出会いアプリやLINEの会話テクニック

更新: by

出会いアプリや出会い系サイトなどを使ったネトナンでは、サイト内のメールやLINEのメッセージのやりとりで女性と仲良くなって、恋愛や結婚、エッチな関係などに発展します。
そして、このメッセージでの会話がうまくできれば、見た目にあまり自信がない男性でも女の子と出会うことができます。

ここでは、出会い系アプリなどで男性が女の子と出会って仲良くなるための会話のテクニックをご紹介します。

当サイトでは色々なテクニックをご紹介していますが、とりあえずこのページだけ読めば会話は上手くなれるように作っています。
少し長文になりますので、じっくりお読みください。

出会い系で女の子と出会える会話のテクニック

出会いアプリで出会えない理由

出会い系アプリや出会い系サイトを利用しても全然出会うことができないという男性のほとんどは、女性とのメッセージのやりとりが全くできていません。
年齢とかスペックが原因で女の子と出会えていないと考えているかもしれませんが、実際はメールが壊滅的にダメなんです。

逆にいうと、出会い系サイトを利用して、ある程度メッセージでの会話テクニックがあれば、どんな男性でもそれだけでモテるようになって女の子と出会うことができます。
出会い系で出会いたいのであれば、正しい会話テクニックを身につけましょう。

なお、ネトナン(ネットナンパ)の会話テクニックといっても、男性も女性もそれぞれ色々なタイプの人がいるので、「これでどういう場合も100%いける!」というものではありません。
ここで紹介している会話の方法が合わなくてうまくネトナンできない男性もいるかもしれませんし、当サイトで紹介している例文だと返事をくれない女性もいるかもしれません。

しかし、このページで紹介しているのはほとんどの男性が、半数以上の女の子とうまく会話できる最大公約数的なテクニックなので、現在よりも女性と出会える確率は上がるはずです。

このテクニックでもなかなか今ひとつうまくいかないという方や、もっとモテモテになりたいという方は、ここの会話のやり方にある程度慣れたのちに、自分なりの改良を加えていくと、より自分に合ったテクニックが出来上がって、さらに出会えるようになると思います。

といことで、特に初心者の方は、最初はこのページで紹介する会話テクニックをよく読んだのち、まずはそのまま素直に実践してみてください。
1発目から大成功ということはないと思いますが、意識して実践していれば何日かできっと結果が出てくると思います。

私がこれまでにネトナンで会った女の子に話を聞いたところ、出会い系で送られてくる男性のメールには、一方的なものだったり、文章の体をなしていなかったり、会話のラリーができなかったりするものがとても多いそうです。
このページで紹介している出会い系の会話テクニックが身について、ある程度のメッセージがかけるようになれば、それだけでかなりのアドバンテージになります。
まずはこのページをしっかり読んで、基本的な会話テクニックを身につけてください。

会話がうまくできればモテる

出会いアプリなどを介した会話で楽しくやり取りができないと、会って話をする時も楽しく話せないだろうと女性は考えます。
出会い系が合うのを前提としている以上、そういう会話が楽しくなさそうな男性よりも、うまく会話ができる人を選びます。

逆にいうと、楽しくメッセージ交換ができさえすれば、出会える可能性がかなり高くなるのです。

出会い系の会話の基本の「き」

落ち着いてメールする

出会い系サイトや出会いアプリで男性が女性と会話する際、「出会いたい!」という気持ちがあまりに強すぎると、それが文面に表れてしまい「ガツガツした余裕のない男性」という印象を与えたり「遊びでエッチ目的」だと思われたりすることがあります。
そうなると、もう出会うことはできません。
ですから、まずは落ち着きましょう。

一通目のメールでも、その後のやりとりのメッセージでも、メッセージを送信する前に一呼吸おいて、自分が書いたメッセージを読み直してみましょう。

十分仲良くなるまでは紳士的な丁寧なメールを書く

出会い系では一度も会ったことがない人と、サイトやアプリを介して知り合うことになります。
もし、全く知らない人がタメ口で話しかけてきたら、あなたはどう思いますか?
失礼な人だと思ったり、あるいは「こいつ頭おかしい」と思って相手にしないと思います。
出会い系でもそうです。まだ仲良くなってもいないのに最初から敬語も使わず友達口調で話しかけてくる男性がいたら、多くの女性は失礼な人だと感じてあまり連絡を取りたいとは思いません。

