敏感な就活生を出会い系サイトで確実にセフレにするやり方

更新: by

「稲場るかさんや桐谷まつりさんのようなエッチな就活生をセフレにしてたくさんエッチしたい」

そんな気持ちでググってみて当コンテンツにたどり着いた男性も多いかもしれませんね。

正直に言うと、私は26歳まで童貞で、敏感な就活生の女性どころか、女性とまともに話すことさえできませんでした。
しかし、その頃急速に発達してきたネットでの出会い、出会い系サイトを使うようになって、出会い系で初体験をすることができました。
さらにそれからの10年間で20人以上のセフレをゲットすることができました。

今あなたは敏感な就活生のセフレを作ってエッチしたくて当コンテンツを読んでいると思います。
スケベでセックスが好きですから就活生の女性とセフレ関係になりたい男はとても多いと思います。
敏感な就活生の女性は、やっぱり良いですよね。
敏感な就活生は就職活動のストレスで夜遊びしたいからという理由により、セフレにしやすくてオススメです。

このセフレ探しの実績から導き出した就活生に使える「セフレ攻略法」をお教えします。
どんな方でもできる攻略法なので、柳楽優弥さんや岡田准一さんのような男前じゃなくても、容易に敏感な就活生のセックスフレンドを作ることができます。

敏感な就活生とセフレになるための3つのステップ

男性が就活生の女性とセフレ関係になるための方法には大切なポイントがあります。
セフレ攻略法の要点は、簡単に言うと3つあります。

この3つのステップを繰り返せばセフレは何人でも作ることができるんです。
あなたもこのセフレをゲットする3つのステップを頭に入れて、繰り返すことで就活生のセフレができる可能性が大きく高まります。

このように、ここからは敏感な就活生のセフレを作るための3つのステップをひとつひとつ詳しく説明していきます。
大切なコツに絞って説明しているので、そんなに長くはなりません。
初めから読むのが面倒だという方は、とりわけ気になるところからクリックして、その後読み始めても大丈夫です。

1stステップ : 敏感な就活生との出会いを増やそう

私個人としては、就活生の女性をセフレにする上で最も大切な秘訣となるのはこの出会いを増やすステップだと考えています。
ここはセフレ探しに限らず、出会い系における彼女作りでもヤリモクの出会いでも大切です。

というのも、就活生のセフレをゲットする上で、個人の努力で一番改善できるのは、出会える機会を増やすここのステップですから。

その根拠を簡単にいうと、「就活生の女性と出会わなくては、就活生のセフレを作ることはできない」ということです。
出会いたい就活生の女性がいてこそ、セフレにするテクニックが活きてくるんです。
ごく単純なことですよね。
これは理解しやすいでしょう。

では、どこで探せば数多くの敏感な就活生との出会いを見つけられるのだと思いますか。

セフレが作りやすい出会いスポットはここ!

就活生のセフレを作るためには、できるだけ数多くの女性、それも就活生の女性との出会えるチャンスと作る必要があります。
でも、道端で就活生の女性に片っ端から声を掛ける、のような方法ではセフレをゲットすることはできません。
セフレをゲットする場合には、友達の紹介や知人の伝手を使った合コンなども利用できません。
「紹介してもらった女性をセックスフレンドにした」、なんて友達には言えありませんよね。

そんな中、率が高くて、誰にも気兼ねなくセックスフレンドを探せるのが、出会い系です。
出会い系を使えばどんな方でも、セフレ候補の就活生の女性との出会いをたっぷりと探すことができるんです。
出会い系や出会い系アプリでは、本気で出会いを探している女性ばかりで、しかも大手のサイトなら利用者も本当に多いので、毎日多くの女性と出会うことができるんです。
それから、出会い系サイトでは5通ほどやり取りをすれば直接連絡できるようになるので、一人の女性と出会うためのコストは250円程度と格安です。

現在まで、私は出会い系サイトで多くの女性とセックスをして、そしてセフレにしてきました。
はっきりいって、完全に出会い系のおかげです。
ネット上の口コミでも出会い系で出会ってセックスしたりセフレを作った体験談がたくさんあり、出会えるという声がとても多いです。

