出会い系の会話のコツと質問メッセージ例文

更新: by

「出会い系をやっているのになかなか女の子と出会えない」
「出会い系サイトで女の子とメールをするけど、なかなか会話が続かずにメールが来なくなる」

そんな方は、出会い系のメールでの会話のやり取りがうまくできていない場合がほとんどです。
出会い系ではうまく会話のやり取りができさえすれば、女の子と出会うことができます。

この記事では、出会い系で女の子と出会うためのモテる会話テクニックについて、例文を使って詳しく解説していきます。
会話テクニックと同時に、出会い系で出会うための基本的な手順や出会える優良サイト、出会い系の会話でのNG行為など、細かい知識についてもお教えます。

見た目的には全然モテないけど、出会い系サイトで頑張って彼女やセフレと出会った私ゴーヤンが、出会い系でモテるための技術を全力でご紹介します。

この記事は、これだけ読めば出会い系で出会えるようになるというような完全保存版の出会い系必勝法です。
かなり長文になりますので、時間がない方は出会い系サイトで出会うための3つのコツなどメイン部分だけをお読みください。
あとで読み返すためにブックマークしておくことをおすすめします。

この記事のポイント

  • 出会い系サイトでは出会えるサイトを使った上で、メールの会話がうまくできれば出会える
  • 出会い系メールの会話のポイントは「質問」「共感」「ポジティブ」
  • 定番の話題のリストを使って質問メールを送れば、自然に会話が長続きする

出会い系アプリやサイトで出会えない人が出会えない理由

出会い系は男女ともに本気で出会いを探す人が利用するものなので、合コンやストナンなどリアルで出会いを探すよりも簡単に異性と出会うことができます。
しかし、中には出会い系サイトやアプリを使っても全然出会えない人というもいます。

その人が出会えない理由は、まず出会える優良出会い系サイトを使っていないというのが一番です。
そもそも出会えない出会い系であれば、どんなに頑張っても、モテてトークが上手くても女の子と出会うことはできませんからね。
出会えないという人は、当サイトでご紹介しているような大手の人気サイトを使ってみると出会えるようになると思います。

なお、スマホ用の出会いアプリは性質やシステム上どれもあまり出会えないようにできているので、アプリ自体個人的にはあまりおすすめしません。
ネット上の口コミの評判や体験談サイトの評価などは嘘なのであまり参考にしない方がいいです。

出会えないのはメールの会話ができていないから

そして、当サイトでご紹介しているような出会えると定評がある優良出会い系サイトを使っているのに出会えないという方は、メールの書き方が悪いと考えてOKです。

以前私が実際に出会い系で会った女の子何人かに話を聞いたのですが、出会い系で男性から届くメールは酷いものが多いそうです。
自分勝手な話の流れだったり、いきなりエッチに誘ってきたり、会話のやり取りが満足にできていなかったりするそうです。
そんな中で普通レベルのメールのやりとりができれば、それだけでかなりのアドバンテージになるので、出会えるようになります。

とりあえず、このページでご紹介している会話の流れや話題の選び方を参考にして、基本的な出会い系のメッセージやメールでの会話テクニックを身につけてください。
会話に入る前の最初のメール(ファーストメール)はファーストメール例文などを参考にしたりコピペして送れば大丈夫です。
きっとそれで出会い系サイトやアプリでモテるようになって出会えるようになります。

出会い系サイトの出会いの流れ

会話テクニックの前に、出会い系サイトやアプリで出会う場合の基本的な流れを復習しておきましょう。
飛ばしたい方はこちらへどうぞ → 出会い系サイトで出会うための3つのコツ

優良出会い系サイトへの登録とプロフ作成

ネトナンで出会うには、出会い系サイトに登録しなくては何も始まりません。
当サイトで紹介している出会い系は全て登録無料でしかも登録するだけである程度のお試しポイントがもらえて、それでしばらくタダで遊んで出会いを体験することができます。
どのサイトにするか悩む時間も惜しいので、どれでもいいのでとりあえず登録してみて、無料お試しポイントで遊んで自分にマッチするサイトを探してみるのをおすすめします。

出会い系サイトにあまり慣れていない初心者の方であれば、利用者の多いワクワクメールハッピーメールなどがいいと思います。
彼女探しや婚活など真面目な出会いを探している方もこちらの2サイトは探しやすいです。

ある程度出会い系サイトをやった方なら、PCMAXミントC!Jメールもいいと思います。
特にセフレ探しなどエッチな出会いがしたい方にはこちらの2サイトはおすすめです。

サイトの登録する際には電話番号登録が必要な場合があります。
この電話番号登録は不正な二重登録などを防ぐためのもので、入力した電話番号は他の目的に使用されることは一切ありません。
当サイト掲載の出会い系サイトはどれも10年以上運営されていて各都道府県の公安委員会登録もしている大手サイトばかりで、プライバシー保護やコンプライアンスの面でも徹底しているので心配ありません。
安心して電話番号確認を済ませて、出会い系サイトを楽しんでください。

