出会い系でママ友のセフレを誰でも作れる攻略法とオススメ掲示板

更新: by

「エッチなママ友のセフレを作って、セックスしまくりたい」

そう思って、ネットで検索していて本稿を発見した男性、正解です!

管理人は20代半ばまで彼女もいたことがなくて童貞でした。
ところが、その頃急速に発達してきたネットでの出会い、出会い系サイトを使うようになって、出会い系で初体験をすることができました。
それから、出会い系サイトを駆使して、セフレや単発の出会いなど、数多くの女性とエッチをしてきました。
その出会い系で出会ってHした女性の中には、ママ友もとても多かったです。

現在も何人かセフレがいますが、こういう感じのセフレさん達とエッチを楽しんでいます。
※個人情報保護のため、ざっくりした内容のセフレ紹介になりますが。

  • AVでお馴染みの属性、人妻女教師のセフレ。
    既婚男性なのに、管理人以外にもセフレがいるようです。
  • 30代後半の人妻。
    旦那さんさん以外にも恋人がいて、さらに自分をセフレにしてセックスライフを謳歌しています。
  • ムチムチしたスケべな身体の30代前半女子。
    一見性的欲求が強くなさそうなのに、ベッドでは変態プレイまでやってくれます。
  • 大きくないけど美乳な20代半ばの看護婦。
    まだ経験人数は少ないですが、エッチには積極的です。

なかなか会えないセフレもいますが、無理なく関係を続けられています。
たまに出会い系で物色しますが、積極的にはセフレを増やそうとは思っていません。

出会い系で出会ってエッチしたばかりとか、セックスフレンドになったばかりの時は暇ができれば会ってエッチしますが、落ち着いてくるとSEXも会う回数も自然に減っていきます。
切りはしないけど、そんなに会わなくなるセフレが出てくるんです。
まあ、エッチの相性が良いセフレとはやりまくりますけど。

今あなたはエッチなママ友のセフレを作ってセックスしたくて本稿を読んでいるでしょう。
ママ友の女性は、スケベでセックスが好きだから魅力的ですよね。
管理人も、ぶっちゃけエッチなママ友の女性は大好きです。
エッチなママ友は子育てが退屈で刺激が欲しいからという理由により、セフレにしやすくてイチオシです。

そんな管理人が長い出会い系生活で身に付けた「セフレを作る方法」をこれから詳しく紹介します。
このセフレ作りのやり方なら、岩田剛典さんや竹内涼真さんみたいないい男じゃない男性でも高い確率でセフレを作ることが可能です。

エッチなママ友をセフレにするための簡単3ステップ

出会い系サイトでママ友のセックスフレンドを作るには、守らなくてはならない大事な攻略のポイントが存在します。
セフレを作るための極意を3つのステップにまとめました。

以下の3つのステップを正しく実行すれば、どんな男でもエッチなママ友の女性をセフレにすることが可能です。
あなたもこのセフレを作る3つのステップを頭に入れて、繰り返すことでママ友のセックスフレンドが作れる確率が大きく高まります。

続いて、このセフレを作る方法の3つのステップについて、順番に紹介をしていきます。
3分もあれば全部読めるので、がんばって最後まで読んでみてください。

1stSTEP : ママ友のセフレ候補との出会いを増やす

管理人個人としては、ママ友の女性とセフレになる上で最も大事なポイントとなるのはこの出会いを増やすステップだと考えています。

なぜなら、ママ友のセフレを作るための3つのステップの中で、一番簡単に実践できて成功率を上げられるのがこの1stSTEPだからです。

その紹介をしていきます。
とりあえずやり方だけ知りたい読者はママ友に出会える出会いの場所に飛んでください。

簡単に紹介すると、ママ友のセフレに限らず、セフレを作れる確率は、3つのステップのそれぞれの率を掛けたものになります。

ママ友のセフレを作れる率 = 出会う女性の数 × リアルで会える確率 × エッチしてセフレ関係になれる確率

ですね。

管理人のセフレ攻略法の中で、2つ目と3つ目のステップは、確率を上げるのに少し時間がかかります。
それから、見た目やセンスなどにも左右されます。
しかし、出会える機会を増やすことは、少しがんばればどんな男性でも簡単にできます。