ですから、しばらくやりとりをして仲良くなるまでは、メッセージは敬語を使って、丁寧な文章で書くよう心がけましょう。
また、挨拶もしっかりするようにしましょう。

なお、稀にこちらが敬語でメールをしても最初からタメ口で返信してくる女の子がいます。
そういう場合には、相手に合わせてタメ口でメールするのもアリです。

関係を深めるのを焦らない

出会い系サイトや出会い系アプリを利用する人は男性でも女性でも出会いを求めています。
そして、どういう出会いを求めているかはプロフィールや掲示板の書き込みを見るとわかるので、お互いどういう目的でサイトを利用しているかは明らかです。
そのため、恋愛でもエッチな出会いでも、最初から手っ取り早く話が進むようなイメージがあるかもしれません。

ですが、あまり焦って付き合う話や実際に会う話をするのは、ネトナンではNGです。
あまり仲良くなってもいないのに会おうと誘ったり、LINEのIDなど直接の連絡先を聞いたりすると、それで相手の感じが悪くなったり、連絡が返ってこなくなったりすることが多いです。

というのも、出会い系に限らずガツガツしている男性は印象が悪いためです。

また、出会い系は全く知らない者同士が出会う場なので、特に女性は相手が変な人じゃないか警戒心が強いです。
そのことを理解できず、いきなり会ったり個人情報を聞こうとしてくる男性は、空気が読めないと思われ、敬遠されてしまいます。

そうならないためにも、メッセージをやり取りしてある程度仲良くなるまでは、連絡先を聞いたり、会う話をしたりするのは我慢してください。
目安としては、5〜10往復程度メッセージのラリーをして、相手のメールも少し緊張が取れてきたくらいでラインIDやメールアドレスなどを聞いて、会う話はお互い冗談も交えて話せるようになってからにしましょう。

出会うために出会い系を利用していることは相手の女性も十分承知してい流ので、お互い楽しくメールやメッセージのやりとりができていれば、必ず会うことができます。
ですから、焦らずまずは会話を楽しむようにしてください。
それがより良い出会いに繋がります。

返信してくれそうな女性を選んでメールする

ネトナンで男性が女性に出会う場合、一番成功率が高いのはプロフィール検索などで好みのタイプでかつ返信をしてくれそうな女の子を探して、自分からメッセージを送るやり方です。
掲示板に投稿している女性にはたくさんメールが来て競争が激しくなりますし、また掲示板に書き込みを頻繁にする女性は割り切り目的だったり、分不相応に理想が高かったりするので出会うのにあまりいい相手とは言えません。
返信してくれそうな女性はプロフィールなどを見ると優しそうな雰囲気でわかる場合も多いですが、詳しい見分け方は出会いやすい女性のプロフィールを参考にしてみてください。

プロフィール検索できになる女性が見つかったら、一通目のメッセージを送ります。
上で説明したように、紳士的で丁寧な言葉遣いでメールを書きましょう。
最初のメール(ファーストメール)の例文も最初の挨拶メール例文などでご紹介していますので、こちらをコピー&ペーストするなどすると初心者の方でも比較的高い確率で返信がもらえます。

そして、女性から返信メッセージが届いたら会話スタートです。

ネトナンの会話の進め方

質問で会話を誘導する

出会い系で出会う相手は、会ったこともない全く知らない人です。
共通の話題もなく、メールを介したやり取りなので相手の表情も分からないので、通常であれば会話は全く弾みません。

そのため、仲良くなりたいこちら側がある程度会話を誘導して進めてあげる必要があります。
会話をうまく進めるのに有効なのが、「質問」です。
簡単な質問をすることで、相手は次のメールに書く内容が決まりますし、こちらとしても質問に対する相手の答えからさらに会話を広げていくことができます。
さらに、お互いの情報を交換して知り合うことで、好意を持つようになる者なので、会話を重ねるごとにお互いに親近感が増していくことにもなります。

実際、全く相手のことを知らないと、どんな話をしていいか分かりません。
そうなると、メールの内容を考えるのが面倒になり、その結果返信したくなくなるということもあります。
そうならないように、質問をすることでこちらから話題を提供して、返信メールを書きやすくするのです。

メッセージでの質問のテクニック

しかし、ただ質問すればいいという訳ではありません。

質問はYes/Noで答えられる質問ではなく、言葉で答えられる質問にします。
具体的には、
映画は好きですか?という質問ではなく、
どの映画が好きですか?や どんな映画が好きですか?みたいな質問をしたほうがいいということです。

というのも、「はい」や「いいえ」で答える質問だと、そこからあまり話題が広がっていきません。
それに対して、言葉で答える質問であれば、質問に対する相手の答えを受けて、そこから話を広げていくことができます。

例えば、

○さんって、どんな食べ物がお好きなんですか?

