セックス好きな愛人と出会って効率的にセフレにする方法

更新: by

「セックス好きな愛人と出会い系で出会ってセフレ関係になりたい」

そう思って、インターネットで検索していて当コンテンツを発見した男性、正解です!

管理人は25〜26才まで彼女もいたことがなくて童貞でした。
しかしながら、出会い系を利用するようになってすぐに初体験をすることに成功しました。
そこからは出会い系の出会いにハマってしまい、今までで2桁のセフレを作り、50人以上の女性とセックスを重ねてきました。
その出会い系で出会ってSEXした女性の中には、愛人も相当多かったです。

参考までに、管理人が現在進行形で交際(?)しているセフレは以下のような女性の皆さんです。
管理人はいろいろなタイプの女性が好きなので、バリエーションに富んでいると思います。

  • もうすぐ40歳の落ち着いた人妻さん。
    相当性的欲求が強くて、騎乗位で何回もいきます。
  • ムチムチしたエッチな身体のアラサー女性。
    一見性的欲求が強くなさそうなのに、ベッドではアブノーマルプレイまでやってくれます。
  • 20代前半の若い女子のセフレ。
    処女喪失の1ヶ月後に知り合ったほぼ処女なので、まだまだ初々しい女子です。
  • 強引にされるのが好きなアラサーの高校の英語教諭。
    既婚男性なのに、管理人以外にもセフレがいるようです。

中にはあまり連絡を取ってないセフレもいますが、なんだかんだで上手く続いています。
たまに出会い系で物色しますが、積極的にはセックスフレンドを増やそうとは思っていません。

今あなたはセックス好きな愛人のセフレを作ってSEXしたくて当コンテンツを読んでいると思います。
スケベでセックスが好きですから愛人の女性をセフレにしたい男性はかなり多いと思います。
そして更に、実は、愛人の女性は愛女性をしていて年上好きになっているからという理由によりセックスして容易にセフレにできるんです。

そんな管理人が長い出会い系生活で身に付けた「セフレの作り方」をこれから詳しく解説します。
どんな人でもできる攻略法なので、本郷奏多さんや竹野内豊さんみたいなイケメンじゃなくても、手軽にセックス好きな愛人のセフレを作ることができるんです。

セックス好きな愛人とセフレ関係になるための簡単3ステップ

愛人の女性に限らず、女性をセフレにするためには当然コツがあります。
この3つのステップをしっかり理解して実行してください。

以上の3つのステップをこなせば、何人でもセックス好きな愛人のセフレをゲットすることができるんです。
愛人のセフレをゲットするためには必然的にこの展開になるので、ナチュラルに身についていきます。

さて、次はセックスフレンドを作る方法の大事な3つのステップについてご紹介します。
3分もあれば全部読めるので、がんばって最後まで読んでみてください。
最初から読むのが面倒だという男性は、特に気になるところからクリックして、それから読み始めても大丈夫です。

1stステップ : セックス好きな愛人との出会いを増やそう

セックス好きな愛人のセフレの作り方では上記の3つのステップがありますが、その中でも管理人が一番大事だと考えているのはこの1stステップです。
これは間違いありません。

というのも、愛人のセフレを作る上で、個人の努力で一番改善できるのは、出会いのチャンスを増やすここのステップですから。

なぜなら、愛人の女性との出会いの機会を増やすことで、セフレにできる女性の分母が増えて、セフレを作れる確率が増えるからです。
出会いたい愛人の女性がいてこそ、セフレ関係になるテクニックが活きてくるんです。
ごく単純なことですよね。
これは理解しやすいと思います。

次は、数多くの愛人と出会える機会がいっぱいの出会いの場についてご紹介します。

セフレが作りやすい出会いの場はここ!