実際に例を挙げて考えるとわかりやすいと思います。
例えば、女性経験が少なくてメッセージも苦手、セックスもあまり上手くないという男性がいて、現実で会える率が25%、エッチしてセフレ関係になれる確率が20%と本当に低かったとします。
その男性が一つの出会い系サイトだけ利用してそこで10人の女性に声をかけた(メールを送信した)とします。
この場合、率通りに成功したとしても、

10 × 0.25 × 0.2 = 0.5

で1人のセフレもできない計算になります。

それに対して、がんばって出会いの機会を増やして、ママ友の女性を100人見つけてとりあえずメッセージでアプローチしてみた場合はどうなると思いますか?
今回は、出会える機会が10倍になり、数式の答えも

100 × 0.25 × 0.2 = 5

になるので、5人のセフレをゲットすることが可能です。
管理人の現在のセフレの人数より多い、5人です。
つまり、分母が増えて成果の数字が増えるんです。
よく考えなくても、当然の結果ですよね。

こうやって100人の女性にメッセージを出して対話すると、出会い系のメールでの会話の技術も向上します。
その出会った女性のうちの10人以上の女性とHもできるはずなので、SEXも上達します。
そして更に、同時進行で何人かの女性と並行して付き合うことになるので、「もしこの女性とうまくいかなくても、他の女性がいるから大丈夫」と考えるようになるので、心に余裕が出てきます。
その気持ちの余裕で、通常よりもモテるようになります。
その余裕で、「会える成功率」「セフレ関係になれる確率」も上がります。
相乗効果ですね。

同じく、出会う女性が置ければ多いほど、より魅力的なママ友に出会ってセフレ関係になれる率も上がります。
良いことばかりですね。

以上から、努力して出会えるチャンスを増やしさえすれば、セフレが作れる確率や作れるセフレの人数が増えるということがわかったと思います。

簡単にいうと、出会えるチャンスがなければ、ママ友のセフレどころか女性とは出会えないということですよね。
出会わなければ、SEXもできないし、セフレにもできません。

次は、数多くのママ友と出会える機会がいっぱいの出会いの場所についてお話しします。

エッチなママ友と出会いやすい出会いの場所とは?

ママ友のセフレを作るためには、できるだけ数多くの女性、それもママ友の女性との出会いのチャンスと作る必要があります。
けれども、道端でママ友の女性に片っ端から声を掛ける、みたいな方法ではセフレを作ることはできません。
エッチする関係になる前に、立ち止まって話に耳を傾けてもらうのも困難です。
同様に、合コンなど友人や知り合いにママ友の女性を紹介してもらっても、その女性とセフレ関係になるというのは難しいし、友達や知り合いの手前できないでしょう。

そこで、セフレにできるママ友の女性を見つけられる出会いの場所として一番推奨できるのは出会い系です。
出会い系サイトを使えばどなたでも、セフレ予備軍のママ友の女性との出会いをたっぷりと探すことができるんです。
出会い系は会員数が多いので出会える女性の数はピカイチですし、ほぼ全員が本気で出会いを求めているので外れ確率も低いです。
おまけに、当ブログで紹介している出会い系サイトはどれも大手の優良出会い系サイトで利用料も安く、250円もあれば対話で女性の連絡先を聞くことができます。
うまくやれば、無料お試しポイントなどを使ってタダでママ友のセフレを作ることも可能です。

管理人は現在まで、ママ友の女性のセフレを始め、出会い系で数多くの出会いを経験してきました。
インターネットで口コミやレビューを調べても、やはり出会い系サイトで出会えたという声が一番多いです。

それらのネットでの声と、管理人の過去の経験からいうと、特にママ友のセフレ探しという点でいうと一番でおすすめなのはPCMAXだと思います。

PCMAX

注: 18歳になっていない男性は利用できません。

PCMAX」は男女ともに利用者数が多く、管理人が現在まで利用してきたサイトの中でも初めての方でも出会える点で優れた出会い系サイトです。
この「PCMAX」を介して結婚したり、童貞卒業した男も数多いと思います。
出会い系の中でもとりわけ会員数が多く、女性会員もかなり多いので、ママ友の女性との出会いも大いに期待できます。
というか、過去の管理人の利用経験では、PCMAXにはママ友の女性が多いような気がします。
PCMAXにはママ友の女性が利用しやすい何かがあるの可能性もあります。

