セフレができるプロフィールの書き方

セフレを作るコツはいろいろありますが、その中の一つにセフレを作りやすいプロフィールにしておくということがあります。
男性が女性のセフレを作る場合、プロフィールや興味あることなどに少し工夫をしておくことで、セックスフレンドの作りやすさが大きく変わってきます。

この記事では、セフレが作りやすいプロフィールについて詳しく説明します。
なお、セフレの作り方やどこで探せばいいかはセフレ募集掲示板でセフレを作る方法などを参考にしてみてください。

セフレを作る時のニックネーム

セフレを作る場合、ニックネームの付け方から気をつけます。
どのサイトでもニックネームは後から変更できるので、現在サイトで使っているニックネームがセックスフレンド探しに向かないものだったら変えるのもいいと思います。

出会い系サイトで出会う場合、メッセージのやり取りなどではニックネームを使って呼び合いますが、そのうち本名を教えあって本名で呼びあい、その後実際に会ってからも本当の名前で呼び合うケースが多いです。
セフレの場合も同様でいいのですが、相手の女性が人妻だったりした場合や自分が既婚者だった場合はお互いの安全のためにお互いの名前を教え合わない方がいい時があります。

そういう時は、サイト内で使っていたニックネームを使うことが多いのですが、その名前をお店など他の人がいるときに呼ぶ場合、明らかにニックネームだと分かるものだと恥ずかしかったり、変に注目されてしまいます。
ですから、ニックネームをつけるときには、もし普通に呼ばれても奇妙な感じがしない名前にしておく方が良いです。
「ジャック・バウワー」とか「飛鳥(あすか)」みたいな何かのキャラクターや有名人から取ったカタカナの名前や珍しい名前は、実際に口に出して言うと目立ってしまうので避けておいた方がいいです。
「まさし」とか「ノリユキ」「サカイ」のような普通に呼んでも大丈夫な名前にしておきましょう。

また、ニックネームにアルファベットや数字などを使うとメールで入力するときに面倒なので、ひらがなやカタカナ、簡単な漢字の名前にしておいた方が親切です。
同様にキラキラネームのような変換しにくい名前も避けましょう。

あと、いくらセックスフレンド探しをしているといっても、いきなりエロ全開では引かれてしまいます。
ですから、「槍魔栗三助」とか「なめ太郎」みたいなエッチな名前もNGです。

セフレができやすい出会い系のプロフィール

プロフィールの規定の項目でもセックスフレンドを作りやすくするいくつかの方法があります。

年齢はできるだけ正直に書きましょう。
セフレはのちに実際に会うことになるので、その時に年齢をサバ読んでいたのがバレるとかなり感じ悪いです。
2〜3歳くらいならごまかせるとは思いますが、会話していて何かの拍子に本当の年齢がバレてしまったりもするので、その辺りは十分に気をつけてください。

仕事は嘘ついていてもバレにくいので、多少嘘をついてもいいです。
固い仕事の方が安全そうな感じがしますしお金にも困ってなさそうな印象を持つので、会社員や公務員などと書いていてもいいと思います。
ただ、平日昼間に会う場合には公務員などだとおかしいので、その場合には使えません。
また、セフレ関係で仕事のことをあまり深入りして話すことはないですが、多少は話に出たりするのである程度それっぽいことを言えるようにしておいた方が安全です。
あと、無職やフリーターはセフレは作りにくいので他の仕事を書いてください。

既婚か未婚かなどを書く交際関係の項目は、ズバリ独身だけど彼女あり、にしておくのがベストです。
独身彼女なしにしておくと相手の女性が本気になってしまうしまって付き合って欲しいみたいなことを言われることもあるので、そうなるとセフレとしては少し面倒です。
既婚者にしておくと相手の女性が本気になることもないですが、奥さんにバレた時に慰謝料トラブルなどを恐れて関係することを避ける場合も多いです。
ですから、ベストなのは「独身で彼女あり」です。
ですが、40歳以上で未婚の独身だと、「結婚できない何か大きな欠点があるんじゃないか?」と女性の側が警戒するので、35歳以上の男性は「バツイチで彼女あり」くらいにしておくといいかもしれません。

サイトによっては年収を書くところもありますが、これは少し多めにしておきましょう。
セフレは恋人ではないのでお金の有無はそれほど関係ないように思えますが、ホテル代は必要ですし一緒に飲みにいったりすることもあります。
その場合に出してもらえる方が女性としては嬉しいので、やはりお金がない人よりはある人を選びます。
ただ、服装や持ち物から収入は推測できるので、あまりかけ離れない程度で多め、くらいがいいと思います。

プロフィールの自己評価では「優しさ」はMAXにしましょう。
やはり女の人は優しい男性が好きですから。
お金持ち度も平均くらいか少し高めがいいです。
それと、ハッピーメールのプロフィールの自己評価には「エッチ度」や「S度」「M度」がありますが、ここは4、4、2くらいにしておくとセフレ作りにはいいです。ここで女性の方にエッチな出会いを探していることを暗にアピールします。

趣味は自分の好きなことを書いてOKですが、パチンコなどギャンブルが好きな人は正直に書かない方がいいです。
ギャンブルは女性の印象が良くないですし、お金に困っているイメージを与えます。

他の項目は好きなように書いてもいいですが、できるだけ未記入はないようにしてください。
プロフィールの未記入が多いと隠し事が多い=信用できない、となりますから。

セックスフレンドとプロフィール写真

最近は出会い系サイトでもあまり気にせずプロフィールに写真をアップしています。
ですから、セックスフレンドを募集する場合でもプロフィールに自分の顔の画像をアップロードしておくと出会える確率は上がります。
ですが、知り合いに見つかったりすると良くないので、写真は一部加工するなどしてすぐに自分だとは分からないようにしておいた方が安全です。

なお、顔写真をプロフィールにアップしておかなくてもセフレは作れます。
女性の中には慎重な人もいて、そういう人は軽率に顔写真をアップしている人を逆に警戒するので、写真を出すのは良し悪しだといえます。

ただし、「写真ない人は無視します」みたいなことを書いている女性からは返事はもらえません。
そういう女性をセフレにしたいときは、最初のメールに個別に写真を添付して送ってください。

セフレを作るための自己PR文

出会い系サイトのプロフィールには自分で文章を書く「自己PR」や「自由コメント」の欄があります。
ここもしっかり埋めておきましょう。
敬語を使って丁寧な言葉で書いておくと真面目な人だと思われて好印象です。

サイト利用の目的がセフレ作りだけの場合には、自由コメント欄にセフレ募集だと分かるようなことを書いておくのもアリです。
とはいえ、直接的に「セフレ探してます」みたいなことを書いてもよほどのイケメンでないと引かれてしまって逆効果です。

ですから、少し遠回しにセフレ募集中だと書くのがベストです。
例えば、
「お互い癒しあえる関係になれる女子を探しています。」
「実際に会っていろんなことを一緒に楽しめる関係になれる女性を探してます。」
「デートしたり食事を楽しんだりできる人いませんか?彼氏がいる女子や人妻さんでもOKです。」
みたいな感じで書くと、それとなくセフレを探しているような雰囲気を伝えられます。

交際関係で彼女なしにしている人は、
「今彼女はいないですけど、しばらくは彼女は作らなくてもいいかなって考えてます。」
みたいに書いておくと、恋人募集中じゃないけど出会いを探している女の子からメールがきます。

RSS購読する

ページTOPに戻る