上で解説したように、出会える機会がたくさんあれば、それだけ愛人の女性とセフレの関係になれる確率と、セフレ関係になれる人数が増えていきます。
でも、道端で愛人の女性に片っ端から声を掛ける、みたいな方法ではセックスフレンドをゲットすることはできません。
セフレにするどころか、話を聞いてもらうことすら難しいのがリアルです。
セフレを作る場合には、友人の紹介や知ってる人の伝手を使った合コンなども利用できません。

セフレ関係になれる女性との出会えるチャンスを広げるのに管理人が一番おすすめするのは、出会い系サイトです。
出会い系や出会いアプリでは、本気で出会いを探している女性ばかりで、しかも大手のサイトなら利用者も相当多いので、毎日多くの女性と知り合うことができるんです。
そして、出会い系では5通ほど対話をすれば直接連絡できるようになるので、一人の女性と出会うためのお金は250円程度と格安です。
それから、無料お試しポイントを使えば、0円でセフレを作ることができるかも知れません。

今まで、管理人は出会い系サイトで多くの女性とセックスをして、そしてセフレにしてきました。
管理人の経験だけではなく、インターネット上の書込みや口コミなどを見ても、やはり出会い系がセフレ探しにベストだという意見が大多数です。

口コミ情報で話題の出会える出会い系サイト

ネットやSNS上の口コミを多数調べたところ、現在ある出会い系サイトの中でセフレと出会えるサイトとして定評があるのは、やはりワクワクメールハッピーメールということで誰も異論はないと思います。
愛人のセフレを作る場合においても、これは同様です。

ハッピーメール ワクワクメール

出会い系サイトを利用している読者なら、ハッピーメールとワクワクメールの名前はどんな方でも耳にしたことがあると思います。
大人気サイトですから。
ワクワクメールとハッピーメールでは、婚活や恋愛など真剣な出会いはもちろん、エッチな交際の探しやすさでも有名です。
ネット上の口コミでもそういう声が多かったです。
また、千葉県奈良県など日本全国どこでも出会えるという声も多かったです。

管理人の今までの経験で、ワンナイトラブのHをした女性やセフレにした女性の多くはワクワクメールやハッピーメールで出会いました。
ワクワクメールとハッピーメールは、やはりエッチな女性が多いので、愛人の女性に限らずセフレが探しやすいでしょう。
女性のプロフィール写真をみると、かわいい女性もかなりいるので、AVでよく目にする葵つかささんや咲乃小春さんのようなかわいくてセックスが大好きなセフレも作れるかも知れません。

おまけに、ワクワクメールとハッピーメールでは、初めて登録する際に無料お試しポイントがもらえます。
もらえる無料お試しポイントでしばらく遊べますし、もちろんスケベな女性と出会ってセックスすることもできるんです。
うまくやれば、タダで愛人のセフレを作ることもできるんです。
もし無料お試しポイントがなくなっても、追加サイト内ポイントも出会い系サイトの中では最安値レベルで購入できるので、愛人のセフレをゲットするのにお金はそれほどかかりません。
この、コスパの良さもワクワクメールとハッピーメールの大きなメリットです。

出会いのチャンスを増やす大事性は上でも書きましたが、ワクワクメールとハッピーメール以外のサイトを複数同時利用しても出会えるチャンスは増やせます。
2つだけでなく、3つ4つと使うサイトが増えれば、それと比例して愛人のセフレができる成功率と人数は増えていきます。
そのため、時間に余裕がある方は、ハッピーメールやPCMAXなど、その他のオススメ出会い系サイトも併用してみて下さい。
努力はきっと報われますから。

愛人の女性にメッセージを送ろう!

「出会えると噂のサイトに登録した!これで愛人のセフレを作れるな!!」
当然ですが、そんなはずはありません。
いくら出会える出会い系サイトでも登録しただけで愛人のセフレはできません。
しかし、きっちり出会いを増やす活動をすれば、絶対にセックスフレンドは見つかります。

セックスフレンドを作る場合でもエッチの相手を探す場合でも、女性と出会って、実際に会って、そしてセックスしなくてはセフレにすることはできません。

プロフ検索で愛人を探してメッセージする

そして、女性の場合はサイト登録して待っていればメッセージが来ますが、男性の場合はそうはいきません。
女性はみんな自分からは行動しないので、男性の方から進んでコンタクトを取る必要があります。
実際には、女性のプロフィールを見てエッチで愛人の女性を探して、自分からメールを送るだけです。

ハッピーメールのような大手の出会い系サイトはシステムが便利になっているので、プロフ検索などで好みのタイプの女性を容易に探すことが可能です。
それらの検索機能を使って、あなたの理想の愛人を探し出しましょう。

