JK(女子高生)やJCの見分け方

更新: by
女子高生

出会い系サイトは18禁です。しかし、稀に女子高生や女子中学生に遭遇してしまうことがあります。ミントC!JメールワクワクメールPCMAXなどの人気サイトは利用者も多くセキュリティもしっかりしていますが、さすがに完全にJKやJCをチェックするのも難しいのかも知れませんね。

出会い系は法律上18歳未満の児童は利用できないようになっているのでプロフィールなどの年齢はJKやJCの年齢になっておらず一目では分かりませんが、しばらく話をすると気が付きます。
それで尋ねてみると本当に女子高生だと白状するケースが多いです。中には援交目的の女の子もいます。

しかし、女子高生や女子中学生は出会い系サイトを利用することは禁止されています。
また、JKやJCと淫らな関係になると、児童ポルノ禁止法や各都道府県の青少年保護条例(淫行条例)などで逮捕されてしまいます。
ですから、出会い系サイトでJKやJCと出会わないようにする必要があります。

そこで、ここでは出会い系サイトで女子高生や女子中学生などと出会ってしまわないように、出会い系のJCやJKの探し方、女子高生や女子中学生を見分ける方法をご紹介します。
これらの方法でJKやJCを見分けて、そういう女の子に引っかからないようにしましょう。

なお、この方法を逆に使って、JKやJCを見つける方法として使うのは絶対にやめて下さい。
敢えて女子高生や女子中学生を見つけて通報しまくる必要まではないですが、トラブルに巻き込まれるのを防ぐために役立ててください。

出会い系とJKやJCについて

JK(女子高生)やJC(女子中学生)も男子高校生や男子中学生と同じように性的なものへの興味が強いです。
ですから、スマホや携帯などネットに接続できるツールを与えられている場合、好奇心から出会い系サイトなどに手を出してしまうのでしょう。
サイト一覧で紹介しているような大手の出会い系サイトは女子高生や女子中学生の目に触れることも多いためか、隠れて利用しているJKやJCを発見することも比較的多い気がします。

女子高生や女子中学生は出会い系は本来利用禁止

当サイトでは何回か書いていますが、18歳未満の児童が出会い系サイトを利用するのは出会い系サイト規制法などで禁止されています。
そのため、出会い系サイトの運営会社は18歳未満の高校生や中学生などが出会い系サイトを利用できないように、年齢確認のシステムなどを備えて対策をしています。
また、掲示板やプロフィールなどをパトロールすることで、18歳未満の女の子などを発見して強制退会にするなどの活動もしています。

しかし、どんなところにも抜け穴はあるもので、出会い系サイトの運営会社がそのような万全の対策をしていても、やはりサイトを利用する高校生や中学生は出てきます。
年齢確認は家族の保険証やクレジットカードを使えばできないことはないですし、年齢確認をしないままでも出会い系サイトの一部の機能は使えるので、隠語などを利用して出会うことはできますから。
通報などによってJKやJCの利用が発覚した場合も運営者によって強制退会になったりするのですが、全てのJKやJCをチェックするのは難しく、サイトでたまに見かけることになります。

夏に限らず私もこれまで何回もこっそり利用している女子高生などと遭遇したことがあります。割り切りをしているJKもいました。
もちろん分かった時点でメールのやり取りはやめて、会ったりはしていないので本物の女子高生か確認したことはありませんが。

そうやって不正に出会い系サイトを利用しているJKやJCは普通に出会い系で出会ったりメールを楽しんでいる場合が多いですが、中には割り切り(援助交際)の相手を探しているJKやJCもいます。
メールのやり取りをするだけであれば何の罪にもなりませんが、援助交際で女子高生や女子中学生にお金を払ってエッチしたりしてしまうと、警察のお世話になることになるので大変危険です。

さわらぬ神にたたりなし。
出会い系サイトでJKやJCを見つけたら、決して手を出さないようにしましょう。
また、メールしている相手が女子高生だと気づいたら、その時点ですぐにメールのやり取りをやめましょう。

出会い系サイトのJKやJCの見分け方

JKやJCと出会うことを避けるには、出会い系を利用しているJKやJCを見分けられなくてはいけません。
そこで、ここでは出会い系を利用している18歳未満の女の子の特徴を紹介します。
プロフィールや掲示板でこの特徴に当てはまっている場合、必ずしもJKやJCだとは限りませんが、JKやJCの可能性があるので干支を聞いたり高校を卒業していないと分からない質問などをして、18歳以上か確認することをおすすめします。

まず、JKやJKはプロフィールの年齢を18歳から19歳か、未記入に設定します。他の年齢にすることは少ないです。
出会い系サイトは18歳未満は利用できず18歳未満の年齢は入力できないので、自然にそうなるのでしょう。
職業についても正直に学生にしていることが多いです。

