるものがない出会い系サイトでは、自由コメントなどで「バイセクシャルの女性」などのキーワードでワード検索してみて下さい。

そんな感じで探せば、愛知県などどこの地域に住んでいても清楚なバイセクシャルの女性と出会えるはずです。
そしてその女の子に思い切ってメッセージを出しましょう。

そして、好みのタイプの女の子が見つかったら、アプローチのメールをこちらから出します。
女の子に一番最初の出すメールは、エッチメールではなく真面目そうなメールにして下さい。
前触れもなく「セフレになってください」みたいな下心丸出しのメッセージを送るのはNGです。
セフレ候補に送る最初のメールの書き方がわからないという方は、メールサンプルをコピペして使っても問題ありません。

上でも書きましたが、数多く出会えるチャンスを作ればそれだけセフレが作れる率が上がります。
掲示板やプロフ検索でセフレにできそうなバイセクシャルの女性を見つけたら、あまり躊躇しないでメールを送信しましょう。
「顔がターゲットじゃない」「高嶺の花で無理そう」とかとかいう場合でも、練習も兼ねてメッセージしてみて下さい。

とにかく、出会いの数を増やせば増やすほど、セフレが作れる可能性も、作れるバイセクシャルのセックスフレンドの人数もアップします。
今現在やり取りしている女の子がいない人は特に、できるだけ多くメールを送信してみましょう。
それがバイセクシャルのセフレを作る第一歩です。

第2工程 : 発見したバイセクシャルの女性と仲良くなって面接しよう

最初のメールに女の子が返信してくれる確率は100%ではないですが、返信が来たらメッセージのラリーを始めて関係を深めていきます。
けれども、バイセクシャルの女の子とメールのやり取りで仲良くなって、実際に会うためにはいくつかポイントがあります。
ここからは、バイセクシャルの女の子とメッセージで仲良くなるテクニックについてご紹介していきます。

聞き上手だと清楚なバイセクシャルの女性とのメッセージのやり取りが上手くいきやすい

バイセクシャルの女の子とのメールでの会話でも、エッチした後のベッドの中での会話でも、現実で会って食事している時も、聞き上手に会話ができれば、相手の女の子はこちらに好印象を抱きます。

しかしながら、相手の女の子の言うことをただ「うんうん」と聞いているだけでは聞き上手にはなれません。

「どういうこと?」と思う男性もいるかもしれませんが、やることはかなり単純です。
この5つのポイントを遵守すれば、どんな方でも聞き上手になってバイセクシャルのセフレが作れます。

5つの聞き上手になるための技術

この5つのコツを守れば、聞き上手になれて女の子の印象が確実に良くなります。

①セフレ作りで自慢話は逆に好感度ダウン

バイセクシャルのセフレを作るために、女の子に自慢話をしている方はいませんか?
ところが、自慢話をしてもその女の子をセフレにすることはできません。

ネットのSNSや掲示板で、コミュニティサイトを利用している女の子の声を見ると、コミュニティサイトで自慢話をしてくる男性は直ちに切るという声がほとんどです。
実際、清楚なバイセクシャルの女性に限らず、男性の立場でも他人の自慢話はウザいし聞きたくありませんよね。

ですから、出会い系を使ってバイセクシャルの女の子をセフレにしようとする際にも、自慢話は決してしないようにしましょう。
自慢話ではセフレ作りのプラスには働きません。

一流大学を出ているとか、たくさん金銭を稼いでるとかいう場合でも、あなたの口から自慢話として出る限り、相手の女の子は絶対にすごいとは思いません。
そうではなくて、行動などでそれとなくあなたの魅力をアピールして、相手のバイセクシャルの女性が「もしかしてエリート?」のように尋ねてきたときに、「まあ、大したことないよ(笑)」みたいに答えると、自慢話よりも逆にスゴさをアピール可能です。

②おうむ返しはしっかり聞いている証拠

コミュニティサイトに限らず、メッセージやSNSなどでの会話では相手の女の子の顔が見えないので、話を聞いているかなかなか判断できません。
バイセクシャルのセックスフレンド候補の女の子とのメールでの会話の中で、それをうまく解決してくれるのがおうむ返しです。
余談ですが、おうむ返しとは、鸚鵡みたいに相手の発言を繰り返すことを言います。

例えば、メッセージでの会話ではこういう感じになります。

食べ物ではどんなものが好きなの?
↓
私はカレーが好きだよ
↓
スイーツが好きなんだね。
ぼくも好きだよ。
お酒も好き?
↓
私お酒も好きな男性かな
↓
◯さん、お酒好きなんだね。
ぼくも結構飲む方だよ。
お酒には強い?
↓
学生時代に鍛えられたから、相当強いよ!お酒呑み行く?

