距離を縮める共感メール例文

更新: by
悩む女性

出会い系サイトを使ったネトナンで女性と出会う場合、メールや会話の中で色々な仲良くなるためのテクニックがありますが、その中で重要なのは「共感」です。
共感がうまく表現できれば、女性とすぐに仲良くなって彼女にしたりセフレにしたりすることができます。
この記事では、女性に共感するメールの書き方を例文を使ってご紹介します。

女性とのメールや会話のコツ

出会い系サイトの出会いにかぎらず、女性と仲良くなるにはお互いの気持ちの距離を縮めることが大事です。
気持ちの距離が近くなっていくと、実際に会う話が出てきたり、会って付き合ったりエッチしたりすることができます。

女性とのメールや会話で男性が気を付けないといけないのは「共感」です。

例えばメールで相手の女性が「最近仕事がうまくいっていなくて・・・」みたいな話をしてきたとします。
男性であればこういう時にどうやればうまくいくか考えるので、「どういうことで困ってるの?」とか「こうやったらいいんじゃないかな」みたいなアドバイスをすることが多いと思います。問題解決できれば相手の女性はハッピーになれるはずですから。

しかし、多くの女性はそういう返事では喜びません。
それどころか、「分かってもらえないんだね。もういい。」みたいに機嫌を損ねてしまうことにもなります。

女の子はこういう話をしている時には解決策が欲しいのではありません。ただ共感して欲しいのです。
というのも、人間の脳の仕組みとして、男性は問題解決を求め、女性は共感を求めるようになっているためです。

ですから、女性から何か話があった場合、解決策を提示するよりも共感してあげる方が女性からの印象は良くなり、二人の関係はぐっと縮まります。
問題について何も前進しなくても、ただ共感してあげさえすればOKなんです。

共感して気持ちの距離を縮める

これを出会い系サイトの出会いでのメールのやり取りや会話にも活かしましょう。
女性が何か困っているとか話をしてきたら、とにかく共感してあげましょう。
相手の方から「何か具体的な解決策を示して」と言われるまでは、アドバイスの必要はありません。というか、基本的にアドバイス的な事を言うのはNGです。

共感してあげれば、女性は相手は自分のことを理解してくれていると感じます。
そうするとこちらへ好意を持つようになり、二人の距離もぐっと縮まります。
恋愛をするにしてもエッチの相手にするにしても、これは非常に有効です。

以下、共感するメールの例文をご紹介します。

共感のメール例文

最近仕事でうまくいってないんだ~

↓

そうなの?大変だね~

↓

もう仕事辞めたいよ

↓

そうなんだ。大丈夫?

↓

上司とか同僚との人間関係も微妙なんだ

↓

それは大変だね。上司の人が嫌な人だったりするの?

↓

そこまでではないんだけど、なんだか性格が合わなくて

↓

そっかあ。大丈夫?

↓

うん。とりあえずしばらくはなんとかやってみようかな

↓

うん、そうだね。大変だけど頑張ってね

↓

話聞いてくれてありがとう!すごく気が楽になったよ

この例文を見ると、こちらの返答には中身が何もなく、「大変だね」と「大丈夫?」しか言ってないように思えますが、実際そうです。
相手の苦労に共感して出た「大変だね」と、相手を心配する「大丈夫?」。
これだけ言っておけば女性の悩み相談は何も問題ありません。
あとは、現在の状況をもっと詳しく聞いてみて、それで出てきた答えに対して、「そうなんだ。それは大変だね」みたいに相槌を打って更に深く共感してあげればいいのです。

メールの場合だとある程度時間に余裕があるので、大変だねと大丈夫をうまく使いこなすことができますが、会話の場合にはリアルタイムで返答しないといけないので注意が必要です。
たまに「へ~」だけになってしまったりすると、話を聞いていないと言われて怒られることがあるので気を付けましょう。

公開日:出会い系メール例文集出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る