出会い系のセフレの作り方とメッセージ例文

セフレの作り方にはナンパや合コン、SNSなどがありますが、出会い系サイトを使った方法が効率や安全性、コストの面でも一番有利です。
しかもミントC!Jメールワクワクメールでは出会える女の子の数が多いので、一人だけでなく複数のセフレを作ることも可能です。

ここでは、出会い系サイトを使ったセフレの作り方とセフレ作りの手順、女の子に一番最初に送るメッセージの書き方と例文をご紹介します。

ベストなセフレの作り方とは?

セフレが欲しいけどどうやって作れば分からないという方も多いと思います。
セフレを作る方法にはナンパや合コン、SNSなどいろいろありますが、一番作りやすくて他への影響が少ない方法は、出会い系サイトを利用する方法です。

というのも、ナンパでセフレを作る場合、ある程度イケメンでないと女性は立ち止まってくれませんし、イケメンであってもトークテクニックないとその先は進みません。
また、路上のナンパ(ストナン)で引っかかるような女性は遊んでいるので病気なども心配ですし、継続的に会ってセックスするセフレにはしにくいのが現実です。
ストナンでのセフレ作りの成功率はかなり低いと言わざるを得ません。

合コンはそれほどイケメンでなくても女の子と話をすることができますが、団体の中で勝ち抜いて他の男性よりも先んじるトークテクニックが必要です。
もしうまくいってセフレができたとしても、リアルの人間関係で繋がっている合コンの場合、セフレがいるという情報がどこからか漏れてしまうかもしれません。
気にしない人なら良いかもしれませんが知り合いに女遊びしているのがバレるのは嫌なものですし、特に既婚男性や彼女がいる場合には、そういう情報が漏れるのは命取りになります。
そのため、合コンでセックスフレンドを作るのは難しい上に危険です。

最近ではtwitterやfacebookなどのSNSを使ったネトナンで出会うというやり方もあるようです。
ですが、SNSはリアルの友人や知人も利用しており、セフレ探しをしていることが知り合いにバレる可能性があります。
また、相手の女性とうまくいかずにこじれた場合など、SNSで繋がりがある友達などに有る事無い事言われるなどトラブルに巻き込まれることもあります。
さらにSNSは本来出会いのためのツールではなく、ツイッターやfacebookの運営会社に出会い行為をしていることを知られると、アカウント停止や強制退会などの措置を取られる可能性があります。
そうなると、リアルの知人との連絡が困難になるなどの支障が生じます。
そして、SNSはそもそも出会うためのツールではないので、出会いを探している女性に当たる確率が非常に少ないです。
誘いのメッセージを送ったりしても空振りばかりで、効率が最悪でしょう。
以上から、SNSでセフレを作るのもおすすめできません。

これらのセフレ作りの危険性を全てクリアできるのは、出会い系サイトを使ったセフレ作りだけです。

出会い系でセックスフレンドを作るメリット

出会い系サイトを使ったセフレの作り方にはいろいろなメリットがあります。

出会い系サイトではリアルで関係ない人と出会える

まず、出会い系サイトはリアルでは全く関係ない人とネットを通じて出会うものなので、誰にも知られずに出会うことができます。
既婚者や彼女がいる男性でも奥さんや恋人に知られずにセフレを作ることができますし、出会い系で出会った相手にも他の人とのやり取りはわからないので複数のセフレを作ることもできます。

出会い系サイトなとリアルで関係ない人と出会えるという点は、職場や学校など普段の生活で出会いがない人にもプラスに働きます。
周りに女の人がいない男性でも、出会い系であればどこかにいる女性と出会うことができるので、セフレを作ることもできるということです。
リアルで関係がないので、もしも関係がこじれてしまっても普段の生活には全く影響がありません。

そして、リアルの生活で全く関係ない相手であれば思い切った行動ができるので、普段とは違う自分を出してセフレ作りが成功したりもします。
女性の側もリアルの知り合いではないということで、素の自分、エッチな自分をさらけ出すことができたりします。
そのため、出会い系サイトではエッチな女性と出会いやすいですし、実際に会ってエッチする場合も、本能のままにセックスの快感を追求することができます。