という感じです。
※ このメールサンプルでは、最後で女の子から呑みに誘っていますが、自然に会話が流れるとこういうこともあります。

このメールサンプルのように、おうむ返しを自然に入れながら会話をしていくと、メールは途切れずに続いていきます。
質問やおうむ返しをうまく取り入れてメールをして、相手のバイセクシャルの女性の情報をいろいろ質問しましょう。

もっとも、全部おうむ返しだとアホだと思われるので、全部おうむ返しではいけません。

③会話ではアドバイスよりも共感が大事

女の子と男性では会話に求めるものが違います。
何か目的を達成するための手段として男性が話をするのと異なり、女の子は会話すること自体が目的です。
やり取り自体を大事にするのが女の子ですからね。

ですから、コミュニティサイトに限らず女の子との会話では論理よりも「共感」を相手の女の子に伝えるようにして話をすると、相手の女の子からの印象が良くなります。
極端な会話、共感しさえすれば、会話の中身はなんでも構わないとも言えます。
先を急いでアドバイスしたりすると、理解のない男性だと思われることもあります。
これは男女の器質的な差で、マンガで分かる心療内科でも説明されています。

こんな感じで、セフレ関係になりたい女の子と話をする時には共感の気持ちを言葉にしてはっきりと伝えるとgoodです。
それでその相手の女の子と仲良くなれて、面接に誘ったりSEXしたり可能です。
共感の気持ちを相手のバイセクシャルの女性に伝えるのは非常に容易なことです。

「大丈夫?」「大変だね〜」

単純にこれだけです。

メッセージの会話の中で、相手の女の子が残業だったという会話の場合、「残業だったんだ?大変だね」とか「残業だったんだ?疲れたよね。大丈夫?」みたいな形で返事をします。

一見、何も会話が進んでいないようですが、これでOKなんです。
問題解決のためのアドバイスではなく、共感して気持ちを共有してあげることで、相手の女の子はこちらに好印象を持つんです。
アドバイスは考えないといけないけど、共感は楽です。
「大変だね」「大丈夫?」の2つだけなので、手軽に覚えられますよね。

この他に応用編の共感ワードとしては、「困ったね」「辛かったね」「心配だよね」「きついね」などがあるので、そちらも使えるようであれば使ってみてください。
こちらの共感ワードも相槌みたいなものなので、どこでも使えるでしょう。

④バイセクシャルの女性が会話をしたくなる相槌を打とう

出会い系のメッセージでも、現実で会って話をするときでも、相手の女の子がリアクションをしないとあまり会話は弾みません。
反対に、うまい相槌を打つと、相手の女の子は嬉しくなって、どんどん話をするようになります。
うまい相槌を打つことで聞き上手になれるんです。

簡単に使える相槌のテクニックに「さしすせそ」の相槌があります。

「さしすせそ」の相槌

  • さ → さすがです
  • し → 知りませんでした
  • す → 素敵です
  • せ → センス良いです
  • そ → そうですね

容易ですが、この「さしすせそ」の相槌だけでバイセクシャルの女性の会話を引き出すことができるんです。

相槌のメールサンプルの中で一部敬語のところもありますが、メールや会話の言葉がタメ口に移った後は、そこもタメ口に変換して使ってください。

ここまでに説明したメッセージの会話のためのポイント4つをある程度実行できれば、セフレにしたい女の子と容易に仲良くなることができます。
そのままの流れで、面接の約束をして会うところまで行けるだと思います。

あと一踏ん張りで、バイセクシャルのセフレが作れます。

第3工程 : バイセクシャルの女性とリアルで会って、エッチして満足させよう

これまで説明してきた2つの工程でコミュニティサイトで出会った女の子と実際に会うところまではいけます。
あとはSEXしてセフレにするだけです。
セフレにしなくても良くて、清楚なバイセクシャルの女性とエッチできればそれでいいという方は、最後のステップは飛ばしてもOKです。

出会いを探して出会い系サイトを利用している清楚なバイセクシャルの女性も、実はさらに細かく分類できるんです。
でも、初めから「セフレを作りたい」とプロフィールや掲示板にはっきり書いている女の子はほんの僅かしかいません。

