敬語からタメ口への移行と電話、写メ交換に誘うメール例文

更新: by

出会い系サイトで知り合った女の子とメールのやり取りをして仲良くなってくると、敬語をやめたくなる時がきます。
ラインやメールでは物足りず電話で話したくなったり、相手がどんな顔なのか見て見たくて写メ交換をしたくなったりもします。

この記事では、出会い系サイトで仲良くなった異性との会話の敬語からタメ口(友達口調)への移行と、電話に誘うメール、写メ交換を持ちかけるメールについて、例文を使って書き方を解説しています。

敬語からタメ口への移行の方法

出会い系サイトで知り合って、メールを始めた最初の頃は紳士的な安心できる男性と思わせるため、敬語でメールした方が無難ですが、仲良くなってきたら友達口調(タメ口)に変えて親近感を醸し出すのも一つの方法です。
それに、敬語よりタメ口の方がフランクに会話ができますし、口調が違うだけで仲良くなった感じもします。
ですから、メッセージ交換がある程度続いて仲良くなってきたら、敬語からタメ口に移行しましょう。

なお、相手が最初からタメ口でメールしてる場合それに合わせていきなりタメ口でも問題ないと思います。
逆に会う時までは敬語で会って仲良くなったら友達口調に帰る人もいますし、、更には会ってからもずっと敬語の女性もいます。
その辺りは、相手に合わせたり自分のやりやすいようにやればいいと思います。

敬語からタメ口に変わるメール例文

とりあえず、メールのやり取りの中で敬語からタメ口に移行するためのメールのやり取りをご紹介します。
何パターンかあるので、自分のやりやすい例文を使ってみてください。

自然にタメ口に変更する例文

※まず、敬語にタメ口を混ぜたメールを送信する

↓

そういえば、ぼくのさっきのメール、敬語じゃないとこがありましたね。
ごめんなさい。
あ、敬語よりタメ口の方が仲いい感じがするし、よかったらお互いもう敬語やめにしませんか?

この敬語をやめる例文では、最初にわざと敬語にタメ口を少し混ぜたメールを送って、それをきっかけにして敬語をやめようと誘います。
このやり取りからタメ口に移行すると、お互いに慣れるまで敬語とタメ口がメールの中で混ざることが多いです。
そういう時は、「あ、また敬語使ってる(笑)」みたいに突っ込んであげるといい雰囲気になったりします。

相手を気遣う感じで敬語をやめる

○さん、敬語でメールするのって、堅苦しくて疲れません?
文字数も多くなるし(笑)
よかったら、これから敬語やめませんか?
タメ口でメールして、○さんともっと仲良くなりたいな〜。

敬語は堅苦しい感じがするし文字数も多いから相手に配慮して敬語をやめる例文です。
最近は直接やり取りする時はラインを使うことが多いので長文になることはそう多くはないですが、ラインであってもタメ口の方が会話しやすいです。

相手が年上の場合の敬語のやめ方

○さん、ぼくより年上なんですから、敬語使わなくていいですよ〜。
これからタメ口でメールしてください。
いっそのこと、「○(自分の名前)、○○しろ!!」とか命令しちゃっていいですよ(笑)

↓

じゃあ、お互い敬語やめましょうか。

↓

じゃあ、お言葉に甘えてぼくも敬語やめますね。
これからタメ口でよろしくお願いします。
・・・じゃなくて、よろしくね!(笑)

出会い系サイト初心者の方の中には、相手が年上の場合だとずっと敬語でメールしないといけないと思う人がいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
ある程度仲良くなったら敬語をやめてタメ語にしても問題ありません。
実際、年の差があってもタメ口にした方が親密感が出ます。

ですが、相手が年上なので、敬語をやめるのをこちらから提案する場合には一応相手に聞いてみた方が丁寧で好印象です。
まあ、実際は敬語じゃないとダメという人はいないと思いますが。

ここまで敬語からタメ語に移行するメールの例文や書き方を紹介してきましたが、別に断らずに敬語とタメ口を混ぜていって、自然な感じでタメ口になるという方法でも何も問題はありません。
それに合わせて相手も友達口調に変わっていくと思います。

出会い系で電話に誘うやり方

出会い系サイトを使ったネトナンではメールのやり取りで仲良くなるのが一般的ですが、メールである程度仲良くなったら電話をするという方も少なくありません。

電話はメールと違って、短時間でたくさんの情報のやり取りができるので、電話1回でメール10通分以上の会話を交わすことが可能です。
また、相手の声や間などから相手の気持ちがメールよりもよく分かるので、デートに誘うなどの少し難易度の高い内容でもうまく話を進めることができます。