出会い系サイトは出会いやすくてお金もかからない

出会う効率という面でも出会い系サイトは優れています。
出会い系サイトを利用している女性は、ほとんど全員が出会いを探している人です。
セフレ探しの場合には彼氏探しや婚活目的の女性は狙わないのでその人たちはターゲットから外れますが、それでも狙える女性はかなり多いです。
そのため、出会える確率はSNSや合コン、ストナンなどと比べると段違いにいいです。
出会うための時間もかなり短縮できます。

出会い系サイトを利用するのはお金がかかるような気もしますが、セフレ一人あたりのコストでいうとナンパや合コンよりもかかりません。
出会い系サイトではメッセージ送信に有料のポイントが要りますが、5〜10通もやりとりすれば一人の女の子と出会えるので、セフレを一人作るのにかかるコストは500円くらいです。
しかも、サイトに初めて登録する際には無料でお試しポイントをもらうことができ、それでしばらく遊ぶことができます。お試しポイントで出会えればコストは0円です。

出会い系ではメッセージが上手ければ出会える

セフレ探しに限らず、出会い系で出会う場合には最初はメッセージのやりとりからスタートします。
顔を見ないで文章だけで会話するので、外見は関係ありません。
メッセージの書き方さえ上手ければ、出会うことができるんです。
そして、当サイトでご紹介しているような出会い系の会話テクニックを知っていれば、どんな方でも出会えるメッセージを書くことができます。
つまり、外見などにあまり自信がない方でも、出会い系サイトであれば出会うことができ、セフレを作ることができるということです。

そうは言っても最終的には会うのだからブサイクだと出会えないんじゃないかと考える方もいるかもしれません。
しかし、出会い系サイトはたくさんの女性がいるので、いろんなタイプの人がいます。
その中には外見より内面重視の人も多いですし、セックスが上手かったり一生懸命尽くしてくれるのであればそれでいいという考えの女の子もいます。
出会い系では会う前にメール交換でじっくり会話ができるので、その会話の中で自分と合う女性を見つけて、その人と会えばいいんです。

誰でも出会える、誰にも知らずに出会える出会い系サイトはセフレの作り方に最適のツールだということが分かっていただけたと思います。

出会い系でのセフレの作り方のポイント

出会い系でセフレを作る際のポイントは3つあります。
①セフレにできそうな女の子を選ぶ
②最初は真面目に、慣れたらエッチなメッセージを送る
③エッチをしたら相手を気持ちよくさせる
この3つがクリアできれば、スムーズにセックスフレンドを作ることができます。

セフレにできそうな女の子を選ぶ

出会い系でセフレを作るには、セフレにできそうな女の子を選んでメッセージを送ります。
私は個人的に、セフレ作りで一番大事なのはここだと思っています。

真剣に彼氏や結婚相手を探している女の子や、彼氏に一途で浮気する気が一切ないような女子を誘っても、セフレにすることはできません。
逆に、エッチが好きで、彼氏や結婚のことはそれほど考えていないとか、彼氏や旦那さんがいるけど浮気したい女性などを見つけることができれば、簡単にセフレにすることができます。

ストナンや合コンで女の子のエッチさなどは一目では判断できませんが、出会い系サイトであればプロフィールを見れば相手のエッチさやどういう出会いを探しているかはわかります。プロフの項目でありますから。
そして、そもそも出会い系サイトを利用している女の子は出会いを求めて登録している訳ですから、真面目な出会い希望の人を除けば、あとはほぼエッチできると考えても過言ではありません。

セフレにできそうな女性の見分け方は下のセフレの作り方の手順でも書いていますが、セフレにできるエッチな女性の探し方などでも説明しているので参考にしてください。

最初は真面目に、慣れたらエッチなメッセージ

出会い系では最初の印象が大事です。
ですから、出会い系サイトの出会いで一番最初に送るメッセージである「ファーストメール」はとても重要です。
最初の印象が悪ければ返信をしようとは思わず、返信がこなければメッセージのやりとりはスタートしませんからね。

ファーストメールでいきなりエッチな話を始めたら、いくらその女子がエッチな出会いを探していたとしても引いてしまって第一印象は最悪で、ほぼ返信は返ってきません。
だから、セフレ探しをしている場合でも最初のメッセージは丁寧で真面目そうな、できれば爽やかな印象を与えるメッセージを書いて送りましょう。