セフレにしやすい愛人をプロフィール検索で探す方法

ここでは、特に「愛人のセフレを作るための注意点」を解説します。

出会い系でセフレ候補を探すときに愛人の女性を上手く見つけ出して、メッセージを出すことが大事です。

上述の人気出会い系を利用すれば、身の毛がよだつほど簡単に愛人の女性を探すことができるんです。
その出会い系のプロフ検索機能で、年齢や体型その他の特徴などで絞り込み検索をすれば愛人を容易に見つけられます。
プロフィールの属性で検索すれば、比較的簡単にセックス好きな愛人を探せるでしょう。
プロフの項目に上手に当てはまる条件がない場合は、自己PR文を「愛人」などの言葉で検索して探してみて下さい。

その手順を繰り返せば、セフレ関係になれる愛人を何人でも探すことが可能です。

セフレ関係になりたい愛人を発見したらメッセージ送信

プロフ検索などで気に入った愛人が見つかったら、早速メールをしてみましょう。
セフレ予備軍の愛人の女性に送るメッセージは、最初は紳士的なメールが良いだと思います。
前触れもなく「セックスフレンドになってください」みたいな下心丸出しのメールを送るのはNGです。
セフレ候補に送る初めのメッセージの書き方がわからないという方は、メールサンプルをコピペして使っても問題ありません。

愛人のセフレをゲットするためには、とにかく愛人の女性との出会いを増やすのが一番です。
プロフィール検索や募集用掲示板で比較的容易にセフレにできそうな愛人を見つけたら、あまり躊躇しないでメッセージを出しましょう。
「高嶺の花で無理そう」とか、「顔が好みのタイプじゃない」とかいう場合でも、練習も兼ねてメールしてみて下さい。
もしも返事がこなくても、ポイントは安いので大したダメージはありません。

この1stステップのコツは、出会える出会い系で出会いのチャンスを増やして、出会いの分母を増やすと同時に経験を積むことです。
様子見している時間ももったいないので、まず行動しましょう、それが、愛人のセフレとセックスしまくるための最短ルートです。

2ndステップ : 愛人のセフレにしたい女性とメッセージで仲良くなって会う約束をしよう

その初めのメッセージに返信が来たら、それ以降対話をして仲良くなっていきます。
そこでその相手の女性と親密になって面接するためには無料お試しポイントがあります。
以下でその会うためのコツを解説します。

聞き上手だとセックス好きな愛人とのメールの対話が上手くいきやすい

出会い系サイトでは聞き上手な男性はメールが長続きしやすく、結果として実際に会える成功率も高い傾向にあります。
それで、聞き上手になればメッセージの会話も上手に続いて、実際に会えるようになります。

ところが、相手の女性の言うことをただ「うんうん」と聞いているだけでは聞き上手にはなれません。

「どういうこと?」と思う方もいるかもしれませんが、やることはかなり簡単です。
たった5つのコツを実行すれば、聞き上手になって愛人のセフレとHができます。
非常に簡単です。

聞き上手になってセフレを作れる5つの秘訣

この5つのコツが完璧にこなせれば、愛人だけでなくどんな女性とでも仲良くなることができるんです。

①会話ではアドバイスよりも共感が大切

会話において、会話やメッセージでは目的が異なります。
男性にとって会話は問題解決の手段ですが、女性は会話自体が目的です。

そのため、愛人とのメールやリアルでの会話では相手の女性にアドバイスするのではなく、共感してあげると、相手はこちらに好感を抱きます。
極端な会話、共感しさえすれば、会話の中身はなんでも構わないとも言えます。
「そんなわけないよ」と思うかもしれませんが、それでうまくいくんです。

出会い系で出会ったセックス好きな愛人をセフレにするには、メッセージの会話の中に共感のセリフをたっぷりと盛り込みましょう。
それができれば、関係も深まってセフレ探しも捗ります。
共感の気持ちを相手の愛人に伝えるのは非常に簡単なことです。

「大丈夫??」「大変だね〜」

たったこれだけです。

相手の女性との会話で、例えば「PCが調子悪い」のような会話だった場合は、「どんなエラーが出てる?」とか「最近何か設定いじった?」みたいに現実的な会話をしてはいけません。
「パソコン動かないんだ?大変だね」「それじゃ仕事できないよね、大丈夫??」みたいな感じで、共感の言葉だけで十分です。