それらのネットでの声と、私の過去の経験からいうと、とりわけ就活生のセフレ探しという点でいうと一番でイチオシなのはワクワクメールだと思います。

ワクワクメール

注: 18歳未満の方は利用できません。

ワクワクメール」は男女ともに会員数が多く、私が今まで利用してきた出会い系サイトの中でもビギナーでも出会える点で優れた出会い系サイトです。
出会い系サイトの中でも特に利用者数が多く、女子会員も相当多いので、就活生の女性との出会いも大いに期待可能です。
というか、過去の私の利用経験では、ワクワクメールには就活生の女性が多いような気がします。
何故かはよくわかりませんが・・・。

同じく、スケベな女性の比率も多いので、就活生のセフレを作るのには最高のサイトだと思います。

プロフィールには顔などの写真を掲載可能ですが、ワクワクメールの女性利用者のプロフ写真をみると、かわいい女子や美女な女性もとても多いのがわかります。
運が良ければ、芸能人の竹内結子さんや忽那汐里さんみたいな美女の女性と出会えてセフレ関係になれるかも知れません。
もっとも、美人な写真の女性の中には美人局や業者などが紛れていることもあるので、十分注意しましょう。

ちなみに、私が現在よく会ってエッチしている巨乳のセフレは、ワクワクメールで知り合いました。

なお、出会いの機会を増やすということを考えると、ワクワクメール以外のサイトも使用してみるのを推奨します。
複数のサイトを併用することで、探せるセックスフレンドにしたい女性の数が増えるので、セックスフレンドにできる就活生の女性との出会いも増えます。
そのうえ、見つけられる女性の数が増えれば、あなたが出会いたい好みのタイプの就活生と出会える確率も高くなり、結果として理想的なセフレと出会えるようになります。

といった感じで、時間的に一番イチオシなワクワクメールと併せて、「ハッピーメール」や「ワクワクメール」、「PCMAX」みたいな他の優良出会い系サイトも一緒に利用してみてください。
ハッピーメールもPCMAXも、どれも試すだけならタダですし。
試してみるのも面白いでしょう。

余談ですが、ワクワクメールはセフレだけでなく愛人も探しやすかったりするので、就活生のセフレの他に愛人にも興味ある方はそちらの読者も探してみてください。

就活生のセフレを作るための踏んばりどころはココ!!

「セフレを作れる出会い系の利用登録終了!これで就活生のセフレができるな!!」
って、そんなわけはありません。
どんなに出会える優良出会い系でも利用者登録しただけではセフレをゲットすることはできません。

就活生の女性をセフレにするには、出会い系サイトで就活生の女性を見つけてメールを出して、仲良くなってからデートして、SEXして満足させる必要があります。
当然ですよね。

プロフでセックスフレンド候補を探してメールを送ろう

真面目に出会いを探している女性でも、自分自身から男性にメールを送る女性は少ないので、男性は待っているだけでは出会えません。
具体的には、プロフィール検索で気になる就活生の女性を探して、メールを送りましょう。

出会い系サイトでは、プロフを条件を指定して絞り込み検索できるんです。
それらの検索機能を使って、自分の理想の就活生を探し出しましょう。

プロフ検索を駆使して敏感な就活生を探し出そう!

さあ、ここが出会い系で就活生の女性をセフレにするためのコツです。

出会い系サイトのプロフや掲示板で的確に敏感な就活生を見つけ出して出会うことができれば、就活生のセフレを作ることが可能です。
就活生の女性も他の女性と同じように自分自身からはメッセージを出したりしないので、男の方からアプローチしなくてはなりません。

上述の人気出会い系サイトを使用すれば、身の毛がよだつほど容易に就活生の女性を探すことができます。
出会い系サイトにログインして、プロフィール検索で就活生に上手く当てはまる検索条件を選択して、検索するだけです。
就活生の女性はプロフィールの属性で検索すれば見つかると思います。
上手く当てはまる条件がない場合は、一言コメントで「就活生」みたいなキーワードでフリーワード検索してみましょう。
それでも探せない場合でも、プロフを個別にチェックして当てはまる女性を探します。

