デート後のお礼メール例文

お礼メールをしよう

デートが終わってもそこで気を抜いてはいけません。
デートの後には必ずお礼メールをしておきましょう。
彼女やセフレにしたい場合は特に大事です。

お礼メールをすることで、マメな男だという好印象を相手に与えられます。
几帳面すぎるのはマイナスかもしれませんが、適度にマメなことはマイナスにはなりません。

お礼メールは次のデートにも繋がりますし、そのデートの成果を判断する材料にもなります。

お礼メールのポイント

お礼メールは必ずその日のうちにしましょう。
もちろん家に帰りついた時間が遅かった場合には、次の日でも構いませんが。
家に着くまでに時間がかかる方は帰る途中にメールしてもいいと思います。

お礼メールには、まず「ありがとう」という言葉は必須です。
更に、デートが楽しかったことを伝えましょう。

また、お礼メールの中では相手の女性が無事に家に帰り着いたかを確認する言葉も入れましょう。
相手のことを心配していることを伝えると、優しい男性という印象を与えることができます。

お礼メールに対しての相手からの返信が遅い場合や返信が来ない場合、今までのメールはタメ口だったのに敬語になっていた場合、やたらそっけない場合等はデートが失敗だった可能性もあります。
その場合は気持ちを切り替えて次に行きましょう。

お礼メール例文

お礼メールの例文です。

家に着いて書く場合

○ちゃん、もう家に帰り着いた?俺はさっき無事に帰りついたよ。
今日は会ってくれてありがとう。○ちゃんは写メで見てたよりかわいかったから緊張してしまったけど、とても楽しい時間が過ごせたよ。○ちゃんと話すのが楽しいことを再確認できた。
またご飯食べにいこうね!

別れてすぐ書く場合

○さん、今日はありがとうございました。すごく楽しかったです。○さんは思ってた通りの人で、初めて会ったのにすごく自然に話すことができました。
今日○さんが行きたいって話してた○○にも一緒に行けたらいいな。
○さん、まだ家に帰る途中ですよね?気をつけて帰ってくださいね。心配なので、よかったら帰り着いたらメール下さい。では、また!ありがとうごさいました。
RSS購読する

ページTOPに戻る