こうやって共感の言葉を伝えさえすれば、相手の女性はこちらを理解者だと思って好意を持つようになります。
これはどんな会話でも応用できるので容易です。
「大変だね」「大丈夫?」の2つだけなので、容易に覚えられますよね。

セックス好きな愛人との出会いメッセージで使える共感の言葉は、他にも「困ったね」「心配だよね」「きついね」「辛かったね」などあるので、こちらもよければ使ってみてください。

ただ、アドバイスはしないのが基本ですが、相手の女性が「どうしたらいいと思う?」のように敢えてアドバイスを求めてきたときは別です。
精一杯考えて、ベストだと思うアドバイスをしてください。
それでその愛人のこちらへの信頼度が大幅アップします。

②相槌はセフレとの会話の潤滑液

出会い系でのメッセージ経由の会話では、相手のリアクションがよくわからないので、反応をしないとメッセージが途切れるかも知れません。
そんな時に上手に相槌を打てば、会話を引き出すことができるんです。

簡単に使える相槌のテクニックに「さしすせそ」の相槌があります。

「さしすせそ」の相槌

  • さ → さすがです
  • し → 知らなかったです
  • す → 素敵です
  • せ → センスいいですね
  • そ → そうですね

難しくないですが、この「さしすせそ」の相槌だけで愛人の会話を引き出すことができるんです。

ここで解説した相槌では敬語の形になっているものもありますが、親密になってタメ口(友達口調)で会話せるようになれば、友達口調に変換して使います。

③おうむ返しで愛人は安心して会話できる

出会い系に限らず、メッセージやSNSなどでの会話では相手の顔が見えないので、話に耳を傾けているかなかなか判断できません。
そんな時に、おうむ返しを使えばその問題は解決します。
ちなみに、おうむ返しとは、鸚鵡みたいな感じで相手の発言を繰り返すことを言います。
このおうむ返しテクも簡単に使えるので、気軽に試してみてください。

SNSやメールでの会話で使うとこういうイメージです。

お仕事がお休みの日とかは何をして過ごしてるんですか?
↓
映画とかビデオ観てますね
↓
映画とかビデオですか。
ぼくもよく観てます。
特に好きな作品とかありますか?
↓
管理人、『最高の人生の見つけ方』が好きです
↓
『最高の人生の見つけ方』が好きです』ですか。
ぼくも好きです。
映画は彼氏と観に行くんですか?
↓
恋人は今ないですよ〜

こうやって、おうむ返しをうまく使って会話を進めます。
余談ですが、このメールサンプルでは最後に恋人の有無を確認しています。
良い感じで会話が進んでいると、プライベートなことなどもこうやって聞き出せたりします。

ということで、おうむ返しをすると、相手の女性はこちらが話を聞いていることが確認できるので、どんどん会話を続けていきます。
質問やおうむ返しを上手に取り入れてメッセージをして、相手の愛人の情報をいろいろ質問しましょう。

なお、毎回おうむ返しだと、さすがにバレてしまうので、ほどほどにした方がいいです。
返事の半分くらいはおうむ返しなしでもいいと思います。

④セフレ探しで自慢話は逆に好感度ダウン

気になる愛人を落とすために、自慢話をして自分自身の魅力を伝えようとする男性もいらっしゃるかもしれません。
けれども、これは本当にやってはいけないミスです。
自慢話は、魅力をアピールするどころか、マイナスの印象しか与えません。

ネットの募集用掲示板やSNSで、出会い系を利用している女性の声を見ると、出会い系で自慢話をしてくる男性は直ちに切るという声がほとんどです。
実際に、セックス好きな愛人に限らず、男性の立場でも他人の自慢話はウザいし聞きたくありませんよね。

本当に愛人のセフレを作ってエッチしたいのであれば、会話やメッセージで自慢話をしたいのをグッと我慢してください。
自慢話ではセフレ探しのプラスには働きません。
自慢話をしただけで、メールが来なくなって一発アウトの可能性もあります。

一流大学を出ているとか、たくさん金を稼いでるとかいう場合でも、あなたの口から自慢話として出る限り、相手の女性は絶対にすごいとは思いません。
単純に面倒臭い男性だと思われるだけです。
そうではなくて、行動などでそれとなくあなたの魅力をアピールして、相手の愛人が「もしかしてエリート?」のように聞いてきたときに、「まあ、大したことないよ(笑)」みたいに答えると、自慢話よりも逆にスゴさをアピールできるんです。