そして何より、電話だと相手の声を聞くことができ、同じ時間を共有しているという感覚から、お互いに親近感が湧くので一気に関係が進展します。
電話してから、女性からのメールの頻度が上がったり絵文字が増えたという話もよく聞きます。
ヤリモクなどのエッチな出会いを探している場合であれば、電話で話ができれば、そのままメールエッチを超えてテレフォンセックスをすることもできます。

最近ではラインやカカオトークを利用している人が男性女性ともに多いですが、ラインやカカオの無料通話機能を使うとお金を使わずに電話で会話することもできます。
そして、テレビ電話昨日まで使えば、相手の顔を見ながら話をすることもできます。
そうなると、下で説明する写メ交換も必要なくなります。
ラインやカカオによって、ネトナンで電話に誘うメリットがますます大きくなってきています。

実際、出会い系を使ったネトナンでも電話は非常に有効なツールだと思います。
電話でうまく話せそうな方は、メールだけでなく電話も使ってみるといいでしょう。
もちろん、電話で話をするのが苦手だという方もいると思うので、そういう方は無理に電話で話す必要はありません。メールやラインのやり取りだけでも十分仲良くなれますし、実際に会って付き合ったりエッチしたりできますから。

この項では、出会い系で女性を電話に誘うためのメールの例文を紹介します。
電話に誘うのはそれ程難しいことではないので、例文は少ないですが。

ネトナンで電話に誘うメール例文

ストレートに電話に誘う例文

○さん、もしよかったら電話してみない?
○さんの声聞いてみたいし、もっとたくさん話したいな。

これはシンプルに電話に誘っています。
相手がかなりの人見知りだったり恥ずかしがり屋でもなければ、このくらいの簡単なメールで電話に誘うことができます。

なお、LINEやカカオの場合には電話番号を聞かなくても無料電話ができますが、だからと言って無断で電話をかけるのはよくありません。
出会い系で知り合うのは全く知らない人ですし、そういう知らない人と電話で話すのは少し心の準備が必要です。
電話に誘うメールによって相手に心の準備をする時間を与えることで、電話での会話がいい感じで進みます。
逆に、いきなり電話をかけると相手が驚いてもうメールの返信がこなくなる場合もあります。
ですから、電話をかける前には、相手にメールで了解を得てからかけるようにしましょう。

褒めてから電話へ誘う例文

○さんとメールするのすごく楽しいです。もっとたくさん言葉のやり取りができたらいいんだけど・・・。
あ、もしよかったら電話で話してみませんか?○さんの声も聞いてみたいな。

出会い系での出会いに限らず、人間は褒められると嬉しいものです。
この例文ではまず相手を褒めていい気分にさせてから電話に誘って、OKを取りやすくしています。

褒めてから電話に誘う例文その2

○さんとメールするのって、すごく楽しい。○さんのメールってすごく優しい感じだし、すごく分かりやすいからいつまででもメールしていたくなるよ。直接話したらもっと楽しいんだろうな〜。
○さんって、電話するのって苦手だったりする?もしよかったら少しだけ電話で話してみない?

電話で話すのが苦手な女性もいるので、この例文では一応それに配慮した上で電話に誘います。
この例文でも上のものと同様、相手を褒めてから電話に誘っていますが、相手の良いところをあげてより喜ばせるような文章にしています。
相手を褒める言葉はこの例文では「優しい」としていますが、「頭がいい」でも「話が面白い」でもなんでもOKです。

段階を踏んで誘う例文

○さんって、初対面の人とでも結構話できる方?それとも、人見知りしてなかなかうまくしゃべれない?

↓

人見知りとかしないで話せるよ

↓

そうなんだ。俺も初対面の人でも最初から普通に話できるよ。
○さん、電話で話すのとかは苦手だったりしない?

↓

電話も大丈夫だよ

↓

そっか〜。
○さん、もしよかったらちょっと電話で話してみない?

