セフレ募集掲示板でセックスフレンドを作る

セフレ募集に適したサイトの掲示板を使うと、誰でも確実にセフレを作ることができます。

女の子のセフレを作れる掲示板として有名なのは、ミントC!Jメールの「アダルト出会い掲示板」、ワクワクメールの「大人の出会い掲示板」、PCMAXの「アダルト掲示板」の3つです。

これらは大手の有名出会い系サイトなので、安心して利用できますし、利用者も多いので好みのタイプのセフレに出会える確率もかなり高いです。当然ですがサクラもいません。

これらの大手サイト以外のアプリやネット掲示板でセフレを探そうとすると、セフレが見つからないどころかネット詐欺の被害に遭ってしまったりするので危険です。
セフレ探しには安心して利用できる安全なサイトの掲示板を利用した方がいいと思います。

セフレを作るには

メル友を作ったり彼女を作ったりするのと比べると、セフレ探しは少し難しいです。
出会い系サイトを利用している女性の中にも最初からセフレを探しているとはっきり書いている人はそんなに多くないですから。
ですから、男性がセフレを探す場合には利用者数が多くて、しかもエッチな出会いを探している女子が多いサイトを使う必要があります。

出会い系サイト内利用者のうちでエッチな出会いを探している女性の比率は、そのサイトがどういう広告媒体に広告を出しているかによって大きく違います。
例えば、女性ファッション誌などに広告を掲載していれば恋愛や婚活を目的とした女性が増えますし、レディコミやちょっとエロ系の週刊誌に広告を出せばエッチな出会いを探す女性が増えます。
こちらの記事で紹介している出会い系サイトは全て大手の老舗と言えるサイトばかりなので、複数の雑誌などに広告を出しています。
ですが、その組み合わせでサイト毎の利用者層の違いが出てきているんです。

セフレが作れる出会い系サイト

それを考えて、セフレ探しにマッチしたサイトは3つあります。

まずは、ミントC!Jメール
このサイトは利用してみると分かりますが、女性のアダルト掲示板の利用が活発でエッチな出会いが探しやすいです。
エッチな女の子の方がセフレにしやすいので、エッチな人が多いミントCはセフレ探しにピッタリです。
ミントCでは1通めのメール無料など定期的にお得なキャンペーンを開催しているので、そういうキャンペーンをうまく利用すると、効率よくセックスフレンドを作ることができます。

次にオススメなのがPCMAXです。
PCMAXもミントCほどじゃないですが、エッチな女性が多いです。
そして、PCMAXの場合はサイトのシステム的にもエッチな女性を探しやすくなっています。
PCMAXのプロフィールには「裏プロフィール」というのがあって、少し突っ込んだ内容の質問に答えるようになっています。その質問には少し(かなり?)エッチな項目もあるので、それを見ればその人がエッチかどうか、セフレにできそうかどうかが一目で分かります。

最後がワクワクメールです。
ワクワクメールは開設から15年になる超老舗の出会い系サイトです。
利用者数もかなり多く、ハッピーメールと並ぶ大手人気サイトです。
ワクワクメールでは、男性が女の子のプロフィールを閲覧する際にポイントを消費しないので、いろんな女の子のプロフィールを覗くことができます。プロフィールを見るとその人がどういう人か、エッチかどうかを判断できるので、好みのタイプのセックスフレンドを作りやすいと言えます。
ちなみに、当サイトのリンクからワクワクメールに登録すると、通常より500円分多くお試しポイントをもらうことができます。詳しくはこちらで説明しています。

この3つのサイトであれば、どのサイトを使ってもセフレは作れると思います。

ただ、それぞれシステムや特徴、利用者層が違うので、自分に一番合うサイトを探すために複数のサイトを利用してみるのもいいと思います。
どれも登録は無料でその際に無料お試しポイントがもらえるのでそれでしばらく遊んでサイトを試すことができます。
いろいろなサイトを試してみて、その中で一番使いやすいところ出会いやすいところを重点的に使うのが賢い出会い系の使い方です。

