出会い系で会ってエッチするまでの流れ|出会い系メール例文集

出会い系で会ってエッチするまでの流れ

会ったその日にエッチするには

出会い系サイトを利用すると、会ったその日にエッチすることも比較的簡単です。
ですが、うまく出会い系で女の子と出会っても、どうやってエッチに持ち込めばいいか分からないという方もいらっしゃると思います。
そういう方のために、ここでは出会い系サイトで出会った女性と実際に会ってからエッチまでの流れをご紹介します。
エッチするときの参考にしてください。

なお、出会い系サイトで出会うための方法や連絡先交換して実際に会うまでのやり方は出会い系で出会う方法出会い系で安定して出会う方法などの記事を参考にしてください。

出会い系でエッチする流れについて

出会い系サイトでは彼女や結婚相手を探す真面目な出会いも当然できますが、エッチ目的の出会いもできます。
出会い系を利用している女性の目的もいろいろで、最初からとにかくエッチしたいという人もいれば、とりあえず会ってみて流れによってエッチもしたいという女性もいます。
そのため、出会い系で会った女性とエッチする場合、相手の女性のタイプやそれまでの経緯でエッチするための流れややり方も違ってきます。

彼女作りや婚活の場合

出会い系で彼女を探したり婚活する場合には、会ってすぐエッチするというのはあまりおすすめしません。
真面目な出会いの場合には、まず普通のデートを何回かして付き合って、それからエッチする方がうまくいきやすいです。婚活目的の場合は尚更です。

ですから、出会い系で彼女探しや婚活をされる方は、とりあえずエッチの事は考えず、まずは仲良くなって、それから告白などをして付き合うという手順を踏みましょう。
付き合ってしまえば、特に考えなくても自然にエッチする流れになります。

会う前にエッチする話をしている場合

出会い系サイトにはエッチする相手を探しているエッチな女性も少なくありません。
そういう女性であれば、メールやラインのやり取りの中でエッチな話題に発展しますし、会う約束するのも簡単です。
そして、実際に会う前にメールなどでエッチする話(約束)もすることができます。

会う前に予めエッチをする話をしている場合には、特にエッチに持ち込む流れを工夫しなくても、簡単にエッチできます。
これは会う時間帯にもよりますが、待ち合わせ場所からすぐホテルに直行する場合もありますし、食事などしていく場合もあります。
特に雰囲気作りなどしなくても、「じゃあ、行こうか」くらいでOKです。

会ってからエッチする流れに持ち込むのに自信がない方は、会う前にエッチする約束をしておく方法がおすすめです。
事前にエッチする話をする方法は初対面でエッチする方法エッチ約束メール例文などを参考にしてみてください。

お酒を飲んでエッチに持ち込む方法

夜に面接(出会い系などで知り合った女性と実際に会うこと)する場合で相手の女性がお酒が飲める場合、飲みに誘うとかなりエッチに持ち込みやすくなります。
酔うと会話も弾んで仲良くなりやすく、更にこちらとしても気が大きくなるので思い切ってエッチに持ち込みやすくなります。
女性の側としても酔うとエッチに気分になったり、スキンシップを受け入れやすくなるので、セックスしやすくなります。

お酒を飲んでエッチに持ち込む場合、まずはメールの段階で相手の女の子がお酒を飲むか確認します。
もし相手が酒好きだった場合、どういう料理が好きか等を聞いて飲みに誘う下準備をしておきます。
女の子がお酒を飲まない場合でも、夜食事に誘ってこちらが少し飲めば相手も飲むことがありますし、もし飲まなくてもこちらがリラックスして普段より積極的になることができます。

メールで十分仲良くなったら、実際に会う話をしますが、その際には飲みに行くという目的を設定して誘うと相手もOKしやすいです。何もなくてただ「会おう」だけだとうまく誘えない場合も多いです。

飲みに行くお店は、できたら個室や半個室があるお店を選びます。
これは個室でエッチしようという訳ではなく、ゆっくりと話をするのに個室が都合がいいためです。個室の方がエッチな話もしやすいです。
食べるものは焼肉や鍋などの手がかかるものは避けて、会話に集中するようにしましょう。
お酒を飲むペースは、あまり早すぎず、相手に合わせるくらいがちょうどいいと思います。

相手の女性がいい感じに酔っぱらってきたら、次にどこへ行くか話をします。
次どうするかはその場で考えるのではなく、事前に考えておきましょう。
ですが、その日のうちにエッチに持ち込むためには、どちらかの家かホテルに行く必要があります。
会話の中でエッチな話をしておけば、次の行先の選択肢にホテルと言いやすいので、できればエッチな話をしておきましょう。

エッチな話ができなかった場合、宅飲みやDVDなどを観るという名目で家に連れて行くという手もあります。
家で近い位置に座って話したり飲んだりしているうちに、肩を揉んだりもたれかかったりしてボディタッチを始めて、相手の抵抗がないようであれば、キスしたり胸に触ったりします。
そこまでできれば、あとはどのような流れでもエッチすることができます。

車での会話からエッチに持ち込む方法

出会い系で面接してエッチする場合、お互いの距離が近いほどエッチに持ち込みやすくなります。
その点、車であれば運転席と助手席で自然に隣り合わせで座ることになります。間にセンターコンソールはありますが。
しかも車は密室なので、エッチな話もし放題ですし、場合によってはそのままエッチになだれ込むカーセックスもできます。

ですから、エッチに簡単に持ち込むには、車を使うのがとても有効です。
出会い系サイトで会った女性と一緒に車に乗るには、まずはドライブに誘うのが一般的です。
この場合、漠然とドライブに行こうと誘うのではなく、「○○にサクラを見に行こう」とか「イルミネーションを見に行こう」みたいにはっきりとした目的地を設定して誘いましょう。
なお、昼よりも夜の方が当然エッチに持ち込みやすいので、可能なら夜のドライブがおすすめです。

ドライブ以外でも食事に行って車で送り迎えするというやり方もあります。
この場合、夜になる場合が多いし、相手がお酒を飲んでいた場合、流れも作りやすいです。
ただし、飲酒運転になるので自分はお酒を飲むことができません。

車でエッチに持ち込む方法は二つあります。
ひとつは、雰囲気を見て、「ホテル行こうか」と普通にホテルに誘うやり方。
車の運転中だと相手の顔が見えないので、意外に思い切って言うことができます。

もう一つは、駐車場などに車を停めて話をして、そこでエッチへの流れを作る方法です。
ここでも、マッサージなどのスキンシップやエロ話からエッチへと展開していきます。
夜だと暗い中で話するので、お互いエッチな気持ちになりやすく、結構成功率が高いです。
個人的にはマッサージから胸やお尻を触ってそこからきわどいところまで触り、そこでホテルに誘うやり方がおすすめです。

RSS購読する

ページTOPに戻る