そんな感じで探せば、滋賀県などどこの地域に住んでいても敏感な就活生と出会えるはずです。

Hな就活生はエッチして手軽にセックスフレンドにできる

出会い系サイトで就活生の女性を探す方法は上でシンプルに説明しましたが、セフレにするには簡単にセフレにできる女性を探す必要があります。
シンプルに言うと、簡単にセフレにできるのはHな女性です。
事細かに知りたい方は容易にセフレにできる女性のプロフィールなどを参考にしてみて下さい。

セフレにしたい就活生を発見したらメッセージ送信

それに、好みのタイプの女性が見つかったら、アプローチのメッセージをこちらから出します。
セフレ予備軍の就活生の女性に出すメッセージは、最初は紳士的なメールが良いだと思います。
最初からHメッセージだと、女性はひいてしまって返事してくれません。
送るメッセージの文章については、セフレができるメッセージ文章例を真似してもいいと思います。
初めはコピペでも、慣れてくれば自分で書けるようになります。

再三言っているように、セフレをゲットするにはチャンスを増やすことが大切です。
だから、良さそうな就活生がいたら、逡巡したりしないで思い切ってメールを送信しましょう。
まさに、「案ずるより産むが易し」で、やってみればいいんです。
相性が悪ければ、Hした後でやめてもいいんですから。

できるだけたくさんの就活生の女性にメッセージを送信して、チャンスを増やして、同時に経験値を積むのがここの1stステップのキモです。
今現在やり取りしている女性がいない方は特に、できるだけ多くメールを出してみましょう。

2ndステップ : セフレにできそうな女性と仲良くなって実際に会おう

最初のメールに女性が返信してくれる確率は100%ではありませんが、返信が来たらメッセージのラリーを始めて関係を深めていきます。
けれども、就活生の女性とメールのやり取りで仲良くなって、実際に会うためにはいくつか秘訣があります。
続いては、出会い系メールで女性と仲良くなって、現実で面接に誘うためのテクニックについて説明します。

就活生のセフレをゲットするには聞き上手になろう

聞き上手な男性は話を上手にリードできるので、女性からの印象が結構良いです。
それで、親密になったり、上手くエッチできたり、セフレ関係が長続きしたりするんです。

では、どうやったら聞き上手になれると思いますか?
聞き上手というのは、しっかり話を聞いてくれる上に、話をしたい気持ちにさせてくれるものです。

一見難しそうに聞こえるかもしれませんが、出会い系のメールや話ではかなり手軽に実行できるんです。
この5つのコツを遵守すれば、どんな方でも聞き上手になって就活生のセフレが作れます。

どんな人でも聞き上手になれる5つのコツ

この5つを実行することで、「聞き上手でモテる男性」になることができます。

①就活生に自慢話はダメ

男性が気になる女性と話す場合、自分自身のスゴさを見せつけたくて自慢話ばかりしてしまうかも知れません。
残念ながら、自慢話をしてもすごいと思う女性はいません。

ネットの掲示板やSNSで、出会い系を使用している女性の声を見ると、出会い系で自慢話をしてくる男性は直ちに切るという声が大多数です。
女性だけでなく、男性にとっても自慢話ほど鬱陶しいものはないですよね。

だから、出会い系サイトを使って就活生の女性をセフレにしようとする際にも、自慢話は決してしないようにしましょう。
自慢話ではセフレ探しのプラスには働きません。
自慢話をしただけで、メッセージが来なくなって一発アウトの可能性もあります。

あなたの口から物知りだとか、頭がいいとか、セレブだとか言っても何の信憑性もないし、聞いている女性は何も楽しくありません。
単純に面倒臭い男性だと思われるだけです。
そうではなくて、行動などでそれとなく自分の魅力をアピールして、相手の就活生が「もしかして頭がいい人?」みたいな感じで尋ねてきたときに、「まあ、大したことないよ(笑)」みたいに答えると、自慢話よりも逆にスゴさをアピール可能です。