ただし、いろいろなサイトを使うと同時に何人かの女性と同時進行でメッセージのやり取りをすることになります。
そうなると、一人一人の女性に全力を注げなくなるので、もしうまくやっていたら良いセクフレになっていたという人を逃してしまうことがあります。
それだと非常にもったい無いので、同時進行する場合もあまり手を広げすぎないように注意してください。

セックスフレンド募集用の掲示板

セックスフレンドは恋人がいたり結婚している人でも作ることができます。
交際や結婚とは関係ない、セックスだけを楽しむ関係ですから。
しかし、恋人や結婚相手を探している人からしてみれば、そういうセフレみたいな関係は受け入れられません。
ですから、真剣な交際相手を探すピュア系の掲示板ではセフレ探しはできません。
結果として、セフレ探しは出会系サイトのアダルト系の掲示板ですることになります。

アダルト系掲示板を利用している人でも、割り切り(援助交際)の相手を探しているような人はセフレにはできません。
割り切りをしている人はお金に困っている人がほとんどなので、お金がもらえないのならセックスなんてとんでもないと考えいますから。
それに、割り切りをしている人は不特定多数の男性としているので病気を持っていたりもらいやすいので、セフレにするのは大変危険です。
ということで、割り切り募集の人しか利用していない「すぐ会いたい」系の掲示板はセフレ探しの掲示板としては使えません。

逆にいうと、アダルト系掲示板で割り切り相手の相手を探している人以外でアダルト系掲示板に書き込みをしている人は全員セフレにできる可能性があるということになります。
メールH用の掲示板などもありますが、メールHがしたい人はうまくやれば実際に会うことができるので、セフレにはできます。

では、具体的にどの掲示板を使えばいいのでしょうか。
セフレ探しに使える掲示板は、
ミントC!Jメールの「アダルト出会い掲示板」の中の「Hな出会い」と「人妻の誘惑」掲示板、
ワクワクメールの「大人な出会いのアダルト掲示板」の中にある「すぐじゃないけど」「アダルト・H」「大人の恋人候補」「既婚者」の掲示板、
PCMAXの「アダルト」掲示板の「スグじゃないけど」「既婚者」「アブノーマル」カテゴリー、です。
ここを使えば、セフレにできる女性が探せます。

掲示板を使ったセフレの作り方

セフレの作り方で一番簡単なのは、彼女がいるプロフィールを作って、彼氏がいる人や人妻にメールして会う。これだけです。

独身で彼女がいないプロフィールで女性にメッセージを送ると、相手は彼女を探しているのだと考えます。
そうなると返信するのは彼氏を探している女の子や婚活中の人になります。

逆に彼女がいるプロフィールだと、恋人探しや真面目な出会いを探している女性は返信をせず、彼女がいても関係ないエッチな出会いを探している女性だけになります。

既婚男性のプロフィールでも真面目な出会いを探している女性は返信しません。
しかし、大人の出会いを探している女性の中には既婚男性と不倫となるとバレた場合のリスクが大きいと考えるので、既婚男性は避ける場合があります。
ですから、結婚はしていなくて交際中というプロフィールでメールするのが、セフレ作りには一番なんです。

メッセージを送るのは、上で書いたサイトのアダルト系の掲示板の割り切り相手を探している人以外の人なら誰でもOKです。
割り切り相手を探している女性は「ワリ」とか「別2」「サポ」「意味あり」「今夜8時から」みたいな分かりやすいキーワードが入っているのですぐ分かります。(詳しい見分け方はこちら。)

セフレにできそうな女性の書き込みを見つけたら、メッセージを送ってみてください。
送るメッセージの内容は、こちらのメール例文にあるような普通っぽい内容がベストです。
いくらセフレ募集でもいきなりエッチな内容だと引かれてしまって返信はもらえません。

返信がもらえたら、あとはサイト内で5通ぐらいメッセージ交換をしてから連絡先交換をします。
直接のメールやラインのやり取りで十分仲良くなったら、メールや電話でエッチな話をします。
そこまでやったら、会う約束をします。これで、80%以上セックスできます。
そして、その最初のセックスでは自分が気持ちよくなることより相手が満足できるようにします。
それがうまくできれば、60%以上の確率でセフレにできます。