サイトに利用登録ができたらプロフィールを作成します。
プロフィールは女性が必ず見るところなので、記入すべき項目はしっかりと埋めておきましょう。
その方がモテます。
プロフの自己紹介文の書き方などはプロフィールの作り方と自己紹介文例文などを参考にしてみてください。

好みの女の子を探してメッセージを送る

サイトの利用登録が済んでプロフィールが完成したら、いよいよ女の子を探してメッセージを送ります。

女の子の探し方には掲示板で探す方法とプロフィールで探す方法の二つがありますが、早く確実に出会うという点から考えると、プロフィールで探す方法をおすすめします。

サイトのプロフィール検索を使って、自分の好みの年齢や体型、見た目、済んでいる地域などで絞り込み検索をして、出てきた検索結果のプロフィールを見ていきます。
それで気になる女の子がいたらメールを送ります。

恋人探しをする場合には彼女にしたい女の子を選びますが、エッチの相手やセックスフレンドを探す場合には、返信率が高そうでエッチしやすそうな女性を選ぶとセックスできる確率が高くなります。
返信率が高い女性の選び方エッチな女性の探し方などの記事がありますので、出会える女の子を探す参考にしてください。

ネトナンで最初に送るメールをファーストメールと言いますが、出会い系では第一印象がかなり重要なので、気を抜かずにメッセージを書きましょう。
エッチな出会いを探している場合でも最初から下ネタメールは絶対NGです。必ず紳士的なメッセージにしましょう。
メッセージの書き方はファーストメール例文などを参考にしたりコピペしたりすると、出会い系初心者でもモテるメッセージを書くことができます。

最初のメッセージを送って、女子から返信があったらそこからサイト内でのメッセージ交換が始まります。
女性からの返信率は100%ではないので、もし返事がなかったらまた別の女性を探してメッセージを送りましょう。
特に出会い系初心者は最初はなかなか女性から返事がもらえないと思いますので、同時に5人くらいはメッセージを送っておく方がいいかもしれません。
もちろん、それ以上の人数の女性に同時にメッセージを送ってもいいですが、やりとりする相手が多くなり過ぎると一人一人がおろそかになってしまったり、人違いをしてメールしてしまい二股かけているのがバレたりするので、手を広げ過ぎるのは危険です。

サイト内でメッセージのやり取りをして、LINE等の連絡先交換する

ファーストメールに返信が来てメッセージ交換が始まったら、しばらくはサイト内のメール(「サイメ」と呼ばれたりします)でやり取りします。
ここでの会話は、普通に世間話をすれば自然に仲良くなれます。
※このページで紹介している出会い系の会話のコツはここでの会話と、直接やり取りする際の会話についてのテクニックです。

サイメはポイント=お金が必要なので、男性としてはLINEやカカオトークのIDやメールアドレスなどの連絡先を交換して直接やりとりしたいところですが、すぐに連絡先を聞くのはいけません。

出会い系サイトやアプリでは知らない人と出会うのですから、相手の女の子はどんな人なのか不安に思っていて、信用できる相手じゃないとメアドなどの個人情報は教えたくないと考えています。
それなのに、知り合って早々、まだ仲良くなってもいないのに男性がLINEなどの連絡先を聞いてきたら、まず不信感を抱きます。
また、焦っていて余裕がないとか、身体目当てだとか思われてしまいます。
そうなると、連絡先を教えてもらえないどころか、相手に嫌われてしまい、もうメールが来なくなることも多いです。

ですから、目安としては5通から10通程度サイト内のメールでやり取りをして、ある程度気心が知れたところで余裕を持って連絡先を聞くようにした方が安全です。

連絡先を交換したら、ラインやスマホのメールなどで無料の会話を楽しみます。
そして、お互いの親密度を上げていきましょう。

デートに誘って、最終目標を達成する

直接のメールのやり取りで十分仲良くなったら、デート(出会い系用語では「面接」ともいう)に誘います。
実際に会う場合には、食事や遊びなどの何らかの目的を作って誘う方がただ誘う場合と比較して、圧倒的に成功率が高くなります。

女子としては、全く知らないネットで知り合った男性と実際に会うことに対して何らかの心理的な抵抗があります。
しかし、食事やカフェでスイーツを食べる、映画を観にいくなどの理由があれば、それを自分への言い訳にして、誘いをOKしやすくなるんです。

ですから、メールでの会話の中で、相手の好きな食べ物や観たい映画、遊びに行きたい場所などを聞いて用意しておいて、デートに誘う際に役立てましょう。

そして実際に会うことができたら、あとはネットナンパもリアルでの出会いも同じです。
何回かデートして告白して彼女にしたり、お酒を飲みに行ってほろ酔い加減でホテルに誘ってエッチしたりして、ネトナンの目標を達成してください。