②相槌とリアクションで話を弾ませよう

出会い系でのメール経由の話では、相手の女性の反応がよくわからないので、反応をしないとメッセージが途切れる可能性もあります。
反対に、うまい相槌を打つと、相手の女性は嬉しくなって、どんどん話すようになります。

容易に使える相槌の技術に「さしすせそ」の相槌があります。

「さしすせそ」の相槌

  • さ → さすがです
  • し → 知らなかったです
  • す → 素敵です
  • せ → センス良いです
  • そ → そうですよね

簡単ですが、この「さしすせそ」の相槌だけで就活生の話を引き出すことが可能です。

上で説明している相槌で敬語の部分もありますが、メッセージが続いて親密になれば敬語から友達口調に自然に移行していきましょう。

③おうむ返しで聞いてるよアピール

メッセージのやり取りなど、顔が見えない話では、お互いの顔が見えないので反応が分かりません。
セフレ探しなどのアダルトな出会いの場合を探す場合は、その傾向がさらに強くなります。
就活生のセフレ予備軍の女性とのメールでの話の中で、それをうまく解決してくれるのがおうむ返しです。
このおうむ返しテクも簡単に使えるので、気軽に試してみてください。

メールやSNSでの話で使うとこういうイメージです。

食べ物では何が好き?
↓
私はパスタが好きだよ
↓
焼肉が好きなんだ?美味しいよね。
お酒は飲むの?
↓
私お酒も好きな男性かな
↓
お酒好きなんだ?俺もかなり飲むよ。
お酒強いの?
↓
私とても強いよ。
一緒に飲んでみる?

という感じです。
※ この話例では、最後に呑みに行く話になりますが、お酒の話題だとこういう展開も稀にあります。

こんな感じで、おうむ返しをすると、相手の女性はこちらが話を聞いていることが確認できるので、どんどん話を続けていきます。
もっとも、相手が言っていることを繰り返しているだけです。
質問やおうむ返しを上手に取り入れてメッセージをして、相手の就活生の情報をいろいろ質問しましょう。

ただし、毎回おうむ返しだと、さすがに気付かれてしまうので、ほどほどにした方がいいです。
おうむ返しするのは、話のうち半分ぐらいが妥当です。

④就活生へのアドバイスは極力控えよう

男性は何かの目的があって手段として話をしますが、女性は会話それ自体が目的になっています。
やり取り自体を大切にするのが女性ですからね。

それを考えると、就活生のセックスフレンドを探す場合に限らず、話の相手が女性の場合には話の筋道よりも、相手の女性に共感してあげることを重視すると、好意を持ってもらえます。
逆にいうと、共感するだけでいいんです。
アドバイスしたりすると、機嫌を損ねてメールが来なくなる可能性もあります。
「そんなことないよ」と思うかもしれませんが、それでうまくいくんです。

出会い系サイトで出会ったセフレ予備軍のHな女性とメールする場合も、共感をこれでもかと盛り込んでやり取りすると長続きします。
それができれば、関係も深まってセフレ探しも捗ります。
共感を伝えるのはとても簡単で、以下の2つの言葉を使えばいいんです。

「大丈夫?」「大変だね〜」

この2語を使うだけでOKなんです。

相手の女性との話で、例えば「PCが調子悪い」のような話だった場合は、「具体的にどんな症状?」とか「最近何か設定いじった?」みたいに、解決のための話をすると機嫌を損ねます。
「パソコン動かないんだ?大変だね」「それじゃ仕事できないよね、大丈夫??」みたいに、共感の言葉だけで十分です。

一見、何も話が進んでいないようですが、これでいいんです。
アドバイスではなく、甘い共感の言葉こそが相手の就活生との距離を縮めます。
この共感の言葉はメッセージだけじゃなくて、実際に会った時の話でも使えます。
たった2つの言葉なので、覚えやすいでしょう。

