ネトナンで女の子とアポが取れるメッセージ例文

ネトナンではメールやメッセージのやり取りをしてアポを取って会うので、メールやメッセージの書き方が重要です。
ネトナンによく利用されていて出会えると定評のあるミントCワクワクメールでも、メッセージの書き方が悪ければ女の子とのアポは取れず、会うことはできません。
逆にいうと、うまくメッセージのやりとりができれば、ルックスなどのスペックに自信がない男性でも簡単に出会うことができます。

ここでは、ネトナンで女の子とアポを取るためのメッセージの例文を流れに沿っていくつかご紹介していきます。
ネットナンパをしているけど女の子となかなか出会えないという人は、ここのメッセージの例文をそのままコピペすると出会えるようになります。

ネトナンの1通目のメッセージ例文

ネトナンでは1通目のメッセージがとても大事です。
どんなイケメンやお金持ちだとしても、1通目のメールの出来が悪くて女の子に無視されてしまって返事がこなければ、そのあとの進展はありませんから。
逆にいうと、ルックスやスペックに自信がない男性でも一番最初のメッセージを上手に書ければ、イケメンやお金持ちに勝つことができ、女の子と出会うことができるのです。

ネットナンパの一番最初のメッセージにも色々な書き方がありますが、スタンダードな書き方だとこんな感じの例文になります。

こんばんは。はじめまして!
(女の子の名前)さんのプロフィールを見て、音楽好きなところが気が合いそうだなと思ったのでメッセージ送ってみました。
ぼくは今彼女がいなくて、一緒に遊びに行ったり、お酒飲んだりできる女の子を探してます。これをきっかけにメールのやり取りからゆっくり仲良くなっていけたらなって思います。
少し自分のこと書いておきますね。
ぼくは28歳で(地域)で(職業)をしてます。スポーツとか好きで結構活動的な方だと思うけど、仲のいい友達からは一緒にいるとリラックスできるとか言われます。
趣味はドライブと(女の子の名前)さんと同じで音楽を聴くことかな。
(女の子の名前)さんはどんな音楽をよく聴くんですか?
では、(女の子の名前)さんからのメール、楽しみに待ってますね!

このメッセージは、相手の女の子のプロフィールに「音楽が好き」みたいなことが書いてあった場合の最初のメール例文です。
メッセージの最初の方で相手のプロフィールに書いてある内容に触れて、そのあとその趣味についてさらに掘り下げる質問をします。

ネトナンではコピペした同じ内容のメールをたくさんの人に送る人がいますが、そういう男性はネトナンでは成功しません。
女の子は自分だけを見てくれる男性に惹かれるので、プロフィールを読んで書いてくれたようなメッセージに好感を持ちます。

実際、この例文は相手の女の子の名前と趣味の部分だけ書き換えればコピペで使えます。
ですが、一部分を変えているだけで特別なメールに見えます。
この例文を使えば、簡単にネットナンパが成功します。

1通目のメッセージのポイント

この例文では、友達口調でなく敬語で話しかけています。
タメ口の方が砕けた感じがするかもしれませんが、初めて会話するのにいきなりタメ口では失礼な人だと感じる女の子が多いです。
またいきなりタメ口だと、敬語も使えない馬鹿な男だと思われることもあります。
ですから、仲良くなるまでは敬語を使ってメッセージを送ります。

出会い系でネトナンする場合にいきなりメアドやラインIDなどの連絡先を聞いたり、自分の連絡先を書いて送ったりする人がいますが、こういう男性は出会えません。
出会い系などのネットの出会いの場では、相手がどういう人か分からないので、女性はとても不安に思っています。
そのため、ある程度やり取りをして信頼関係を作らないと連絡先は教えてもらえません。
しかし、逆にいうと信頼関係を作ってしまえば、そこからは簡単に連絡先交換もできますし、アポもできて会うのも簡単です。
ですから、十分仲良くなるまでは連絡先を聞くのは我慢してください。