また、Hな女性の比率も多いので、ママ友のセフレを作るのには最高の出会い系サイトだと思います。

プロフには顔などの画像を掲載できますが、PCMAXの女性利用者のプロフィール画像をみると、かわいい女の子や美女な女性もとても多いのがわかります。
運が良ければ、芸能人の菅野美穂さんや永作博美さんのような美人の女性と出会えてセフレ関係になれるかも知れません。
ただし、美人な画像の女性の中には美人局や業者などが紛れていることもあるので、十分気をつけてください。

参考までに、管理人の現役のセフレの中で、巨乳の女性はこのPCMAXのプロフ検索から探して出会っています。

ただ、出会いのチャンスを増やすということを考えると、PCMAX以外の出会い系サイトも利用してみるのをオススメします。
というのも、一つのサイトだけでは、自分好みのママ友の女性がたくさんいるとは限らないからです。
しかも、見つけられる女性の数が増えれば、自分が出会いたい好みのママ友と出会える可能性も高くなり、結果として理想的なセフレと出会えるようになります。
2つの出会い系サイトを使えば、出会いの機会が2倍になるのは道理ですよね。

だから、管理人オススメのPCMAX以外でも、「ハッピーメール」や「ミントC!Jメール」「ワクワクメール」みたいな人気出会い系も同時に利用してみることをおすすめします。
ハッピーメールもワクワクメールも、どれも試すだけならタダですし。
よかったらトライしてみてください。

余談ですが、PCMAXはセフレだけでなく愛人も探しやすかったりするので、ママ友のセックスフレンドの他に愛人にも興味ある男性はそちらの読者も見つけてみてください。

ママ友のセフレにしたい女性を探しまくろう!

「エッチな出会いがしやすい出会い系の入会終了!これで寝ていてもママ友のセフレと出会える!!」
流石に、そんな甘いことを考えている男性はいないと思います。
いくら出会える出会い系でも入会しただけでママ友のセフレはできません。

セフレを作る場合でもSEXの相手の女性を探す場合でも、女性と出会って、実際に会って、そしてセックスしなくてはセフレになることはできません。
当然ですよね。

プロフィール検索でママ友を見つけてメッセージする

そして、女性の場合は出会い系サイト入会して待っていればメールが来ますが、男性の場合はそうはいきません。
本気で出会いを探している女性でも、自分から男性にメールを送る女性は少ないので、男性は待っているだけでは出会えません。
サイトのプロフ検索やアダルト募集掲示板を使ってターゲットのエッチなママ友を探して、ファーストメールを送りましょう。

PCMAXなどの大手の出会い系サイトはシステムが便利になっているので、プロフィール検索などでセックスしたいタイプの女性を簡単に探すことができます。
そのプロフ検索機能を利用して、体型や自由コメントの文などからターゲットの女性を探すことができます。

同様に、募集掲示板の女性の投稿を見つけてそれにメッセージするのもアリです。
出会い系サイトのエロ系募集掲示板であれば、セフレ募集の書き込みもあります。
そんなエッチな女性をアダルト募集掲示板などで探してメールすればセフレも作りやすいです。

もっとも、アダルト募集掲示板の書込みには、サポート目的の女性の書込みもあります。
サポート目的の女性はお金が目的なので、絶対にセフレになることはできません。
それで、アダルト募集掲示板で女性を探す場合には、サポート目的の女性を確実に外すようにして下さい。
アダルト募集掲示板の「すぐ会いたい」系の募集掲示板はとりわけサポートが多い、というかほぼサポートなので要注意です。
判断方法は、サポートの見分け男性のコンテンツなどが役立つと思います。