この他に応用編の共感ワードとしては、「辛かったね」「困ったね」「きついね」「心配だよね」などがあるので、そちらも使えるようであれば使ってみてください。

上で説明した4つの極意を頭に入れて話やメッセージをすれば、すぐに相手の就活生といい感じになれるはずです。
もう現実で会うのも難しくはありません。
当ブログでは面接に誘う話の文章例出会い系の話のコツエッチな会話を始める技みたいな文章例も掲載しているので、よかったらそちらも参考にどうぞ。

さあ、エッチしてセフレ関係になれるのももう直ぐです。

3rdステップ : 就活生と実際に会って、エッチして満足させよう

出会いを探して出会い系サイトを使用している敏感な就活生も、実はさらに細かく分類できるんです。
誰でもいいからすぐセックスしたい女子や真面目に彼氏を探している女子、寂しいから男性と会いたい女子などいろいろです。
でも、最初から「セフレが欲しい」と掲示板やプロフィールにはっきり書いている女性はほんの僅かしかいません。
正面切って「セックスフレンド募集」と書くのは「はしたない」と思っているのかもしれませんね。

セックスしたいけど最初は普通っぽく出会って、仲良くなって会ってみたら手軽にセックスを許す、という女性がかなり多いです。
この場合、あっけないほど簡単にセックスできます。
それから、セックスしてみて相性が良ければセフレにする、という展開です。

そのため、とりあえずSEXまでたどり着けば、結構高い率でセフレにできるということですね。
知らないと難しそうだけど、実はセフレ探しは簡単なんです。

就活生のセフレを作るための最終ステップ、エッチをして満足させてセフレにするための秘訣を4つ説明します。

①親密になるまではセフレ探しだと言わない

私は出会い系で会った女性に出会い系についての話を聞いたりするのですが、ファーストメールからエッチに誘ってくる男性がいるそうです。
それに、いくらSEXがしたくても、そんな下心丸出しの男性とやり取りする女性はいません。

就活生のセフレを作る場合だけでなく、出会い系でエッチの相手の女性を探す場合でも、初めのメッセージからエッチな話をしたりセックスを匂わせてはいけません。
というか、サイト内メールで仲良くなって、連絡先を交換するくらいまでは下心は出さない方が出会えます。
そのほうが、最終的には早く出会えてセックスフレンドにすることが可能です。

ネット上の出会い攻略法やブログの中には初めからH全開でいけと教えるところもありますが、万が一上手にいったとしても確率が低すぎるのでオススメできません。

②会う前にメッセージでエッチな会話をしておこう

メールアドレスやラインIDなども交換して、十分仲良くなったら、頃合いを見計らってエロさを出していきましょう。
このタイミングが大切です。

とはいえ、前触れもなく「セックスしよう」とか会うことを強要すると、そこでまた連絡が取れなくなる可能性大なので、ゆっくりエッチさをさらけ出してください。
もしも相手もエッチな会話に乗ってきたら、セックスできる可能性がかなり高いです。
次に説明する「Hの約束」もしやすくなります。

具体的には、「どちらかというとSとMどっち?」のようなソフトなHトークから入ると自然です。
相手の女性がエッチな会話に拒否反応を示す場合には、他のセフレにしたい女性に完全に切り替えます。
そういうガードの固い女性は一夜限りのSEXの相手やセフレには良くないです。

③会う口実を作って会いやすくしてあげよう

いくらエッチがしたくて出会い系サイトを使用している女性でも、初対面の男性に「SEXしよう」と誘われてホイホイ出かけて行くのには流石に抵抗があります。
そういう時に、飲み会やドライブ、遊びなど、何か会う口実を設定してあげると、その就活生は自分への言い訳になるので、面接の誘いにOKします。

出会い系サイトで知り合った就活生のセフレにできそうな女性をデートに誘う場合は、「飲み会しましょうか!」みたいに表向きの口実を作って誘うようにしましょう。
特に、最初の面接(デート)は「ケーキを食べに行く」などの健全な口実が必須です。

なお、その就活生と既にHする話までできている時には、あからさまな偽りの口実は必要ありません。
お互いセックスする合意ができていれば、待ち合わせ場所からホテルへ直行!ということも多いです。