それと、この例文では相手の趣味が自分も好きだと書いています。
これは、実際にそうでなくても相手と同じことが好きだと書いておきます。
人間は男性でも女性でも、自分と共通点がある人を好きになります。
ですから、好きなことが同じだということだけで、相手はこちらに好意を持ちます。
それをうまく利用することで、ネトナンの成功確率が大きく上がるんです。

なお、上の1通目のメッセージの例文は一般的なものなので、彼女など恋愛目的の男性は彼女を探しているとはっきり書いた方がいいです。
逆にセックスの相手を探している方は、こんな感じでややぼかした方がうまくセフレをゲットできます。

ネトナンの2通目のメッセージ例文

上のメッセージを送って女の子から返信が来たら2通目のメールを送ります。
2通目のメールもほぼ同じパターンで送れるので、例文をお教えします。

こんばんは、(相手の名前)さん。
お返事ありがとうございます。
(相手の名前)さんとは絶対に仲良くなりたいと思っていたので、お返事をいただけてすごく嬉しいです。
これから宜しくお願いしますね。
(相手の名前)さんは、R&B系がお好きなんですね。ぼくも好きです。感情が揺さぶられる感じがするので、なんだか元気が出るような気がします。
(相手の名前)さんは、特に好きなアーティストとかいるんですか?

2通目のメッセージでは、まず返信をくれたお礼を言います。
そして、返信がもらえてとても嬉しいことまで伝えます。
これで相手はこちらに親近感を持つようになるので、仲良くなりやすくなります。

その後に、自分の質問に対する相手の答えにリアクションをして、またその内容を掘り下げる質問をします。
1通目の質問もそうですが、相手にする質問はYes/Noで答えられる質問ではなく、言葉で答える質問の方が話題が広がりやすいのでおすすめです。

ネットナンパの会話のやりとり

2通目のメール以降は普通に話題を広げながら会話を楽しんで、仲良くなります。
ネットナンパの会話で話題に困ったら女の子との会話の盛り上げ方などのテクニックを参考にしてみてください。

十分仲良くなったらLINEのIDやメルアドなどの連絡先を聞きます。5通以上サイト内でメッセージのやりとりをした方がうまく連絡先をゲットできます。
特に恋愛や婚活が目的の場合は、10通以上サイト内でやりとりしてからラインなどを聞く方が確実です。
連絡先の聞き方はこちらの例文等を参考にどうぞ。

ネトナンでアポを取るメール例文

直接やり取りをするようになるとメッセージのやり取りが自由に、そして頻繁にできるようになるので一気に仲良くなれます。
たっぷりスマホのメールやLINEなどのやり取りをして十分仲良くなりましょう。

充分仲良くなれたら、いよいよアポを取って実際に会います。
実際に会う場合、鉄板なのは食事や飲みに誘うことですが、そのためには事前に好きな食べ物や好きなお店・行きたいお店を聞いておきます。
メールでの会話が一段落したところで、情報を元に次の例文のようなメッセージでデートに誘います。

(相手の名前)さんとメールしてるとすごく楽しいよ。
会って話ししたらもっと楽しいんだろうな。
一回会って話してみたいな。
最近、(店の名前)ってお店が美味しいって聞いたんだけど、一緒に行ってくれる友達がなかなかいないから、良かったら一緒に行かない?
(相手の名前)さんが好きなパスタも美味しいらしいよ。

この例文は、相手の女の子がパスタが好きな場合の例文です。
まず相手を褒めて、一緒にいると嬉しいという感情を伝えて、相手に親近感を持たせます。
その後、食事を口実にして、デートに誘います。
女の子の頭の中では、出会い系で知り合った人と会ってもいいのかという葛藤がありますが、食事という口実を作ってあげることで自分への言い訳ができるので、簡単にアポをOKします。

これでアポができたら、あとは実際にデートして楽しく過ごせば、恋愛でもセックスの相手でも何にでもすることができます。
セックス目的の場合は、こちらで説明しているように事前にエッチな話をしておくと成功率が上がります。

RSS購読する

ページTOPに戻る