F割、車内Fの意味とやり方とやれるおすすめの出会い系サイト|出会い系メール例文集

F割り、車内割りの意味とやり方

F割り」とはフェラチオだけの割り切り(援助交際)のことで、「車内F割り」とは車の中で口だけで抜くてっとりばやい割り切りのことをいいます。
つまり、お金を払って女性に口で抜いてもらうことです。

F割りや車内F割りを含めた割り切りの相手を探すには、ミントC!Jメールワクワクメールなどの大手出会い系サイトのアダルト系掲示板の「今すぐ会いたい」カテゴリなどを利用するのが一番です。
そこを利用すれば、女性でも男性でも簡単かつ安全に割切りやF割りの相手を探すことができます。
※なお、PCMAXやミントC、ハッピーメールなどを利用すれば、お金を払わなくてもセックスできますが・・・。
割切りや車内エフ割の具体的なやり方はこの記事とは別にこちらで詳しく説明しているので参考にしてみてください。

F割りの意味

「F割り」の「F」はフェラチオのことで、「割り」というのは割り切り(援助交際)のことです。
ですから、F割りというのは口だけでする援助交際ということになります。
「Fのみ」「口割り」「F援交」なども同じ意味の隠語です。

「援助交際」というと、女子高生や女子高生などの未成年の若い女の子がするものというイメージがあるかもしれませんが、実際に出会い系サイトなどで割り切りやF割りで会う相手を探している女性は、10代から30代や40代まで幅広いです。
生活に困って割り切りをしている人もいれば、遊ぶお金欲しさのためにやっている人もいて、その目的は様々です。

F割りは挿入する通常のワリキリとは違って、口でするだけなので短時間で終わりますし、場所も車の中やちょっとした物陰などでできるので、非常にお手軽です。
ちょっとムラムラしてサクッと抜きたい男性や、短時間で稼ぎたい女性がF割りをやっているようです。
また、本番には抵抗があるけど、口で舐めるだけならやれるという女性もF割りをしているのだと思います。

もっと進んで、「口でするのも抵抗があるけど手でこするだけなら・・・」、という女性がするのは「手割り」です。
「テコキ」とか「手ワリ」と書いてあれば、手だけの割切りのことです。

車内F割りの意味

「車内F割り」はその名の通り、車の中でするF割りのことです。
車の中でするフェラチオだけの援助交際ということになりますね。
他にも、「車内F」「車F」「車内口割」「車内フェラ割り」「車内Fのみ」なども車内F割りと同じ意味の隠語です。

「車内」が付かない「F割り」も実際には車でする場合も多いと思いますが、車内とはっきり書いているので、ホテルとか個室には入らずにかなり短時間で終わらせるとてもドライな印象があります。

似た言葉でFが付かない「車内割り」というのもあります。これはカーセックスでの割り切りのことです。
カーセックスだとホテル代もかかりませんし、この場合も短時間で終わります。
割り切りをしている女性でもカーセックスは嫌がる人が多いので、カーセックスが好きで車でエッチしたいという男性は「車内割り」や「車OK」みたいなことをあえて書いている女性を探した方がいいでしょう。

F割りや車内F割りの実態や相場

出会い系サイトを使ってF割りや車内F割りで会う場合、まずはサイト内の掲示板でのメールのやり取りからスタートします。
詳しい流れはこちらで説明していますが、女性が掲示板やプロフィールにF割り募集の書き込みをして、それに対して男性がメールを送って割り切りの約束をします。
それから、待ち合わせに時間と場所、条件(金額と何をするか)などを決めて、実際に会うことになります。

待ち合わせて会ったらすぐ、F割りの場合はホテルやネットカフェなどの個室に入って口で抜いてもらいます。車内F割りだと、どちらかの車の中でフェラチオします。

F割りや車内F割りのときは基本的に服は脱ぎません。
その際に胸などを触っていいかなどの条件は、会う前のメールで決めておきます。

F割りや車内F割りの相場はいろいろあるようですが、掲示板の書き込みなどを見ていると5千円以内で安いです。
ヘルスやピンサロなどの本番なしの風俗と比べても安いですが、裸も見られないし、お触りもできないので妥当なところでしょう。

割り切りやF割りなどは、女性がお金を稼ぐためにやっているので、基本的には男性をあまり選ばないので、誰でも簡単にエッチなことができます。
ただ、お金を払わずやり逃げしそうな人や病気をもってそうな人、怖そうな人、不潔な人は断られることが多いようです。

F割りや車内F割りをやってもいいのか?

F割りや車内F割りをしても問題ないかですが、はっきり言うと問題ありです。

法律の面では、F割りは口のみでするので売春禁止法で禁止されている「性交」にはなりません。
ですから、F割りをしても警察に逮捕されたり怒られたりすることはありません。
しかし、もし相手が18歳未満だった場合には、各都道府県の青少年保護条例(淫行条例)や児童ポルノ禁止法違反で逮捕されることになります。

また、出会い系サイトでは、掲示板などで金銭目的の出会いを募集することを禁止しています。
これらの大手サイトの中には「割り切り」などの売春を意味するキーワードは書き込めなくなっていたり、書き込んでもすぐに削除されるところもあります。これはF割りや車口割りなども同様です。
ただ、現実では「大人の付き合い」などの規制されないキーワードを使ったり、「短時間で」などの遠回しな表現で割り切りの募集をしている女性が多く、完全には規制できていないのが現状です。
ですが、サイト内で禁止されているので、場合によっては強制退会させられる可能性もあり、出会い系サイトが利用できなくなる危険性があります。

更に、健康面での危険もあります。
エフ割りや車内エフ割りをしている女性は、お金に困っている人が多く、そのため不特定多数の男性と、相手を選ばずそういう行為をしています。
そうなると怖いのが病気です。
エフ割りの場合、口だけでするので病気は大丈夫と思っている方がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。
フェラチオでもクラミジアなどの性感染症に感染する可能性があります。

以上の点から、F割りや車内F割りを含めた割り切りはやらない方がいいと考えます。

割り切りしなくても出会える

F割りや割り切りなどをしようと考えている男性は、あまりお金をかけずに気持ちよくなりたいという方がほとんどだと思います。
それなら、お金を払ってF割りなんてしなくても、普通に出会い系サイトで相手を探してエッチをすればその望みは解決できます。

こちらで紹介している出会い系サイトはすべて大手の人気サイトで、無料で登録できます。
そして、登録する際に無料お試しポイントがもらえるので、しばらくはそれだけで女性とやり取りができます。サイトにもよりますが、うまく利用すれば1人か2人の女の子と実際に会うところまで話ができるくらいのポイントです。

もしF割りをするなら、1回抜いてもらうのに5千円くらいのお金を払うことになりますが、出会い系サイトで5千円分もポイントを購入すれば、少なくとも10人以上の女の子と実際に会うことができます。
その中の気に入った子とセフレになることができれば、口だけではなく本番ができます。しかもタダで何回も。

こう考えると、多少手間と時間はかかりますが、1回に5千円払って危険なF割りをするよりも、出会い系で普通に出会いを探す方が何倍もお得だということが分かってもらえると思います。

RSS購読する

ページTOPに戻る