以上が出会い系サイトでの出会いの基本的な流れになります。
この流れを何となくでも意識していれば、うまく出会うことができます。

出会い系サイトで出会うための3つのコツ

上の出会い系の出会いの流れの中の、サイト内でのメッセージのやり取りや、連絡先交換後のLINEやカカオ、スマホメールなどでの直接のやり取りの時にする会話で、会話が長続きするためのテクニックをご紹介していきます。

出会い系での会話をうまく盛り上げるためのポイントは
メールに質問を入れる
相手に共感して親近感を持たせる
ポジティブな発言をして好感度をあげる
の3つです。

ちなみに、この3つの会話テクニックは出会い系のメールの会話だけでなく、リアルでのコミュニケーションでも役立つので試してみてください。

質問で会話を盛り上げるトークテクニック

出会い系サイトやアプリのメールを使った会話では、基本的に男性がリードすることになりますが、それは質問をうまく使うことで成功しやすくなります。

質問でサイトやアプリでの会話を盛り上げる

実際に会って話す場合は表情や身振り手振りで、電話の場合も声色や話し方で相手のことが分かるので質問をしなくても会話が盛り上がることもあります。
ですが、メールでのやり取り、特に知らない者同士でやり取りする出会い系の場合には、メールの内容で盛り上げるしかありません。
そこで使えるモテルためのおすすめのトークテクが「質問」です。

質問は、出会い系サイトや出会いアプリに限らず、会話やメールでやりとりする際に話を続けたり盛り上げたりするのにも大いに役立ちます。
こちらから質問をすると相手はそれに答えるので、その答えから話題を発展させていって、また質問してどんどん会話を盛り上げていきます。質問の答えから相手の好きなものや興味あることなどが分かるので、その方向に話を向けていくと、さらに会話を盛り上げることができます。

逆に、こちらから質問を投げかけないと相手は返信メールに何を書いたらいいか分かりません。
会話していても楽しくないですし、そんな人とわざわざメッセージでやり取りする必要もないので、そこでメール交換が終わってしまうことになります。

メールでの質問の話題の選び方

メールで質問したらいいといっても、ただ闇雲に質問しまくればいいというわけではありません。
会話を盛り上げる質問にはいくつかコツがあります。

まず一番大事なのは、Yes/Noで答えられる質問ではなくて、言葉で答える質問をするということです。
具体的な例を挙げて説明します。

Yes/Noで答える質問だとこうなります。

本は好きですか?

↓

はい、好きです。

相手は質問に答えてくれましたが、そこから会話の発展はさせにくいです。

これを言葉で答える質問をしてみます。

どんな本が好きですか?

↓

ミステリーが好きです。

↓

ミステリーが好きなんですね。私も好きです。
どんな作家さんが好きです?

↓

綾辻行人さんが好きです。

↓

綾辻さんですか。いいですよね!私もよく読みます。
綾辻さんの作品の中でどれが好きですか?私は十角館の殺人が好きですね。

↓

私は時計館が好きです。

↓

時計館もいいですよね。
綾辻さんのミステリのどんなとこが気に入ってます?

これだと、ミステリーが好きという答えから話が発展させていけます。
さらに、相手の答えに対して相槌を打ったり、相手と共通点があることをアピールして親近感を高めることもしやすいです。(相槌と親近感については後で説明します)
こういう言葉で答える質問を積み重ねて、会話をどんどん発展させていきます。

相手のプロフィールに音楽が好きだと書いてあった場合、こういうメールのやり取りもできます

プロフ読ませて頂いたんですけど、さやかさんって音楽聴くのが好きなんですね。俺も音楽よく聴いてますよ。
さやかさんはどういう音楽をよく聴かれるんですか?

↓

洋楽を聴いてます

↓

へえ、洋楽聴いてるんですか。かっこいいですね
俺も洋楽聴いてみようかな。さやかさん的にはどのアーティストが一番オススメですか?

↓

テイラー・スウィフトがいいですよ

↓

テイラー・スウィフトですね。了解です!近いうちに聴いてみますね。かなり楽しみです。
海外アーティストのライブとか行ったことあります?