プロフ検索でスケベな女性を探すやり方

さあ、ここが出会い系サイトでママ友の女性をセフレにするための秘訣です。

ママ友の女性をセフレにするには、出会い系サイトでママ友の女性を探してアプローチしなくてはいけません。
ママ友の女性も他の女性と同じように自分からはメールを送ったりしないので、男性の方からアプローチしなくてはなりません。

では、セフレ候補のママ友の女性を探しましょう。
ママ友の女性を探すやり方は簡単です。
スマホをいじって、プロフィール検索で体型でママ友の女性に当てはまる条件で絞り込み検索をするだけです。
プロフィールの属性で検索すれば、ママ友の女性を見つけることができます。
プロフの項目でママ友に上手く当てはまるものがないサイトでは、自由コメントなどで「ママ友」などのキーワードでワード検索してみて下さい。
フリーワード検索できないサイトでは、プロフィールを物色して、「ママ友」などと書いている女性を探します。

そんな感じで探せば、広島県などどこの地域に住んでいてもエッチなママ友と出会えるはずです。

エッチな女性はSEXしやすくセフレにもしやすい

出会い系サイトでママ友の女性を探す方法は上でシンプルに紹介しましたが、セフレにするにはSEXして簡単にセフレにできる女性を探す必要があります。
Hな女性はHにも持ち込みやすいので、SEXしやすいしセフレにもしやすいです。
Hな女性の探し方は、スケベな女性のプロフなどで紹介しているので、そちらの男性を見てみて下さい。
ただし、プロフィールで「誰でもいいからセックスしたい」みたいなことを書いているのはサポートや業者なのでメールしないようにしましょう。

ママ友の女性が見つかったら思い切ってメッセージを送ろう

それで見つかったママ友の女性に、思い切ってメールを出しましょう。
セフレにできそうなママ友の女性に送るメールは、初めは紳士的なメッセージが良いでしょう。
最初からエロメッセージだと、女性はひいてしまって返事してくれません。
セフレ候補に送る初めのメッセージの書き方がわからないという方は、文例をコピペして使ってもOKです。
文例のコンテンツでも書いていますが、完全コピペはダメで、一部は毎回記入しましょう。
最初はコピペでも、慣れてくれば自ら書けるようになります。

再三言っているように、セフレを作るには機会を増やすことが大事です。
プロフィールや募集掲示板でエッチな女性を見つけたら、気軽にメールを送信してみるのが最適です。
まさに、「案ずるより産むが易し」で、やってみればいいんです。
相性が悪ければ、セックスした後でやめてもOKなんですから。

この1stSTEPのポイントは、出会える出会い系で出会いのチャンスを増やして、出会いの分母を増やすと同時に経験を積むことです。
特に、現時点で対話している女性がいない男性は、とりあえず思い切ってメールしてみて下さい。
それが、ママ友のセフレとSEXしまくるための最短ルートです。

2ndSTEP : セフレ候補と仲良くなって実際に会おう

それからメッセージの対話が始まります。
上手く親密になって、リアルで会う約束をするのですが、ポイントをつかんでいればそれも難しくないです。
以下でその会うためのコツを紹介します。

聞き上手な男性は会話もメールもうまくいく

出会い系サイトでは聞き上手な男性はメールが長続きしやすく、結果としてリアルで会える成功率も高い傾向にあります。
そのため、聞き上手になればメッセージの会話もうまく続いて、実際に会えるようになります。

では、出会い系のメールや会話で聞き上手になるにはどうすればいいとでしょうか?

「どういうこと?」と思う男性もいるかもしれませんが、やることは非常にシンプルです。
以下の5つの秘訣を真似するだけでいいんです。
とても簡単です。

聞き上手になってセックスフレンドを作れる5つのポイント

この5つのコツが完璧にこなせれば、ママ友だけでなくどんな女性とでも仲良くなることができるんです。

①ママ友へのアドバイスは極力控えよう

会話において、会話やメールでは目的が異なります。
男性は何かの目的があって手段として会話をしますが、女性は会話それ自体が目的になっています。
女性は対話の生き物ですから。

ですから、出会い系に限らず女性との会話では論理よりも「共感」を相手の女性に伝えるようにして会話すると、相手の女性からの印象が良くなります。
共感だけしておけば、会話の内容は問わない、と言ってもいいかもしれません。
下手にアドバイスなんてすると、「気持ちがわかってない」とか言われます。