↓

私はカレーが大好きです。

↓

ぼくもカレー好きで、よく食べてます。
カレーにもいろいろありますけど、どのカレーが好きです?

↓

私、インドカレーもいいし、タイカレーも好きですね。

↓

タイカレーいいですよね。ココナッツミルクでこってりしすぎないのにコクもあって。
インドカレーもよく食べます。しっかりめに焼いたナンにつけて食べるのが好きです。
○さん、よく行くカレーのお店とかあります?

↓

私は○○にある○○ってお店によく行ってます。
そこのお店のバターチキンカレーがすごくいいんですよね〜。

↓

○○ですか。
まだ行ったことないけど、美味しいらしいっていう話はネットとかで見ました。食べに行ってみようかな。
○さん、カレーは結構辛いの食べるんですか?最高どれくらいの食べました?

みたいな感じで、前の質問の答えから相手の好きそうな方に話題を向けて、次の質問をしていきます。
これであれば会話は途切れることはありませんし、相手の答えから相手の好きな方向性もわかるので、相手の興味がある話題にシフトしていくことができます。

さらに相手の情報が分かるので、仲良くなってからデートに誘う際に何をするか、どんなものを食べに行くかなどの参考にすることもできます。

言葉で答える質問は、学校では5W1Hと習いましたが、簡単にいうと「どの」とか「どれ」「どんな」などの「ど」で始まる疑問文にすると言葉で答える質問になります。

メッセージの質問の話題の選び方

質問で会話を誘導していくわけですがそうなると何を話すかの話題選びも重要になります。
相手が全く興味ないことであればいくら質問しても答えにくいですし、会話にも興味が持てません。
ですから、相手の女の子が興味ありそうな話のネタを選んで、それについて質問をしていくのがベストです。

相手の女の子が何に興味があるかは相手の女性のプロフィールを見るとよくわかります。
趣味や興味あること、自己紹介文などを読んで、相手の興味あることを調べて、そのことに関係する質問をしましょう。
話の中で直接何が趣味か聞いてしまうのもアリです。

プロフィールに何も書いていない女性もいますが、女性は食べ物の話や恋話が好きなので、好きな食べ物についての質問から初めていくとうまく会話が進むのでおすすめです。
特に恋話をすると、相手の女の子の恋愛観や男性経験、今の交際相手や配偶者(人妻の場合)の情報が取れるので、その女の子の攻略にも役立ちます。
彼氏や旦那さんに不満があるようであれば、そこから「自分だったらそんな思いはさせないのに・・・」みたいな話をして、自分の印象をよくするテクニックにも使えます。

下ネタは仲良くなるまで厳禁

出会い系サイトではエッチ目的の出会いセフレ(セックスフレンド)を探すこともできます。
そういう出会いを探している男性の中には、最初のメールからエッチな話をしてしまう男性がいます。
当然ですが、そういう男性に返信してくれる女性はいません。
エッチな出会いを探している女性だとしても、最初からエロ話をしてくる下心全開の男性とは会いたくもないし、話をするのも嫌がります。

ですから、大人の出会いを探す場合でも、十分仲良くなるまでは下ネタはあまり話題にしないようにしてください。
エッチ目的の出会いではなく、彼女募集や婚活目的の方は、メールでは一切エッチな話はしない方がいいです。

共感のリアクションで好印象を与える

上で出会い系のメールの会話では質問をして話題を広げて話を盛り上げると書きましたが、あまり質問ばかりしていると質問責めになってしまい、相手は尋問されているような気持ちになります。
私も出会い系に慣れていない頃、相手の女性から「尋問されてるみたいで疲れる」と言われたことがありました。

そうならないために、一方的に質問している感じにならないようにします。
具体的には、①リアクションを入れるのと、②こちらの情報の提供です。

上の会話の例文では、相手に質問して答えが帰ってきたら、「ぼくも好きです」とか「いいですよね」みたいなリアクションをしています。
これは相手の答えをしっかり聞いていることをアピールすると同時に、女性に共感していることも表現できます。