セフレが欲しいとかHがしたいと考えているバイセクシャルの女性でも、最初はそれを表に出さず、メールで仲良くなったらHさを出してエッチする、というケースが多いです。
エッチしてしまえば、もうスケベさを隠す必要もないので、気持ちのままにエッチしまくって、セフレ関係になっていきます。

このため、出会い系サイトで知り合った女の子となんとかセックスして、そのセックスで女の子が気持ちよくなるようにがんばれば、どなたでもセフレが作れるということです。

バイセクシャルのセフレを作るための最終ステップ、セックスをして満足させてセフレになるためのコツを4つ説明します。

①下心は仲良くなるまで秘匿する

私が今までコミュニティサイトで出会った女の子に聞いた話では、一発目のメールから会おうとかセックスしようと言ってくる男性利用者が非常に多いと言っていました。
それから、そんな下心丸出しの男には一切返事しないという女の子が大多数です。
そんな男性に会うのはかなり怖いですからね。

いくらセフレを作るのが目的でも、初手のメッセージから下心は出さないようにしないとメール交換も始まりません。
というか、十分仲良くなるまでは下心は見せないようにしておきましょう。
そのほうが、最終的には早く出会えてセフレにできるんです。

②事前のHトークでスムーズにエッチできる

メアドやラインのIDを教えてもらってしばらく直接やり取りして親密になったら、少しずつHトークもしていきましょう。
早すぎても遅すぎてもいけません。

会ってベッドに入るまでは下心は隠せと教えるコミュニティサイト情報出会い系サイトやブログもあります。
しかしながら、私は十分仲良くなったらHトークをして、エッチできるかどうか何となく確認することをおすすめします。
なぜなら、リアルで会ってもSEXできない女の子もいるので、そういうやれない女の子に時間を使うのももったいないですから。
効率よくバイセクシャルのセフレを作る方法ということでは、事前にHトークをして様子を探る方がベターでしょう。

当然のことですが、相手のバイセクシャルの女性の気持ちを無視してHトークをするのはいけませんが、自然なHトークからスタートするのは有効です。
相手もそのHトークに乗ってくるようなら、セックスフレンドにできる見込み大です。

具体的には、「どちらかというとSとMどっち?」のようなソフトなエッチトークから入ると自然です。
そのため、もし相手のバイセクシャルの女性が嫌がったり、完全に無理したりした場合には、エッチできない見込みが多いので、別の女の子に切り替えます。
恋人探しや婚活ならむしろ良いかもしれませんが、そういう女の子は一夜限りのエッチの相手の女の子やセフレには向きません。

③面接の口実を作るとセックスありのデートがしやすい

いくらセックスがしたくて出会い系を利用している女の子でも、初対面の男性に「エッチしよう」と誘われてホイホイ出かけて行くのには流石に抵抗があります。
そういう時に、食事や飲み会、映画など、何か会う口実を設定してあげると、そのバイセクシャルの女性は自分への言い訳になるので、デートの誘いにOKします。

出会い系サイトで知り合ったバイセクシャルのセフレ候補を面接に誘う場合は、「飲み会しましょうか!」みたいな感じで表向きの口実を作って誘うようにしましょう。
とりわけ、知り合って一番初めに会うとき(面接)は、ニセモノでもいいので良さげな会う目的を設定して誘いましょう。

ただし、そのバイセクシャルの女性と既にセックスする会話までできている時には、あからさまなウソの口実は必要ありません。
お互いHする合意ができていれば、待ち合わせ場所からラブホへ直行!ということも多いです。
これは出会い系での出会いならでは、と言えるでしょう。

④セフレにしたい女性とHの約束をしておこう

前項までの方法で気になるバイセクシャルの女性を面接に誘えたら、いよいよエッチしましょう。
セフレ関係になりたいのであれば、できれば会ったその日にエッチするのが望ましいです。

会話スキルが高い男であれば、Hトークなどしなくても普通に面接して、トークでセックスする流れに持ち込むということもできます。
けれども、ネットでセフレを作る方法を求めている男にとって、前触れもなくそのやり方を探しても難しいと思うので、ここではそのやり方ではなく、事前に準備してエッチするやり方を説明します。

初対面でHするためには、実際に会う前のLINEやメッセージのステップでSEXの会話をしておきましょう。
ラインやメールでエッチできないと分かれば、そのバイセクシャルの女性はセフレにできないと判断できるので、時間の無駄がなくなります。
なおかつ、相手のバイセクシャルの女性も満を待してエッチするためにくるので、欲望のままにセックスができて満足度が高くなります。

実際にやる場合は、現実で会う約束をしてから、メールや電会話で会話をしているときに、「明日は、俺のこと襲わないでよ(笑)」みたいな感じで、軽口っぽくエッチになるイメージを持たせます。