そして相手の警戒心も薄れて、ある程度仲良くなってきたら連絡先を交換しますが、エッチな話をするのは少なくともそこまでは我慢した方がいいです。
メッセージのやりとりが続けば、あとでエッチな話はいくらでもできるので、相手がこちらを信用するまでは我慢して普通に世間話などをして関係を深めましょう。

真面目な恋愛の場合には、仲良くなってからもエッチな話をする必要はありませんが、セフレを作る場合には実際に会う前にエッチトークをしておいた方が会った時に初対面でセックスできる確率が上がります。
さらにエッチに拒否感がある女性の場合、メールでのエロトークも拒否するので、エッチできない、セフレにできない女性が会う前に分かります。

エッチで相手を気持ちよくさせる

セフレは継続的にエッチを楽しむ関係です。
女性がそういう関係になりたいと思うためには、そのエッチが気持ちよくなくてはいけません。
それも、他の男性とでは味わえないくらいの快感であればセフレにできる確率は高くなりますし、そのセフレ関係は長続きします。

ですから、出会い系で出会ってエッチすることができたらセックスでは頑張って相手の女性に気持ちよくなってもらうようにしましょう。
女の子の反応を見ながら十分前戯をして女性に尽くしましょう。
特に一番最初のエッチでは、自分が気持ちよくなるのは後回しにしてでも、相手が気持ちよくなれるように、できれば何回もイけるようにするとセフレにできる可能性が高くなります。

そのためにも、女性が気持ちよくなれるテクニックを磨いておくといいと思います。
アダムタッチなど、特に前戯の技術を身につけておくのも有効です。
逆に、AVで見られるような激しい手マンなどは女性は痛いばかりで全く気持ちよくありません。
優しく丁寧なタッチで気持ちいい部分を触ったり、相手の反応を見ながらいい感じの強さでたっぷり舐めたりされるのが女性は好きです。
愛撫にまだ自信がない方は、ローターなどのソフトなおもちゃを用意しておくのも一つの方法です。
挿入するときも相手の反応を見ながら相手の好みに合わせた出し入れをすると気に入られます。

セフレ関係が固まってくれば自分も楽しめるようになるので、最初はとにかく女性に尽くしましょう。
そうすればお返しに相手もこちらを気持ちよくさせてくれるので、いいセフレ関係になれます。

出会い系サイトでセフレを作る手順

上で紹介したセフレの作り方のポイントを応用した、セフレ作りの手順を具体的にご紹介していきます。
この手順を忠実に実行すればセフレを作ることができます。

出会い系サイトに登録する

出会い系サイトの利用を始めなくてはセフレ探しはスタートしません。
利用する出会い系サイトは、エッチな出会いに強いと定評があるミントC!Jメールワクワクメールが確実なところだと思います。
複数のサイトを同時に利用することで早くセフレが見つかるので、時間的に余裕がある方は2つ同時に利用するのもいいかもしれません。

サイトに登録する際に電話番号確認がありますが、これは不正利用を防ぐための形式的なもので、電話番号に電話がかかってきたりすることは一切ありません。
どちらもコンプライアンスやプライバシー保護がしっかりした大手サイトなので安心して利用してください。

プロフィールを作成する

サイトに登録できたら次はプロフィールを作成します。
自己紹介に「セフレ募集中」みたいなことを書きたいところですが、ここはぐっと我慢していかにも普通っぽい真面目そうなプロフィールにします。
その方が実はセフレが作りやすいんです。

いかにもエッチ目的みたいなプロフにしていると、危ない男だと思って引いてしまう女性が多いです。
セフレ探しが目的の女性でも、そういう男性にはなかなか返信しないものです。
ですから、セフレ作りのプロフィールの書き方で紹介しているような誠実そうな普通の男性というプロフィールにしておきます。

そして、興味あることや利用目的のところだけ、「恋人」や「婚活」などの真面目な出会いの項目は必ず外しておきましょう。
婚姻ステータスは「既婚」や「彼女あり」にしておいても問題ありません。セフレには関係ないですから。
ハッピーメールなどのように自己評価で「エッチ度」を設定できるところは、エッチ度を少し高めにしておきましょう。

セフレにできそうな女性を探す

次は女性選びですが、これはセフレの作り方の中で大事なところです。

掲示板で探すのもいいですが、セフレにできそうな女性を探しやすいのはプロフィール検索を使って女性のプロフを見ていくやり方です。
絞り込み検索で絞り込んで、あとは一人一人プロフィールを見ていきます。