以上4つのの出会い系での会話のコツが実行できれば、メッセージの相手の女性と親密になれます。
もう現実で会うのも難しくはないです。
愛人と仲良くなる会話やデートに誘う方法などを知りたい方は、出会い系の会話のコツ面接に誘う会話メールサンプルなどを参考にしてみてください。

ここまでくれば、愛人のセフレが作れるまであと一歩です。

3rdステップ : 愛人と実際に会って、エッチして満足させよう

出会いを探して出会い系を利用しているセックス好きな愛人も、実はさらに細かく分類できます。
誰でもいいからセックスしたい人や本気で彼女を探している人、寂しいから男性と会いたい人などその他にもいろんな出会いの形を求めています。
ですが、募集用掲示板やプロフィールに「セフレを探してます」みたいにはっきり記入している女性は実際はそう多くありません。

真剣にセフレを作ってSEXしたい女性でも、最初はそれを隠して対話して、自分からは誘わないけど、誘われたら手軽に応じて、最終的にはエッチします。
この場合、あっけないほど容易にエッチ可能です。
それに、セックスしてみて相性が良ければセフレにする、という展開です。

このように、とりあえずセックスまでたどり着いて、そこで相手の愛人を満足させられればセフレ関係になることができるということになります。

最後は、愛人の女性をセフレにする最終ステップ、セフレ候補とエッチするまでと、SEXで満足させるための4つの極意をお教えます。

①愛人と仲良くなるまでは下心は隠す

管理人は出会い系で会った女性に出会い系についての話を聞いたりするのですが、ファーストメッセージからセックスに誘ってくる男がいるそうです。
それから、いくらセックスがしたくても、そんな下心丸出しの男性と対話する女性はいません。
当然ですよね。

いくらセフレを作るのが目的でも、初手のメールから下心は出さないようにしないとメール交換も始まりません。
というか、十分仲良くなるまでは下心は見せないようにしておきましょう。
そのほうが、最終的には早く出会えてセフレにすることが可能です。

②会う前にメールでHトークをしておこう

LINEのIDやメールアドレスを教えてもらってしばらく直接対話して仲良くなったら、少しずつHトークもしていきましょう。

インターネット上のブログや出会い攻略法の中には、実際に会って、良い雰囲気になるまでは下心を隠す、と解説しているサイトもあります。
でも、管理人は十分仲良くなったらHトークをして、セックスできるかどうか何となく確認することをおすすめします。
というのも、実際に会ってもSEXできない女性もいるので、そういうやれない女性に時間を使うのももったいないですから。
この記事では効率よく愛人のセフレを作るやり方を解説しているので、早いステップでHトークをしてみてSEXできる相手の女性か、セフレにできる女性か確認する方法の方がふさわしいだと思います。

当然、相手の愛人の気持ちを無視してHトークをするのはいけませんが、自然なHトークからスタートするのは有効です。
そこでHトークに花が咲けば、エッチできる日も近いといえます。

Hトークに持ち込む手順については、こちらのHトークに導入するメールサンプルなどをみてください。
相手の女性がHトークに拒否反応を示す場合には、他のセフレ候補に完全に切り替えます。
彼女探しや婚活ならむしろ良いかもしれませんが、そういう女性は一回だけのセックスの相手の女性やセフレには向きません。
その女性がかなり魅力的な愛人だったとしても、ここは冷静に判断してください。

③面接の口実を作るとSEXありの面接がしやすい

セフレが欲しいと思っている女性でも、出会い系で出会った男性からのデートの誘いにそう手軽には了承しません。
そこで、女性の側に会う口実を作ってあげると、相手は乗ってきやすくなります。

その結果、出会い系で出会った女性と会う場合には、「食事に行く」など相手が誘いをOKしやすい口実を何か作ってあげましょう。
特に初めて会う時には、そのセフレ候補の愛人が自分を納得させられるような「会う口実」が必要です。
まあ、それでも実際に会ったらその目的はそっちのけでセックスするだけの場合も多いですが。

そのためにも、メールの対話の中で相手の女性が興味あることを尋ねておくと、その会う口実を作りやすくなります。
もし相手の愛人がお酒が好きなら、飲みに誘えば良いですよね。