出会い系で出会ったエッチなママ友をセフレにするには、メッセージの会話の中に共感のセリフをたっぷりと盛り込みましょう。
共感を伝えるのはとても簡単で、以下の2つの言葉を使えばOKなんです。

「大丈夫?」「大変だね」

単純にこれだけです。

相手の女性との会話で、例えば「PCが調子悪い」のような会話だった場合は、「具体的にどんな症状?」とか「何か新しいアプリ入れた?」みたいに現実的な会話をしてはいけません。
「パソコン動かないんだ?大変だね」「それじゃ仕事できないよね、大丈夫??」というように、共感の言葉で癒してあげることが大事です。

女性が相手の場合、特に出会い系での出会いでママ友と会話する場合はこれで十分です。
こうやって共感の言葉を伝えさえすれば、相手の女性はこちらを理解者だと思って好意を持つようになります。
これはどういう場合でも女性との会話では使えるので、覚えておいてください。

この他に応用編の共感ワードとしては、「きついね」「困ったね」「心配だよね」「辛かったね」などがあるので、そちらも使えるようであれば使ってみてください。
女性を労わる言葉なので、使いやすいと思います。

②相槌はセフレとの会話の潤滑液

出会い系のメッセージでも、リアルで会って会話するときでも、相手が反応をしないとあまり会話は弾みません。
一方で、うまい相槌を打つと、相手の女性は嬉しくなって、どんどん会話するようになります。
上手な相槌は聞き上手になるために必須です。

そのために使えるのが「さしすせそ」の相槌です。

「さしすせそ」の相槌

  • さ → 流石ですね
  • し → 知りませんでした
  • す → 素敵です
  • せ → センス良いです
  • そ → そうですよね

この相槌は、特に相手のママ友に気持ちよく会話させる効果があります。

相槌の中で敬語とたま口が混ざっている部分もありますが、そこは現時点での口調と合わせて使ってください。

③おうむ返しで聞いてるよアピール

出会い系に限らず、SNSやメッセージなどでの会話では相手の顔が見えないので、話を聞いているかなかなか判断できません。
そんな時に、おうむ返しを使えばその問題は解決します。
ちなみに、おうむ返しとは、鸚鵡みたいな感じで相手の女性の発言を繰り返すことを言います。

メールやSNSでの会話で使う場合はこういう感じです。

お仕事がお休みの日とかは何をして過ごしてるんですか?
↓
ビデオとか映画観てますね
↓
映画とかビデオですか。
ぼくもよく観てます。
特に好きな作品とかありますか?
↓
管理人、『最高の人生の見つけ方』が好きです
↓
『最高の人生の見つけ方』が好きです』ですか。
ぼくも好きです。
映画は彼氏と観に行くんですか?
↓
恥ずかしながら、今は彼氏はおりません笑

このように、相手のママ友の発言を繰り返します。
なお、この文例では最後に彼氏がいるかどうか尋ねています。
良い感じで会話が進んでいると、プライベートなことなどもこうやって聞き出せたりします。

こういう感じでおうむ返しを入れながら会話をしていけば、自然に仲良くなって、現実で会うこともできます、おうむ返しだけだと会話が進まない場合もあるので、適宜次の質問も入れていくとメッセージの対話が上手に続きます。

もっとも、毎回おうむ返しだと、さすがにバレてしまうので、ほどほどにした方がいいです。

④自慢話ではママ友のセフレは作れません

男性が気になる女性と会話する場合、自分のスゴさを見せつけたくて自慢話ばかりしてしまうこともあります。
ですが、これは絶対にやってはいけないミスです。

管理人が今まで出会い系で知り合った50人以上の女性に聞いた中でも、自慢話をしてくる男性ほどウザいものはないということでした。

本当にママ友のセフレを作りたいのであれば、会話やメールで自慢話をしたいのをグッと我慢してください。

たくさん金を稼いでるとか、一流大学を出ているとかいう場合でも、自分の口から自慢話として出る限り、相手の女性は絶対にすごいとは思いません。
単純に面倒臭い男性だと思われるだけです。
そうではなくて、行動などでそれとなくあなたの魅力をアピールして、相手のママ友が「もしかしてエリート?」みたいな感じで質問してきたときに、「まあ、大したことないよ(笑)」みたいに答えると、自慢話よりも逆にスゴさをアピールできるんです。