こういう感じで相手の好きなことについて質問すると相手も答えやすいし話が拡がっていきます。
更に、後々この時の会話を元にライブや映画に誘うなど、デートに繋げる事もできます。

言葉で答える質問をするには、5W1Hを考えてみるといいと思います。
5W1Hとは、「いつ(when)」「どこで(where)」「誰が(who)」「何を(what」)「なぜ(why)」「どうやって(how)」です。

これで難しければ、「ど」で始まる質問を考えてみるといいでしょう。
例えば映画という話題だと、「どんな映画が好き?」「どこの映画館によく行く?」「どうして映画好きになった?」「どんな時に映画見に行く?」などが考えられます。
「ど」で始まる質問だと、一つのテーマでもいろいろな質問ができますよね。

メールの質問の話題の例

メールで質問をすればいいというのは分かったけど、どんな話題で質問すればいいか分からないという方のために、代表的な話題とその話題に関する質問を書いておきます。
また、会話の中で相手の好きな話題のヒントを常に意識しながら探しておくのをおすすめします。

  • 好きな映画、好きな映画のジャンル、今までで一番泣けた映画、今までで一番怖かった映画
  • 好きな音楽、好きなアーティスト、特に好きな曲、思い出の曲
  • 好きなテレビ番組、好きな芸能人、昔のテレビ番組で特に好きなもの
  • 読書をするか、好きな本、好きな本のジャンル、好きな作家、本は一気に読むかじっくり読むか
  • 漫画を読むか、好きな漫画、一番感動した漫画、少年漫画は読むか
  • 好きなスマホのゲームアプリはあるか、スマホ以外のゲームはするか、どのくらいハマってるか
  • 旅行は好きか、海外には行ったことあるか、今までで一番思い出の残っている所はどこか、一番遠出したのはどこか、行ってみたいところ、ご当地グルメで何が美味しかったか、今までにもらった変な土産物
  • 好きな季節、夏は泳ぎに行ったりするか、ウィンタースポーツはやるか、好きな天気、寒さや暑さには強いか
  • 好きなスポーツ、好きなチーム、今スポーツをしているか、学生時代に部活してたか、運動は得意か
  • 好きな食べ物、嫌いな食べ物、好きな料理のジャンル、気に入ってるお店、一度食べてみたいもの
  • 酒は飲むか、酒には強いか、どんな酒が好きか、酔うとどうなるか
  • 料理するか、得意料理はあるか、彼氏に手料理作るか
  • 学生時代の得意教科、学生時代の苦手教科、給食の思い出、イベントの思い出

質問するときの注意点、NG行為

これでどういう質問をすればいいかはお分りいただけたと思いますが、質問メールをする時にはいくつか注意点があります。

質問攻めにしない

一つ目は、質問攻めにしないということです。
例えば、

どんな映画が好きですか?

↓

ラブストーリーです。

↓

どんなテレビが好きですか?

↓

ドラマです。

↓

どこの球団が好きですか?

↓

カープです。

これだと、次から次につながりのない質問で質問攻めにしていて、まるで尋問や取り調べをしているようです。
こうなると、相手は息苦しいとか、根掘り葉掘り聞かれているという印象を持ってしまい、会話するのが嫌になってしまいます。

そうならないためには、質問をして答えが返ってきたらその答えに対してまずリアクションして、自分のことも少し話して、さらにその質問に関係する質問をして話題を広げていく、というやり方がオススメです。
これだと質問攻めにしている印象は与えにくいです。

プロフなどで分かることは聞かない

二つ目は、プロフィールに書いてあったり一度聞いたことは聞かないということです。
プロフィールに書いてあるのにそのことを質問されると、相手は「この人私のプロフィール読んでないんじゃないの?」と思います。
また、一度聞かれて答えたのに、それと同じことをまた聞かれると、相手は自分に興味を持たれていないように感じます。
どちらにしても印象は良くありません。

ですから、質問をする時はプロフィールに書いていないか確認したり、前に一度聞いていないか確認してからメールに書くようにしてください。

プライバシーに注意

三つ目ですが、プライベート過ぎる質問はタイミングに気をつけましょう。
まだメールを初めたばかりなのに、彼氏はいるかとかどこに住んでいるかとか仕事は何かとか、個人情報に踏み込み過ぎた質問をすると、相手は警戒します。

どれも気になる質問ですが、プロフィールなどで相手がそこに触れていない場合は、ある程度メッセージのやり取りをして仲良くなってから聞いた方が無難です。
最初は好きなものや好きなことなど、当たり障りのない話題から始めましょう。

共感で相手に親近感を持たせる

人は誰でも孤独を嫌います。
だから、自分のことを分かってくれて「共感」してくれる人に好意を持ちます。
特に女性はそうです。

質問を入れたメールができるようになったら、次は共感を使ってコミュニケーションの中で相手に好意を持たせ、さらに会話を盛り上げましょう。
共感するのは簡単です。相手の言ったことをおうむ返しして、同意するだけ。

共感を伝えるメールの例文

実際にメールの会話の中で共感を相手に伝える場合はこのようなメールになります。
最初は上で説明したように、相手の好きそうな話題での簡単な質問からスタートします。

○さん、好きな食べ物はなんですか?

↓

パスタです。

↓

ぼくもパスタ好きです。一緒んですね。
ぼくは特にクリーム系のパスタが好き。
○さん、パスタのお店で特にお気に入りのところとかあります?