セフレにしやすい女性は、簡単にいうとエッチで結婚や恋愛をそれほど考えていない女性です。
具体的な探し方は、興味あることやサイトの利用目的で「結婚」「恋人探し」「婚活」などにチェックが入っていない女性を絞り込み検索します。
年齢や体系など自分の好みを入れて絞り込んでもいいでしょう。

そしてでてきた検索結果を見ていきます。
自己評価のエッチ度が高いとか、体型のバストサイズを書いている女性はエッチな確率が高いので、そういう女性を選んでメッセージを送ります。

それと、既婚女性や彼氏ありなのに出会い系を使っている女性もセフレにしやすいです。
特定のパートナーがいるのに出会い系サイトを使うということは、セックスレスだったり、パートナーとのセックスに満足していないということですからね。
人妻や彼女持ちだと恋愛沙汰にならないのもセフレにいいポイントです。
ただ、相手にバレると大変ですが・・・。

セフレにしやすい女性の探し方はエッチな女性のプロフィールセフレにしやすい女性の特徴なども参考にしてください。

エッチな女性にメッセージを送る

セフレにできそうなエッチな女性を見つけたら早速メッセージを送りましょう。
送るメッセージは、ここでも一見普通の真面目そうなメッセージにします。
いきなり下心全開のエロメールを送ってしまうと警戒されて返信がこなくなるので気をつけてください。

セフレを作る際に使えるメッセージ例文は下のセフレを作るメッセージ例文に2通掲載していますので、参考にしてください。
このままコピペして使ってもいいと思います。

メッセージを送り時間帯は、相手がログインしている時間帯や夜9時から11時の間ぐらいが返信率が高いです。

返信が来たらサイト内でメッセージ交換

女性から返信メールが届いたら、そこからメッセージ交換がスタートします。
まずは相手に信用してもらうため、相手の興味がある話題に関する世間話などで仲良くなっていきます。

いきなり連絡先を聞いたり会おうと誘うのはNGです。
全く面識がない人とやり取りする出会い系では、女性は男性以上に相手を警戒しています。
会話の中でお互いを知り合うことで親近感が湧いて少しずつ警戒を解いていくので、まずは会話を楽しみましょう。
エッチな話もまだしない方がいいです。

メッセージのやりとりがなかなかうまくできないという方は出会い系の会話のテクニック2通目のメッセージの書き方などを参考にしてみるといいかもしれません。

連絡先を聞いて直接メール交換をする

5通から10通程度サイト内でメッセージのやりとりをしたら、LINEのIDやメールアドレスなどの連絡先を聞いてみましょう。
そこまで楽しくメールで会話できていれば連絡先を教えてくれます。
連絡先を聞くメールは連絡先を聞くメッセージ例文のような感じで。

逆に10往復や15往復やりとりをしているのに連絡先を教えてくれない女性はガードが固いので、エッチするのは大変でセフレにはしにくいと言えます。
そこで気持ちを切り替えて別の女の子を探すのもいいかもしれません。

無事連絡先が聞けたら、そこからはLINEのトークやカカオトーク、スマホメールなどを使ってやりとりをして、もっと仲良くなっていきます。
ここぐらいからはエッチな話を始めても大丈夫です。
セフレを作る際のメールでの会話の進め方はセフレを作る会話の進め方などでより詳しく説明しています。

誘って女の子と実際に会う

エッチな話も楽しめるようになり十分仲良くなったと感じたら、いよいよ実際に会ってみましょう。
会おうと誘う際には、食事や遊びなど何か目的を作って会う方が良いです。
エッチ目的で知らない人に会うのに、女性は何か理由がある方が自分に言い訳ができて誘いをOKしやすいですから。
本やDVDやゲームソフトを貸す、という理由でもいいです。

相手がOKしてくれたら、会う日時や待ち合わせ場所を決めて実際に会います。
会う場合には時間厳守で、少し早く着いて相手を待つくらいがいいでしょう。

相手が来たら、まずは会話をして相手の緊張をほぐします。
そこまでメールでした会話から、会話の話題をいくつか考えておくと無言になって困るという事態を避けられます。

エッチして気持ちよくなってもらう

食事や遊びなど目的のことが済んだら、ホテルや自宅に誘ってセックスをします。
待ち合わせ場所や行くお店からうまく移動して利用できるホテルなどを事前に考えておくといいです。