ここまでに紹介したメッセージの会話のためのコツ4つをある程度実行できれば、セフレにできそうな女性と容易に親密になることができます。
当ブログでは面接に誘う会話の文例スケベ話を始める技術出会い系の会話のポイントみたいな文例も掲載しているので、よかったらそちらも参考にどうぞ。

あと一踏ん張りで、ママ友のセフレが作れます。

3rdSTEP : ママ友とセックスして、満足させたらセフレ完成!

これまで紹介してきた2つのステップで出会い系で出会った女性と実際に会うところまではいけます。
次は、セックスをして、そしてセフレにする過程になります。
ママ友の女性とのセックスだけで良くて、セフレにしなくてもいいというのであれば、最後のstepはやらなくてもOKです。

一言で出会い系を利用している女性といっても、実はその中身は様々です。
本気で彼氏を探している女子や援助交際がしたい女子、寂しいから男性と会いたい女子などいろいろです。
けれども、初めから「セフレが欲しい」と募集掲示板やプロフにはっきり書いている女性はほんの僅かしかいません。
正面切って「セフレ募集」と書くのは「はしたない」と思っているのかもしれませんね。

本気でセフレを作りたい女性でも、初めはそれを隠して対話して、自分からは誘わないけど、誘われたら容易に応じて、最終的にはSEXします。
この場合、あっけないほど簡単にSEX可能です。
そのSEXで気持ちよくなれたらまた会ってセックスして、そのままセックスフレンドになっていく、という女性が多いです。

すなわち、エロいママ友を見つけて、なんとかセックスしてしまえば、あとはナチュラルにセフレにする流れに乗れる、ということですね。
知らないと難しそうだけど、実はセフレ探しは難しくないなんです。

ここまでを踏まえて、ママ友のセフレをゲットするための最後の仕上げ、エッチをしてセフレにするための秘訣は以下の4つです。

①下心はセフレにしたい女性にも気付かれないようにする

管理人は出会い系で会った女性に出会い系についての話を聞いたりするのですが、ファーストメッセージからSEXに誘ってくる男性がいるそうです。
それに、そんな下心丸出しの男性には一切返事しないという女性が大多数です。

ママ友の女性を狙う場合に限らず、いくらセフレを探す場合でも、いきなりエッチな会話をしては返信してくれる女性はいません。
むしろ、ラインやアドレスを交換するまでは下心は絶対に隠しましょう。

ネットの情報の中には、初めからセフレ前提で会話をしろと書いている情報出会い系サイトやブログもありますが、効率が悪すぎるのでやめておいたほうが賢明です。

②セフレにしたい女性とはデートの前にスケベ話をしておく

LINEのIDやアドレスを教えてもらってしばらく直接対話して仲良くなったら、少しずつスケベ話もしていきましょう。
このタイミングが大事です。

当然のことですが、「すぐ会おう」とか言うのは論外ですが、「自分はHだぞ」ということをそれとなく相手に教えておきます。
もしも相手もスケベ話に乗ってきたら、セックスできる確率がかなり高いです。

最初はどぎついスケベ話ではなく、「Mっぽいって言われたりする?」みたいな当たり障りのないところからスタートしましょう。
だから、もし相手のママ友が完全に無理したり、嫌がったりした場合には、エッチできない見込みが多いので、別の女性に切り替えます。
粘って攻略しようとしても、そういう女性はエッチするのに苦労しますから。
ここはシビアに判断してください。

③リアルで会う時には女性には口実が必要

その相手のママ友もセフレを求めていてエッチをしたかったとしても、会ったこともない男性から誘われて会いに行くのは不安ですし、ためらいもあります。
いくらセックスフレンドが欲しくても、軽く見られたくはないんです。
そんな時にはドライブや映画、飲み会などのセックスとは別の目的を作るとすぐに了解してくれます。