↓

五右衛門が好きです。

↓

五右衛門、美味しいですよね〜。ぼくもよく行きます。
どのメニューをよく食べますか?

こんな感じになります。
相手の興味あることに関する質問なので、相手は会話に乗ってきやすいです。
そして相手がメールでその質問に答えてくれたら、その答えに関して「自分もそうだ」と同意します。

共感にさらに追加して共通点を強調する

ただ同意するだけでは少し弱いので、同意と一緒にさらに自分がそれを好きな理由を付け加えたり、さらにもっと掘り下げた自分の情報を伝えます。
上の例文では相手の答えの「パスタ」に対してもっと掘り下げた「クリーム系のパスタが好き」と続けています。
そうすることで、相手の女性に「ただ自分に合わせているだけじゃなくて本当に好きなんだな」と思わせることができます。

また、同意するときに「一緒ですね!」とか「「趣味合いますね」みたいな一緒であることを強調する言葉を入れると、共通だということをさらに相手に印象付けることができます。

気をつけないといけないのは、同じワードだけ使うとマンネリの印象や、ただ合わせているだけというように思われてしまうので、できれば毎回違う共感の仕方をしたほうがいいです。
同意だけではなく、ほぼ同意だけどちょっとだけ外す、みたいなのをたまに入れてみたり。

例えば、最初は「一緒ですね」、次は「趣味合いますね」、その次は「ぼくはそれも好きなんですけど、こっちも好きです」みたいにちょっと外して、その次には「ぼくもそう思ってました」みたいに完全同意する、という感じで。

出会い系のメールではリアルの会話と違ってメールの履歴がテキストとして残るので、同じような文章ばかり書いていると、相手に気づかれてしまうことがあります。
ですから、同じテクニックを使う場合でも、少しづつ言葉や表現を変えてみてください。

相手の女の子の感情に共感する応用テクニック

ここまでは趣味や好きなものなどに同意して共感を伝えるトークテクニックでしたが、次はメールでの会話が進んで、LINEやメールアドレスなどの連絡先交換を済ませてかなり仲良くなってから使う、もっと深い共感のテクニックをご紹介します。

下記のトークテクニックは、特に彼女(恋人)を作るときや、彼氏がいる女の子や人妻に浮気をさせるときに使うと有効です。

深い共感の会話テクニック例文

深い共感の例文1

○さんって、今彼氏いるんですよね?
彼氏とは仲良いんですか?

↓

彼氏とは仲悪くもないんだけど、最近仕事が忙しいとかであんまり構ってくれないんです。

↓

え〜、そうなんですか。それは本当に寂しいですね。かわいそう。大丈夫ですか?
ぼくなら○さんみたいなかわいい彼女にそんな寂しい思いさせたりしないのに。
じゃあ、彼氏さんとはあまり遊びに行ったりとかはしてないんですか?
どこか最近遊びに行きたいところとかあります?

深い共感の例文2

○さん、今彼氏いないんでしたよね。
前の彼氏さんとはどうして別れたんですか?

↓

はい、今はフリーです。
前の彼氏はあっちが浮気して別れました。
結構長く付き合ってたのに・・・。

↓

そんなことがあったんですか。信じてた彼氏に浮気されるのは辛いですね。
私なら、○さんみたいな素敵な彼女がいたら、絶対浮気とかしないなあ。
前の彼氏さんと別れてからどれくらい彼氏いないんですか?

↓

2年くらい彼氏いないです。
なんだか前のことがあってから、ちょっと男の人が信じられなくて。

↓

そんな辛いことがあったんだから、そうなるのも当然かもしれないですね。
まだ心の傷が癒えてないんでしょうね。かわいそう。大丈夫です?
ぼくが癒してあげられたらいんですけど。
じゃあ、○さん今は恋愛とかあんまり考えられない感じですか?

LINEやスマホメールでやり取りするくらいになると、会話もかなり進んで色々な話題について話していると思います。
そして、恋愛の話などのある程度深い話、プライベートに入り込んだ話などもするようになります。

そういう会話の中で、相手の女性の「寂しい」とか「悲しい」とかいう言葉が出てきたら、その相手の気持ちに対して共感します。
「それは大変でしたね」とか「それは悲しいよね」みたいな感じでいいです。
それに加えて、その後相手を気遣う「大変だね」とか「大丈夫?」みたいな言葉も加えます。

これで、相手の感情に共感したことを表現できるので、上の趣味や好きなことなどの共感よりも、もっと大幅に親密度を上げることができます。
相手の女の子は、「この人は私の味方だ」とか「この人は私のことを理解してくれる」とまで思うようになります。

これをやった後であれば、相手は警戒を解くので、実際に会う誘いにも乗ってきやすくなります。
また、彼氏や旦那さんについての相談という形で、彼氏ありの女子や既婚女性を誘い出すこともできるようになります。