80%とか60%とか、ずいぶん確率が低いなと思いましたか?
しかも、メールの返信が来た女の子の中で、さらに最後までやり取りが続いて、しかも会う約束ができた人の中での数字なので、実際には5%くらいになるかもしれません。

でも、5%ということは、20人の女の子にサイトでメッセージを送れば一人はセフレができるんです。
さらに、メールの腕を磨いて返信率が高いメールを書いたり、女性にウケるやり取りができれば、もっと成功率を上げることができます。
セフレがいる人なんてあまりいない中で、これは逆に高い成功率だと思いませんか?
正しいサイトの正しい掲示板を使えば、これができるんです。

プロフィール検索からセフレを作る

ここまで掲示板の女性の書き込みにメッセージを送ってセフレ探しをする方法を紹介しましたが、地域によっては、アダルト掲示板に書き込みが少ない場合があります。
そういう時も諦める必要はありません。プロフィール検索を使えばセフレは作れます。
というか、私は掲示板からのメッセージよりもプロフィールからメッセージを送る方がセフレ作りの勝率がいいです。

このやり方でも、セフレにできそうな女性を探して普通っぽいメッセージを送ることから始まります。

セフレにできそうな女性のプロフィールは機械的に探すのが楽です。
まず、彼氏がいたり結婚している女性の中で、割り切りをしている人を外します。
次に、自由コメントに「連絡先交換はしない」「出会いは探していない」と書いている人も除きます。こういう人は会いにくいですし、もし会えたとしても時間がかかるので効率が悪いからです。
あと、「プロフィール読んでからメールして」とか「何回も足跡つけないで」みたいな文句を書いている人も外します。こういう女性は性格が悪いからセフレにはしにくいですし、もしできてもそういう人と時間を過ごしても楽しくないですから。

以上のチェックをクリアして、さらに自分の好みの年齢やスタイルの人がいたら、メッセージを送ってみてください。
メッセージを送るところからは上で説明したやり方と同じです。

セフレ作りにかかる費用

メッセージを送った人の中でセフレにできる人が5%だとして、その全員と5通ずつサイト内でメッセージ交換をすると全部で100通メッセージを送ることになります。
無料お試しポイントが1500円分くらいあるとしても、3500円くらいはサイトでポイントを購入しなくてはいけないことになるかもしれません。
出会系初心者の方だと、メールのやり取りに慣れるまでに時間がかかってしまって、全部で5000円くらいかかってしまうこともあるかもしれないです。

セフレを作るのに5000円かかる。これは高いでしょうか?

もし彼女だったら、食事代やプレゼントなどで5000円くらいは毎回のデートで飛んで行ったりします。
セフレなら、サイトに5000円使って一人セフレができれば、あとは毎回タダでセックスができます。
しかも、恋人とはできないようなアブノーマルなことも思う存分楽しめます。

さらに、セフレは何人作ってもいいですし、別れるのも簡単です。
決定的に楽なんです。
そう考えると、5000円というのは決して高い金額ではないと思います。

心理学者によると、何かをやらないでする後悔は、何かをやってみて失敗してする後悔よりもずっと大きいそうです。
チャレンジした人は結果が分かっているので納得することができますが、やっていない人は「もしやっていたら・・・」とモヤモヤ考えてしまってその考えからなかなか抜け出せないからです。

もしセフレが欲しいと思ったのであれば、絶対にやってみるべきです。
メールのやり取りがうまくできなかったり運が悪かったりして万が一セフレができなかったとしても、失うのは5000円くらいですし、実社会とは関係ないサイト内のことなので他に失うものはありません。
それどころか、セフレはできないまでも女の子と実際に会えて、単発とはいえエッチはできているので5000円以上のプラスはあると思います。

私が書いていることには嘘はありませんが、少しでもセフレが欲しい気持ちがあるのでしたら、騙されたと思って是非チャレンジしてみてください。

RSS購読する

ページTOPに戻る