そのバイセクシャルの女性が別の会話をしたり無視したりした場合には、初対面でのエッチは難しいです。
一方で、「変態!(笑)」のように否定しない場合は、セックスできなくもありません。
SEXをする会話をもう少し詰めていって、より確実にSEXできるようにしましょう。

⑤エッチで相手のバイセクシャルの女性を満足させよう

これまで説明してきたセフレを作る方法が正しく実行できていれば、清楚なバイセクシャルの女性と出会ってSEXまではいけるはずです。
でも、「Hできた!セフレゲット!!」なんて、そんなわけにはありませんよね。

セフレを作ってセックスしたい清楚なバイセクシャルの女性は、ほとんどの場合Hで満足することを望んでいます。
ですから、相手の女の子があなたとのセックスに満足できなければ、1回限りのHで終わってしまってセフレ関係にはなりません。
SEXに失敗すれば、その相手とはもう2回目はないということです。

一夜限りのセックスで終わらないように、そしてセフレ関係になれるよう、女の子優先のセックスをしましょう。
特に、一番初めのセックスは大事です。
男性は挿入を重視しがちですが、女の子は前戯でたっぷり愛されるのが好きです。
相手のバイセクシャルの女性の動きや声をよく見て、感じ方が良いところを粘り強く、そして優しく攻めましょう。

最初のうちは、お口や挿入で自分が気持ちよくなるのは考えず、ひたすら女の子本位のSEXをしましょう。
最初にからバイブやローターなどの道具を使って、バイセクシャルの女性を快感の虜にしてしまうのも1つの方法です。

とにかく女の子に気持ちよくなってもらうエッチができていれば、すぐにそのバイセクシャルの女性をセフレにできるんです。
セフレになったら、何回でもタダでセックスしまくれるんですから、初めの1〜2回くらいは我慢しましょう。

これでバイセクシャルの女の子のセフレの作り方を一通りご説明できました。
読みやすいように必要な部分だけ説明したので、説明不足な部分もあると思います。
セフレの作り方をもっと全体的に知りたい方は、コミュニティサイトのセフレ作りのやり方を見ると、細かいところまで理解できるでしょう。

では、がんばってバイセクシャルのセフレを作ってください。
清楚なバイセクシャルの女性のセックスフレンドが作れることを心からお祈りしています。

清楚なバイセクシャルの女性以外に草食系女子もセフレにできる

当記事では、バイセクシャルの女の子のセフレを作る方法を説明してきましたが、清楚なバイセクシャルの女性以外にも草食系女子をセフレにすることもできるんです。
というか、バイセクシャルの女性よりも草食系女子をセフレにする男性が難しくないかもしれません。

セフレ作りには運やタイミングも少し作用します。
その結果、がんばっても良いバイセクシャルの女性と出会えないというケースも稀にあると思います。
時の運は、どうしようもないですよね。

けれども、そこで諦めてしまうのではなく、バイセクシャルの女の子にこだわるのを一旦中断して、気晴らしに草食系女子でも狙ってみてはいかがでしょう。
気分を変えることで、運勢が好転してあっさりと草食系女子をセフレにでき、さらに草食系女子をセフレにすることでセフレ作りのテクニックが確実に向上します。
草食系女子で学習したテクニックを次に応用すれば、バイセクシャルのセフレができるようになっているだと思います。

気持ちのケアをするとセフレ関係が長続きする

セフレ関係はドライな関係ですが、相手の女の子の気持ちを考えてあげると長く素敵な関係を保てます。
やっとできたセフレですから、できるだけ長続きさせて、たっぷりとセックスを楽しみましょう。

単純にいうと、セフレのバイセクシャルの女性が望んでいることをやってあげる、ということです。

実際には、相手の女の子がエッチだけではなく癒しなど気持ちの関係も探しているのであれば、マメにメールのやり取りをしたり、会った時にじっくり会話したりして相手のバイセクシャルの女性が癒されるように心がけます。
本当にセックスだけが目的のセックスフレンドであれば、その願望通りにセックスだけを楽しめるように、技を磨いてSEXをより頑張りましょう。
エッチだけじゃなくて、遊びや会話も楽しみたいセフレに対しては、会う時にはエッチするだけじゃなくて、一緒に遊んだり飲んだりするといいです。

相手に合わせて、相手の希望を叶えてあげることで、お互いに楽しめるセフレの関係を築くことが可能です。

公開日:出会い系メール例文集出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る