具体的なやり方としては、こちらが質問して答えが来たら、
おうむ返し→同意→共感→自分の情報→次の質問
という流れで返信すれば、とりあえずうまくやり取りできます。
毎回こればっかりだと流石に手口がバレるので、ちょっとずつ変化は必要ですが。

なお、このテクニックの例文の質問は上で解説した「言葉で答える質問」になっていません。
ですが、ラインなどで直接やり取りするようになっていれば、もう自然と話題はお互いから出てくるようになっているので、言葉で答える質問にこだわらなくても大丈夫です。もうメッセージ交換にお金もかからなくなってますし。
恋バナなどの少し込み入った話題になってくると、Yes/Noの質問でないと聞けないものも出てきますからね。

彼氏ありの女子や人妻との会話での注意点

一つ注意することがあります。
恋愛話で共感するテクニックを使う際に、相手の彼氏や配偶者のことを聞くことがありますが、その会話の中で旦那さんや彼氏の悪口を言わない(書かない)ようにした方がいいです。
いくら相手の女性が彼氏や夫の悪口を悪し様に書いていても、「旦那さん最悪ですね」とか「彼氏性格悪いですね」みたいに直接相手の夫や恋人を悪くいうのはいけません。

どれだけ不満を持っていても、まだ付き合ったり結婚生活を継続している間はパートナーです。
そのパートナーを他人に悪く言われるのは、自分もそう思っているとしても気持ちいいいものではありません。
ですから、相手の女性の彼氏や夫についての評価について同意するのではなく、「辛いね」とか「大変だね」のように、相手の女性の気持ちについて共感するようにしましょう。

彼氏アリの女性や人妻が出会い系サイトに登録しているということは、多かれ少なかれそのパートナーに不満があるということです。
中にはサイトやアプリに登録して男性とメッセージのやり取りをしてはみたものの、浮気や不倫に踏み出す勇気まではなかった、という人もいますが、ほとんどの人妻や彼氏持ちの女性は出会い系で知り合った男性と実際に会うところまで進みます。
そして、ヤリモクでセックスしたり、恋愛(婚外恋愛)を楽しんだりします。

最終的には浮気や不倫をするのですが、その過程でうまくやるためにも、女性のパートナーの悪口は書かないようにしてください。
同様に、「子供が言うこと聞かなくって」みたいな家族の愚痴が出た場合でも、決してその家族を悪く書かないようにしてください。
逆に子どもをフォローしてもいいくらいです。

幸せなイメージを与えるトークテクニック

上の例文では、共感に加えてさらにもう一つのトークテクニックをいれてあります。
相手の寂しい気持ちや辛い気持ちに共感した後で、「自分ならそんな寂しい思いはさせないのに」というように、自分ならそんな不幸にはしない、もっと幸せにするのに、というつぶやきです。

共感して辛さを分かってあげた上で、自分ならそんな思いはさせないという幸せなイメージを持たせると、相手の女の子は「この人は私のことを分かってくれる。この人なら幸せにしてくれるかも。」みたいに考えます。

さらにそのやり取りの中で「あなたみたいな素敵な女性を」みたいな感じでサラッと褒めるので、ここも女性の承認欲求を満たすので好印象に繋がります。

これがうまくいくと、短期間で彼女を作ったり、彼氏がいる女の子を浮気させてエッチしたりセフレ(セックスフレンド)にしたり、結婚している人妻に不倫させたりすることができます。
特に彼氏や夫に不満がある女性を落とす場合はこれが必勝パターンになります。
ただ、あまりやり過ぎると相手が本気になるので、不倫や浮気など遊びの恋愛の場合にはほどほどにしておきましょう。

ポジティブな発言で好印象を与えてモテる

このページで解説している会話テクニックのように質問を中心としたメッセージ交換だと自然に相手の話を聞くことが増え、自分の情報を出すことは少なくなります。
しかし、人間のお互いのことを知ると親密度が増すという性質を利用するために、自分の情報も少しずつ織り交ぜて出しておきます。

会話の中で自分が質問をして相手が答えたら、その答えを一度おうむ返しして同意した後で、「ぼくはこれも好きです」みたいな感じで自分の情報を一文サラッと紛れ込ませておきます。
ここからまた相手が会話を広げてきて話題が増えることもあるので、たまに使ってみると会話がうまく回っていくと思います。

ネガティブな発言はマイナスイメージを与える

さて、その自分のことを話すときに気をつけないといけないのが、「ネガティブなことを書かない」ということです。
出会い系サイトやマッチングアプリなどのネトナンのメッセージの会話の中で、もし自分のことを書くことがあったら絶対にネガティブなことは書かないようにしてください。