④Hトークからの流れでセックスの予約をしておこう

前項までのやり方で気になる愛人を面接に誘えたら、いよいよSEXしましょう。
より高い確率でセフレ関係になりたいのであれば、早いステップ、できれば最初に会った日のうちにSEXするのがベターです。

会話スキルが高い男性であれば、Hトークなどしなくても普通に面接して、トークでHする展開に持ち込むということも可能です。
ところが、ネットでセフレの作り方を求めている男にとって、急にそのやり方を探しても難しいと思うので、ここではそのやり方ではなく、事前に準備してHする方法を解説します。

最初に会った日のうちにSEXするには、ラインや電会話での会話でSEXする約束ができていると確実です。
会う前にセックスの会話をしておけば、エッチできそうにない女性も判別できるので、無駄なデートを避けられます。
そして更に、お互いやる気なので、セックスも盛り上がり、その愛人も思いっきりエッチを楽しめます。
すなわち、愛人のセフレができる確率向上につながることになります。

詳しいやり方としては、会う約束をした後電会話やメールで会話しているときに、「明日会ったら、襲っちゃうかも(笑)」のような、エッチするような印象を与える発言をします。
冗談っぽく(笑)というのがミソです。

全然セックスする気がない女性であれば、別の会話をしたり無視したりします。
一方で、会話に乗ってくる場合には、初日にエッチできる確率が高いです。
エッチをする会話をもう少し詰めていって、より間違いなくSEXできるようにしましょう。

⑤セフレ関係になるにはセックスで満足させよう

現在まで解説してきたセフレを作る方法が正しく実行できていれば、セックス好きな愛人と出会ってエッチまではいけるはずです。
ですが、「エッチできた、これで愛人のセフレができた!!」なんて、そんなわけにはありませんよね。

セフレというのは、セックスをメインの目的とする男女関係です。
それで、そのセフレ候補の愛人をセックスで満足させられなければ、セフレになることは不可能です。

エッチが終わって帰るときには笑っていても、その後はもう連絡が取れなくなります。

一夜限りのエッチで終わらないように、そしてセックスフレンド関係になれるよう、女性優先のセックスをしましょう。
男性は挿入を重視しがちですが、女性は前戯でたっぷり愛されるのが好きです。
それも激しい指マンなどではなく、ソフトタッチな愛撫が必要です。
相手の愛人の声や動きをよく見て、感じ方が良いところを粘り強く、そして優しく攻めましょう。

技術に関していうと、もちろん実戦経験も大切ですが、技ビデオや書籍などで勉強するのも有効です。
特に、アダム徳永の「スローセックス完全マニュアル」を読むと、とても前戯が上達します。

ぶっちゃけた会話、愛人がセックスフレンド関係になるまでは、その相手の女性とエッチするときは相手が気持ちよくなることだけ考えて、自分の射精は度外視してもいいくらいです。
場合によっては、バイブや電マなどの大人のオモチャを用意していってもいいと思います。

そうやって前戯重視の女性本位のエッチができれば、その相手の愛人はセフレになってくれます。
セフレの関係になれば、毎日でもエッチして、何発でも出せるんですから、初めは我慢してがんばってみて下さい。

これで愛人の女性のセフレ攻略法を一通りご解説できました。
セックスフレンド攻略法の全体をしっかり知りたい人は、長文ですが出会い系のセフレの作り方の方も参考にしてみるとよりセフレ探しの確率が上がります。
同じく、愛人のセフレ探しについて何か不明な点があれば、メールフォームからお問い合わせください。

では、がんばって愛人のセックスフレンドを作ってください。
セックス好きな愛人のセフレができることを心からお祈りしています。

ネット上のウソのセフレの作り方に気をつけよう

インターネットには間違った情報も多く、セフレ作りのやり方の情報も玉石混交の状態です。
愛人のセフレができないだけならまだしも、悪質出会い系サイトや詐欺出会い系サイトに誘導するところもあります。
愛人のセフレを作る場合、オジサンや不倫、風俗などは特に意識しなくてセフレは作れます。
的確なセフレの作り方を参考にすれば、必ず愛人のセフレは作れるので、安心してがんばってください。

公開日:出会い系メール例文集出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る