そのため、出会い系で知り合った女性と会う場合には、「食事に行く」など相手が誘いをOKしやすい口実を何か作ってあげましょう。

メールでの会話の中で、相手が好きな食べ物などを聞いておくと、「美味しい店あるからイタリアン食べに行きましょう!」のように比較的手軽に誘うことができるので、あらかじめ聞いておきましょう。
もし相手のママ友がお酒が好きなら、飲みに誘えば良いですよね。

④セフレにできそうな女性とセックスの約束をしておこう

セフレ候補のママ友を上手く面接に誘いだせたら、次は実際に会ってエッチしましょう。
セフレにしたいのであれば、できれば会ったその日にエッチするのが望ましいです。

女性慣れしている男であれば、会った当日に口説いて、SEXに誘うという方法もあるでしょう。
ですが、google検索で「セフレ ママ友」などで検索して本稿にたどり着いた男性にはそれは難しいかもしれないので、ここではその流れは省略して、会う前にエッチする話をしておく方法を紹介します。

ざっくりいうと、リアルで会う前にある程度セックスする会話やエッチな会話をしておいて、会ってからエッチに持ち込みやすくします。
メールやLINEでHできないと分かれば、そのママ友はセフレにできないと判断できるので、時間の無駄がなくなります。
会う前に会話をしておけば、女性の方でも「セックスするんだ」という心の準備ができるんです。
さらに、お互いやる気なので、SEXも盛り上がり、そのママ友も思いっきりSEXを楽しめます。
要するに、ママ友のセフレが作れる確率向上につながることになります。

具体的な方法は、デートする約束をした後のラインやメッセージなどでの会話、できればスケベ話の途中で、「明日は、俺のこと襲わないでよ(笑)」みたいな、Hするような印象を与える発言をします。
この、(笑)が意外に大事です。

これで、Hする気がない女性は無視するか会話を変えます。
その場合は潔く引き下がって、当日がんばる作戦か、別のターゲットに切り替えましょう。
逆に、会話に乗ってくる場合には、初日にHできる確率が高いです。
セックスをする会話をもう少し詰めていって、より確実にHできるようにしましょう。

⑤Hで満足させればセフレ関係になれる

さて、ここまでのコツがしっかりやれていれば、セックスもスムーズにできると思います。
しかし、「やった、Hできたからこれでセフレの関係だ!」なんて、そんなわけにはありませんよね。

セフレはHが主な目的の男女の関係です。
それで、そのセフレにしたいママ友をセックスで満足させられなければ、セフレにすることは不可能です。

そうならないように、相手のママ友が気持ちよくなれるようなエッチをしましょう。
すぐに挿入したりせず、じっくり前戯をしましょう。
それも激しい指マンなどではなく、ソフトタッチな愛撫が必要です。
的確に相手の女性の感じる部分を、根気強くソフトタッチの愛撫で気持ちよくさせてあげましょう。
もしもイケなくても、努力は認めてもらえるでしょうし。

セフレ関係が完成するまでは、挿入やお口で自分が気持ちよくなるのは後回しで、相手のママ友に前戯しましょう。
最初にからローターや電マなどの道具を使って、ママ友を快感の虜にしてしまうのも1つのテクニックです。

そうすれば、相手の女性はあなたとのエッチを気に入って、2回3回とセックスを重ねて、最終的にセフレになります。
セフレ関係になれば、毎日でもHして、何発でも出せるんですから、初めは我慢してがんばってみて下さい。

さて、これで簡単ではありますがママ友とセフレになるためのテクニックを一通り紹介しました。
ママ友のセックスフレンドにこだわって紹介したので、足りない部分もあるかもしれません。
セフレの作り方をもっと全体的に知りたい人は、出会い系のセフレ作りのやり方を見ると、細かいところまで理解できるでしょう。
また、ママ友のセフレ探しについて何か不明な点があれば、メールフォームからお問い合わせください。

では、ママ友のセフレ探しをがんばってください。
がんばれば、必ずいいセフレが見つかります!

公開日:出会い系メール例文集出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る