例えば、会話の中で「どうせ俺モテないからさ」とか「うちの会社給料安くって」とか「俺バカだからさ」みたいなことをいう人がいたら対応に困りますよね。
それに自分に自信を持っていない、持てないというネガティブな姿は、相手にいい印象を与えません。
それはメールでの会話の中でも同様で、ネガティブなことをメールに書いていたら、その人の印象は絶対に良くなりません。

本人は自虐ネタみたいな感じで書いているかもしれませんが、聞いている方はどう反応したらいいか困るし、何よりそんな卑屈なこと言ってる自信がない人に明るい印象は抱きません。

また、自分に対するネガティブな発言だけでなく、「俺は○○嫌い」とか「うちのバカ上司が」「この映画クソつまらん」みたいな何か(誰か)をけなす悪口も相手にネガティブな印象を与えるので、少なくともネトナンでの会話の中ではやめておいた方がいいです。
もしかしたら、相手の女性がそのものを好きなこともありますし。

ですから、話題選びでも「好きなもの」を質問するようにして、「嫌いな映画」などの嫌いなものを話題にしないようにしてください。
ただ、「嫌いな食べ物」についてはそんなにネガティブな印象を与えず、あるある話に発展したりして共感に繋がったりもするので、悪くはないと思います。

ポジティブ発言で前向きな人という印象を与える

このように、ネガティブ発言は印象を悪くしますが、逆にポジティブな発言をする自分に自信がある人には、人間は自然と好印象を抱きます。

ですから、出会い系サイトやアプリでメール交換するときはメールの中でもプロフィールでも、ネガティブなことは書かず、ポジティブな発言をするようにしてみてください。
嘘でもいいので「仕事(勉強)頑張ってます」とか「大好きな趣味があって充実してます」みたいなポジティブなことを書きましょう。
これで、相手に良い印象を与えてモテるようになります。

さらに、相手に対してもポジティブに考えてあげて、意識してたくさん褒めましょう。
褒められるのが嫌いな人はいませんからね。

「メールの文章が丁寧で素敵ですね」「アバターすごく可愛いですね。センスいいなあ」「癒し系っていいですね」みたいに、どんなことでも褒めてあげましょう。
ギャンブルやパチンコが好きという一見褒め難いプロフィールだったとしても、「パチンコが好きなんですか。ハマってることがあって素晴らしいですね」という感じで褒めることができます。

ポジティブ発言をしていると相手も前向きな気分になってきて、会話も盛り上がり、お互い楽しく、仲良くなっていきます。
そうなると、実際に会うのに誘いやすくなったり、関係が深まって告白が成功して付き合うことになったり、あるいは楽しい会話の流れで冗談から簡単にホテルに誘えてセックスできたりします。
出会い系サイトやマッチングアプリの会話のやりとりでポジティブなのは真面目な恋愛目的でもヤリモクの出会い目的でも絶対にマイナスにはなりません。

メールすればするほどモテるようになる

ここまで出会い系サイトやアプリでモテるためのメールのやりとりの三つのコツを説明して来ました。
これらは、すぐにはできるようにならないかも知れません。

ですが、メールを書く時にここでご紹介したメールやLINEでの会話テクニックを頭に入れておいてやり取りを繰り返していけば、必ず身について無意識のうちにモテる会話ができるようになります。
そうなれば、出会い系で女の子と出会うのは簡単になってきます。

仕事でも勉強でも、繰り返して場数を踏めばきっと上達してモテるようになります。色々な面で自身も出てくると思います。
まずはたくさんの人とたくさんメールをして経験を積んで、出会い系サイトを楽しんでください。

かわいくない女の子でもメールしてみる

出会い系サイトではプロフィールに顔写真を載せている女の子もいて、そう言う人はどんな顔か分かりますが、ほとんどの女性はどんな顔か分かりません。
また、顔写真の画像をアップしている女性でも詐欺写メとか奇跡の1枚をアップしている場合も多く、実際に会ってみると全然美人じゃなかったりします。
逆に、プロフにはぽっちゃりと書いてあったり、自分でブサイクだと言っていたけど、実際に会ってみたらかなりの美人だったり、スタイル抜群で巨乳だった、と言うことも少なくないです。
出会い系サイトや出会いアプリを使ったネトナンでは会ってみるまでどんな女性が来るか分かりません。
まあ、それが出会い系の楽しいところでもありますが。

さて、サイト内メールからLINEやスマホのメールなどに移行してやり取りしていると、相手の顔が知りたくなって写真の交換をしたり、会話の中で相手から見たいと言われて交換することがあります。
そして、相手の写真を見てみると、ブサイクだったり、自分の好みとは違う、と言うことも時にはあると思います。

しかし、そこでメール交換をやめてしまうのはあまりおすすめしません。
と言うのも、サイト内でのメールであればお金がかかるのでそこでやめてもいいですが、もう直接やり取りしているのでコストはかかりません。
そして、かわいくない女の子でもメールのやり取りはかわいい女の子と同じなので、メールでのトークテクニックを磨くのには役立ちます。
そのまま、やり取りを続けて好感度を上げるテクニックの練習をしたり、エッチな会話に持ち込む流れを試してみたり、デート(面接)の約束を取り付ける会話をしてみたりして、出会い系メールの技術(スキル)を上げましょう。