基本的に女性は「共感」というのを非常に大事にします。
女性は男性以上に孤独が苦手なので、人に共感されることで自分は一人じゃないということを感じて満たされます。
女性が会話に求めるのも、ほとんどが共感で、ガールズトークや井戸端会議は内容はなくて他の女子に共感してもらうためのものです。

ですから、出会い系での会話でも女性に共感することで、相手は満足しますし、しかも同意してくれた男性に対して親近感を抱きます。

出会い系での会話では同意のリアクションだけでも十分なのですが、さらに自分の情報を教えることで、知り合うことによる親密度アップも図ります。

具体的には、相手がこちらの質問に答える返信メッセージが届いたら、
①相手の答えへの共感、同意するリアクション
②その質問について、自分の情報を教える
③相手の答えからさらに掘り下げた次の質問
という形で返信をすれば、特に問題なく会話のラリーは続いてきます。

とはいえ、相手の答えに同意してばかりだと合わせてばかりだということがバレてしまうので、時には違う意見も入れておきましょう。

もっと仲良くなるための応用テクニック

褒めて好意を伝える

恋人探しや婚活目的などの真剣交際希望の場合も、セフレやワンナイトラブなどの遊びの出合い目的のネトナンの場合でも、相手の女性に好意を持ってもらわなくてはなりません。
相手に恋を持ってもらうのに効果的なのが、「褒める」ことです。

女性だけでなく男性も褒められると嬉しいものですが、特に女性の場合は効果的で、ちょっとしたことでも褒めることで喜んで、こちらに好意を持ってくれるようになります。
ですから、ちょっとしたことでいいので、メール数往復で1回程度でいいので、相手の女性を褒めてみてください。

上のカレーの例文で例をあげるなら、「バターチキンカレーを選ぶなんて、本格的ですね!」みたいなのでOKです。
本当に何気ないことでいいので、褒めてみましょう。効果抜群だと思います。

もし何も褒めるところが見つからない時に使えるのが、

○さんと話しているととても楽しいです!

です。
誰にでも使えるので、おすすめします。試しに使ってみてください。
ただし、ある程度やりとりをしてから使ってくださいね。

良い方に誤解して会話を盛り上げる

出会い系に慣れてくると、質問メールでも少し変化をつけることができるようになります。

私がよく使うのは、正確には表現できないですが、相手のことを良い方に誤解して、それを質問にかぶせたり、それをもとに質問する、というものです。何言ってるかよく分かりませんよね?自分でもよく分かりません(笑)

例文で表現すると、

○さんって、メールの感じからするとしっかりしてそうだから、料理とかも上手なんでしょうね。
得意料理とかあります?

↓

そんな、料理上手とかじゃないですよ(笑)
パスタとかはよく作りますけど。

↓

パスタですか!いいですね。
○さんが作ったパスタなら、きっと美味しいんでしょうね〜。

みたいな感じや

今までメールした感じだと、○さんって優しくてしっかりしててすごく素敵な女性ですね。
かなりモテるんじゃないですか?

↓

いやいや、全然モテないですよ〜。
でも、褒めてくれてありがとうございます。

↓

○さん、モテそうだけどな〜。周りの男性の見る目がないのかもしれないですね。
今彼氏はいるんですか?

みたいな感じになります。

相手の女性を良い方に誤解というか勘違いして、その妄想を表に出して質問したりするという方法です。
このメールでは自然と相手を褒めることになるので、相手の女の子はまず喜びます。
その妄想が当たっていても外れていても、少なくとも男性がその女性にいい印象を持っていることはアピールできます。

相手の返信が照れているような文章だったら、このテクニックが成功したと思ってOKです。
やり過ぎは禁物ですが、適度にいい方に誤解したメッセージを送って、親密度をあげていってください。

たくさんメールしてテクニックを磨く

出会い系に限らず、ビジネスメールでも作文でも、文章は基本的に書けば書くほど上達します。
もしすぐに出会いアプリで出会えなくても、このページで説明しているテクニックを意識しながら何人もの女の子にメッセージを送ってやりとりをしていけば、メッセージのやりとりが上手くなって、きっと上手く出会えるようになります。
そうなると、好みのタイプの女の子と会えるようになって、素敵な彼女が作れるようになったりするものです。

特に初心者の方は、萎縮せずに自信を持って、どんどんメッセージを送って、会話のテクニックを磨きましょう。

公開日:出会い系メール例文集出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る