かなり回りくどいですが、慎重な相手にはこの例文のようなやり取りで電話に誘ってみてください。
相手が人見知りだったり、電話が苦手だったりして難色を示した場合には、無理に電話に誘わず誘わず別の話題に切り替えましょう。

なお、相手が初めての人と電話で話せても電話したくないという場合には、まだ十分仲良くなっていなかったり、まだ相手に信用されていないという指標になります。
そこからは相手を信用させるようなメールをするようにしましょう。

出会い系での写メ交換の誘い方

ネトナンではメールしている相手の体型も気になりますがどんな顔かも気になるものです。
そういう場合には写メ交換をすると相手のルックスが一目瞭然で分かります。

しかし、この写メ交換は自分の顔や見た目が相手の好みでなかった場合メールが来なくなる可能性がある諸刃の剣にもなる危険なイベントです。
顔に自信がない私は、相手から言われない限り写メ交換はしないようにしています。

実際ルックスに自信がなくても、メールの内容で惹き付けて会ってしまえば、あとは場の雰囲気と話術で何とかなるんですよね。
それに、相手の写真を見ないまま会う約束をして、会うまでどんな女性か分からない、というドキドキ感とスリルもいいものです。ネトナンならではの楽しみです。

というように私は余り写メ交換はしないのですが、体型等の情報から相手にけっこう不安がある場合はこちらから写メ交換を申し出ることもたまにあります。
そして、余りそそられない時はキープに回してメールの頻度を下げたりしていました。
でも、そういう時に限って相手がやたら積極的になってたりするんですけどね(笑)

少し横道に逸れましたが、この項では出会い系で写メ交換をするためのメールの書き方をご案内します。

写メ交換に誘うメール例文

髪型の話から写メ交換に誘う例文

今日はちょっと美容室行ってきました。
もうすぐ夏だし、サッパリしようと思って。
○さんはどんな髪型なんですか?
結構長かったりします?

↓

私は○○にしてますよ。

↓

へえ、○○(髪型)なんですか。いいですね〜。
俺、○○(髪型)の女の人ってかなり好きです。
○○(女性芸能人)も同じ感じですよね。
ぼくの中の○さんのイメージが○○に近くなってきました(笑)○さんがどんな感じか見てみたいな〜。
もしよかったら写メ交換してみませんか?
もちろん俺から先に送りますよ!

↓

写メ交換、いいですよ。
私かわいくないですけどw

↓

いいんですか?ありがとうございます!
じゃあ、早速俺から送ります。
ほんっとに期待しないで見てくださいね。いくら変でも爆笑したりしちゃダメですよ(笑)

この例文では髪型をきっかけにして相手の写真を見せてもらうためのやり取りをしています。
最初髪を切ったことから会話を初めていますが、いきなり相手の髪型を聞く形でも問題ありません。
また、髪ではなく服の話などから「どんな感じの服着てるのか見たいから写真見せて」と写真の交換に誘う方法もあります。

なお、写真の交換をする場合は、最初に言いだした方から先に見せるのがマナーです。
ですから、あまり見た目に自信がない場合は写メ交換を自分から誘うのは少しリスクが大きい時もあります。

芸能人の話から写真を見せてもらう例文

○さん、好きな男性芸能人とかいるんですか?

↓

○○さんが好きです。

↓

おぉ、○さんが好きなんですか。いいとこ突きますね〜(笑)
俺は○○さんが好きです。○○なとこがいいんですよね〜。
そういえば、○さんは芸能人とか誰かに似てるとか言われることあります?
俺は犬に似てるって言われます。芸能人、ていうか人間じゃないですけど(笑)

↓

私、たま〜に○○さんに似てるって言われます。

↓

へえ、○○さんに似てるんですか。いいな〜。
○さんに益々会ってみたくなりました。
あ、よかったら写メ交換とかしてみませんか?もちろん俺から先に送ります!

この例文では誰に似ているという話から写メ交換に持ち込みます。
サイトによってはプロフィールに誰に似ているとか書くところもあるので、その情報が先に分かっているともっと手順を短縮して写真を見せてもらうこともできます。

誰に似ているか聞いてから写真を見せてもらった場合には、写真を見た後のメールで「確かにちょっと○○に似てるね」などとそのことに触れておいた方がいいです。
また、誰に似ているかからスタートしていない場合でも、写真を見た後は「想像してたよりかなりかわいい」みたいな感じで軽く褒めておくと、その後も特に問題なくメールのやり取りができます。
ただし、全然かわいくないのにあり得ないくらい褒めてしまうと、相手も嘘だと気が付いて感じが悪くなるので、やりすぎには注意しましょう。

公開日:出会い系メール例文集出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る