そして、実際に会ってみるのもいいと思います。
実際に会ってみて、メールでの会話と同じように話ができるか、ヤリモクなら自然にホテルに誘えてエッチする流れに持っていけるか、などを試してみてください。
ちょいブサくらいの女の子だと、男性としてはあまり緊張しないので会話しやすく、特に出会い系でのネトナンの初心者や女性との会話に慣れていない人にとってはいい練習になると思います。

写真ではブサイクだったとしても、会ってみると思ったよりかわいかったと言うこともあります。
また、実物もそんなにかわいくなくても、ちょいブサくらいなら会話をしているうちにかわいく見えてきて、エッチをしたらもっとかわいく見えてくる、なんてこともネット恋愛あるあるでは比較的多い出来事です。

特に初心者の方や女性に慣れていない童貞の方などは、写真交換をして相手が好みじゃないと分かっても、もう少しやり取りを続けてみてください。
経験を積んでネトナンのトークテクニックやスキルを磨きましょう。

割り切りや業者には注意

できるだけたくさんメールのやり取りをして経験を積んだ方がいいとはいえ、アドレス収集業者や援デリや裏デリなどの業者やサクラ、割り切り目的の女性などとやり取りをするのは何の役にも立たないのでやめましょう。
相手はやり取りすることが目的ではないので、出会い系サイトやアプリでのトークテクニックは磨かれませんから。

そのためには業者や割り切り女子などを見破ることが必要です。
まずサクラですが、当サイトで紹介しているPCMAXワクワクメールハッピーメールなどの大手サイトであれば、そもそもサクラやキャッシュバッカーが存在しないので一切警戒する必要はありません。

次に割り切りですが、割り切りや援交(援助交際)、パパ活などが目的の女性はプロフィールや掲示板の書き込みなどにそれと分かるワード(隠語)が入っているので、それを基準に判断することができます。
割り切りや援助交際であれば「ワリ」「F割」「車内F」「ホ別2」「割り切って」「意味ありで」「助けてくれる人」「円」「サポ」「分かる人」「余裕がある人」「定期」などの割り切りを意味する隠語が入っています。
パパ活での場合も「PAPA活」「パパ探してます」とか「お小遣い」などが入っているので分かります。
もし間違って援交目的の女の子にメッセージを送ってしまっても、早い段階で待ち合わせ場所や金額などの条件についての話題を持ちかけてくるので、それで割り切りだと判断できます。

援デリや裏デリなどの業者も割り切りと同じなのでキーワードで分かりますし、早い段階でお金の話や会う話をしてくるので判断はしやすいです。

アドレス収集業者などの業者を見破る方法

分かりにくいのはアドレス収集業者などの業者です。
業者はこちらのメールアドレスなどの連絡先を聞き出すのが目的で、エッチな人妻や暇でエロい女子大生などを装って、連絡先交換ということでメアドなどを聞き出すのが基本パターンです。
男性に対して女性の側から急にメッセージを送ってきて、「旦那とセックスレスだから」とか「お金持ちの旦那がいるけど年上でエッチがつまらないから」みたいな理由でエッチしようと誘ってきて、こちらのアドレスを聞いたり、相手のアドレス(yahooメールなどのフリーメールが多い)をいきなり教えてきて、そっちにメールしてくれと言ってきます。

もし教えてしまうと怪しい悪質出会い系サイトへの勧誘を中心に大量のスパムメール(迷惑メール)が届くようになります。
「このサイトだと旦那(彼氏)にバレるから、こっちのサイトでやり取りしよう」と他の怪しい出会い系サイトや出会いアプリに誘導する場合もあります。
そこに登録すると、当然高い料金を請求されることになります。

業者の特徴としては、あからさまにエロいプロフィールや、やたらと美人だったりエロかったりするプロフィール写真があります。
また、こちらからメッセージを送ったりプロフに足跡をつけたりもしていないのに、いきなり向こうからエロめのメッセージを送ってくるのも業者の特徴です。

そういう不自然な女性会員がいたら、業者だと判断して徹底して相手にしないようにしてください。

ここで紹介している大手サイトでは運営会社のサイト内パトロールや利用者からの通報で業者だと分かればアカウント停止や強制退会などの処分がされ、それ以上活動できなくなります。
しかし、流石のサイト運営でも業者が活動するまでは見分けることができないので、特に出会い系サイト初心者の方などは業者に遭遇する可能性があります。

出会い系で出会いを探すときは業者や割り切りを常に意識しておいて、効率よく普通の出会いを探せるように実践してみてください。

公開日:出会い系メール例文集出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る