④セフレにしたい女性とエッチの約束をしておこう

前項までのやり方で気になる就活生をデートに誘えたら、いよいよエッチしましょう。
2回目に会えるかどうか分からないので、できれば初対面のその日のうちにセックスまでしてしまいます。

女性慣れしている男性であれば、会った当日に口説いて、セックスに誘うというやり方もあるでしょう。
けれども、ネットでセフレ作りのやり方を探している男性にとって、突然その方法を探しても難しいと思うので、ここではそのやり方ではなく、事前に準備してセックスする方法を説明します。
コミュ力でエッチに誘えるという男性は、その方法でもこの方法でもどちらでもセフレにはできるでしょう。

初対面でエッチするためには、リアルで会う前のLINEや電話のステップでセックスの話をしておきましょう。
事前に軽くセックスに誘って、できそうになければ会わなくても大丈夫です。
なおかつ、相手の就活生も満を待してエッチするためにくるので、欲望のままにSEXができて満足度が高くなります。
結果として、その敏感な就活生をセフレにできる可能性が大きく上がるというわけです。

具体的なやり方は、面接する約束をした後の電話やメールなどでの話、できればエッチな会話の途中で、「明日は、俺のこと襲わないでよ(笑)」のような感じで、軽口っぽくセックスになるイメージを持たせます。
この、(笑)が意外に大切です。

全然セックスする気がない女性であれば、別の話をしたり無視したりします。
逆に、話に乗ってくる場合には、初日にエッチできる確率が高いです。
ここからもう少し話を続けられれば、リアルで会った時には結構高確率でSEXができて、セフレにできるんです。

⑤就活生をセックスで大満足させよう

ここまで説明してきたセフレの作り方を実行すれば、敏感な就活生とセックスできるはずです。
ところが、「SEXできたから、セフレ関係になれる!!」ではありません。

セフレは、Hで気持ちよくなりたい男性と女性の関係です。
だから、相手の女性があなたとのエッチに満足できなければ、1回限りのHで終わってしまってセフレ関係にはなりません。

ワンナイトラブのSEXで終わらないように、そしてセフレ関係になれるよう、女性優先のSEXをしましょう。
相手の女性が気持ちよくなれるように、たっぷり前戯をするのがベターです。
それも激しい指マンなどではなく、ソフトタッチな愛撫が必要です。
女性の反応を観察しながら、相手が感じる気持ちいいところを的確に優しく攻撃しましょう。
もしもイケなくても、努力は認めてもらえるだと思いますし。

「でも、巨根じゃないから、女性を満足させられないよ」そんな心配をしている人がいることもありますね。
心配ご無用、モノの大きさは女性を満足させられるかには一切関係ありません!チンコの大小ではなく、女性の反応を見ながら優しくじっくり愛撫しさえすればOKなんです。
でかい男性は、デカチンにかまけて前戯をしないので、女性からはあまり好まれない傾向があります。

最初のうちは、挿入やフェラチオで自分が気持ちよくなるのは考えず、ひたすら女性本位のHをしましょう。
恋愛の場合はNGですが、これはセフレ探しなので、ローターやバイブを持っていって使うのもアリです。

とにかく女性に気持ちよくなってもらうセックスができていれば、すぐにその就活生をセフレにできるんです。
運が良ければ、一発でセックスフレンド確定というケースもありますし。
セフレになったら、何回でもタダでHしまくれるんですから、初めの1〜2回くらいは我慢しましょう。

さて、これで容易ではありますが就活生とセフレになるためのやり方を一通り説明しました。
就活生のセフレをゲットする部分に特化して説明したので、抜けている部分も多いと思います。
もっと詳細に知りたい男性は、出会い系のセフレ作りのやり方などを読むと、もっと細かいところまでセフレの作り方が理解できると思います。
もし何かわからないことがある方はメールフォームからメッセージを送って私に直接ご質問ください。

では、がんばって就活生のセフレを作ってください。
あなたの理想の就活生とセフレ関係になれるよう祈念しています。

公開日:出会い系メール例文集出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る