事前にエッチする話をしている場合、かなりスムーズにホテルに誘えてセックスができます。
約束していない場合も、恋愛モードになっていなくてさらに十分仲良くなっていれば自然にエッチすることができます。
上でも書きましたが、エッチでは相手に十分気持ちよくなってもらいましょう。

なお、セフレを作る場合にはセックスする前に「好き」と言ったり付き合うような話をしてはいけません。
「好きだ」などというと女の子が恋愛モードになってしまい少しややこしいことになります。
女の子の中には「私のことどう思ってるの?」とか「私たちの関係って何?」みたいなことを聞いてくる人もいますが、そういう答えははぐらかしましょう。
それでエッチできなければ、そこまでです。

エッチして帰った後のフォロー

出会い系では1回エッチしてそれまで、ということも多いです。
そういう関係の場合、エッチして帰った後はメールの連絡を取らなくなります。

セフレの作り方ではそうならないように、エッチが終わって帰った後も「今日は楽しかった」とか「次はどこに遊びに行く?」みたいなメッセージを送って次につなげます。
それでもう一度会う約束ができれば、セフレにできたと考えていいです。

その後も会話を楽しんで、エッチもお互い気持ちよくなってというのを続けていくと、長続きするセフレの出来上がりです。

セフレ募集のファーストメール例文

出会い系でセフレを作る際にこちらから送る一番最初のメッセージ(ファーストメール)の例文です。
誰でも使えるオールマイティーな例文と、相手に彼氏や配偶者がいる場合の2パターンの例文をご紹介します。

○の部分等に自分の名前や情報、相手の名前やプロフィールの内容を入れてそれをコピペして利用してください。
コピペメッセージはダメだと言われますが、それは全く同じ内容の文面をコピペするのがダメということであって、相手の名前やプロフの内容が反映されたテンプレメールであれば何も問題ありません。

基本的なセフレ作りのファーストメール例文

こんばんは。はじめまして!
素敵な女性との出会いを探して彷徨っていたのですが、○さんのプロフィールを見つけてこの人だと思ってメールさせてもらいました。
○○な○さんと、まずはメールから仲良くなりたいです。よろしくお願いします!
ちょっと自己紹介しておきますね。私は○○といいます。32歳で○○で会社員をしています。好きな食べ物はピッツァです。お進めのお店もいくつかあるので、そのうち一緒に食べに行けたらなと思います。ところで○さんは食べ物では何がお好きですか?
では、超期待してお返事お待ちしてます!

セフレを探しているということを匂わせない基本のファーストメール的な例文です。
セフレを作る場合でも、最初はこういう紳士的なメールの方が好印象を与えられます。
女の子選びの段階でエッチな女性を選んでおけば、このファーストメールからメール交換を始めてもそのうちエッチな話になっていきます。

人妻や彼氏持ちの女性用のメッセージ例文

はじめまして!
28歳で公務員をしている○といいます。
○さんのプロフィールを見て素敵な人妻さん(女性)だなと思ってメールしてみました。ぼくも○さんと同じでスイーツが好きなので、気もあって仲良くできるかなと思います。
ぼくはいま彼女はいないんですけど、しばらくは彼女じゃなくて一緒にいろいろ楽しめる女性を探しています。美味しいものを一緒に食べに行ったり、ドライブしてきれいな景色を見に行ったりもしたいです。
まずは、サイトのメールでいろいろお話しましょう。ぼくは結構マメなのでさみしい思いはさせませんよ!
そういえば、○さんはどういうタイプの男性が好きですか?

このメール例文では「彼女じゃなくて遊べる女性を探している」というところでセフレを探していることをアピールしています。
彼氏がいる女性や人妻だと相手は彼氏じゃなくて遊べる相手を探している場合がほとんどなので、こういうメールでOKです。
セックスフレンドを作る場合に限らず、出会い系で女の子にメールする場合には簡単で答えやすい質問を入れて、相手が返信しやすくします。
人妻や彼氏がいる女性が相手の場合、ある程度突っ込んだ質問でもいいと思います。
もちろん、いきなりエッチな話題はNGですが。

公開日:最終更新:by 出会い系メール例文集 出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る