桜対策4・サクラへの対応

サクラをどうする?

ここまでサクラの見分け方について説明してきましたが、相手の女性がサクラだと判明した場合、どのように対処すべきでしょうか。

それは簡単です。
無視して何もしない
これに限ります。

それまでポイントを搾り取られたり、甘い言葉で騙されたりしていた方は仕返ししたいでしょう。
思いっきり罵倒するメールを送ったり、サイトに通報したりしたい気持ちも分かります。
私も昔はそんなことをしたこともありました。

しかし、そんなことで時間やポイントを使うのはもったいないです。
もしメールでも送ろうものなら、相手に更に利益が発生することになります。
まさに相手の思うツボ。
相手は煽ってきて、更にメールさせられることになるかも知れません。
そんな馬鹿なことはないですよね。

ここはその怒りをグッと堪えて、次の女性を探す活動に移りましょう。

相手がサクラだったら心を鬼にしよう

また、サクラである可能性が強いと頭では分かっていても、気持ちのところでひょっとしたらという希望を捨てられず、ズルズルとメールを続けてしまう方もいらっしゃると思います。
優しい方は、返信をやめても届く相手のメールを見てかわいそうになり、また返事をしてしまうこともあるでしょう。

しかし、それも相手の作戦です。
それに、メルアド交換もしてない場合、返信が来ないのにそんなにしつこくメールする女性はいません。
それこそサクラである証拠です。

サクラの特徴に複数当てはまる場合、特に80%の項目に該当する場合は、もうサクラであると思って間違いないと思います。
感情に流されずきっぱり未練を断ち切って、次の出会いに向かいましょう。

その判断を冷静にこなせるようになった時こそ、あなたが本当に出会い系を使いこなせるようになった時です。そうなればセフレなども簡単に作れます。

RSS購読する

ページTOPに戻る