そして、JKやJCが出会い系サイトを利用する場合、年齢確認をやらない場合が多いです。
親の保険証などを使ってクリアする場合もありますが、そこまでやる女の子は多くないです。
上に書いたように、出会い系サイトを利用しているJKやJCの中には年齢確認をせずに利用しています。
そういうJKやJCを見分けるのは簡単です。年齢確認をしていない女性会員を避ければいいのですから。
年齢確認はとても簡単で18歳以上であれば誰でもできます。少し時間がかかったとしても数日です。
ですから、登録してしばらく経つのに年齢確認を済ませていない女性会員がいた場合、女子高生とか女子中学生ではないかと思った方がいいでしょう。
それで割り切り相手の募集などしていたらかなり怪しいです。

ですから、プロフィールやメール送信画面で相手が年齢確認をしていない場合で、相手が18〜19歳で学生だった場合にはJKやJCの可能性があるので注意しましょう。
学生ということであれば女子大生や短大生、専門学生のはずなので、どういう勉強をしているか等聞くとJKやJCかどうか判断できます。

また、JKやJCはやはりまだ子供なので、プロフィールの一口コメントなどの文章が幼い場合が多いです。特に女子中学生の場合には一目で分かると思います。
プロフィールや掲示板、メールのやり取りの中で文章に幼さを感じた場合には、年齢確認をしてみましょう。

JKやJCは警戒心がまだ薄い場合があるので、写メ交換などにも簡単に応じたりします。
これを利用して、写メ交換をして相手の外見で女子高生や中学生でないか判断するのもいいと思います。
高校や中学校の制服を着ていた場合、完全にアウトです。

夏休みや冬休みはJKやJCに注意!

毎年夏になって7月後半になると、出会い系サイトに18〜19歳の年齢カテゴリの女の子が急に増えます。
同様に12月末や1月前半などの冬休みの時期も10代の若い女の子が出会い系に増えます。
本当に18歳や19歳の女の子もいますが、その中には18歳未満のJKやJC(女子高生や女子中学生)が紛れ込んでいる可能性もあります。
出会い系サイトは18禁なので、18歳未満の高校生や中学生は利用できませんが、 ワクワクメールやミントC!Jメールなどの大手出会い系サイトはメディアでの露出も多いため、隠れて利用するJKやJCに遭遇しないための注意が特に重要です。

夏休みや冬休みに出会い系サイトを利用する際には、このようなこっそり出会い系を利用しているJKやJCに注意してください。

18歳未満の女の子と出会うのは絶対NG

女子高生や女子中学生などの18歳未満の児童とエッチな行為をすると、各都道府県の青少年保護条例違反で逮捕されてしまうことになります。
JKやJCと割り切り(援助交際)でお金を払ってエッチした場合には、児童ポルノ禁止法違反で5年以下の懲役及び三百万円以下の罰金です。
更に13歳未満の女子中学生や小学生の女の子とセックスしてしまった場合、相手の同意があっても強姦罪(3年以上20年以下の有期懲役)になります。

ですから、出会い系でJKやJCに遭遇した場合、分かった時点でメールのやり取りをやめましょう。
できればサイト側に18歳未満だと通報するのがいいでしょう。
JKとエッチしたいとか考えてメールを続けて会ったりするのは、絶対にいけません!

メールするだけなら相手がJKやJCだろうとJSだろうと罪にはなりませんが、人間は弱い生き物なので魔が指してしまうことがあります。JKやJCだと分かった時点でメールをやめるのが正解です。

なお、JKやJCとエッチな画像や動画のやり取りをするのは都道府県によっては淫行条例に引っかかってしまう可能性があります。
女子高生や女子中学生とのエロ画像やエロ動画のやり取りも危険なのでやめておきましょう。
自分のを見せるのもNGです。

相手の女の子が18歳以上だと嘘をついていて、JKやJCだと知らずにエッチな事をしてしまった場合、微妙ですが淫行条例の方では処罰されてしまう場合もあります。
ですから、会ってみて相手の女の子が幼い外見の場合には、一応身分証明書などで年齢を確認してからエッチした方がいいでしょう。特に夏の出会いや年末年始やクリスマスの出会いでは注意が必要です。

女子高生や女子中学生を発見したら

上記のJKやJCの見分け方で女子高生や女子中学生らしき怪しい女の子を見つけたら、「ホントに大学生?(笑)」とか「ホントは何歳なの?」みたいに聞いてみましょう。
JKやJCは警戒心が薄いので、ある程度メールして仲良くなっていたら簡単に本当のことを教えてくれます。
悪いことをしているという意識が薄いのでしょうね。
それで女子高生だと判明したら、すぐにメールをやめましょう。明らかにJKやJCだったならサポートに通報してもいいと思います。

直接聞かなくても、写メ交換をしてもJKやJCを見分けることができます。
たまに制服を着て撮影したのを送ってくる女の子がいますから。
若い女の子は割りと簡単に写メを見せてくれるので、早めに画像交換を持ちかけてみるのも、女子高生を探す方法の一つです。

相手の女の子が嘘をついていて、気付かずに女子高生とエッチしてしまった場合、過失なく18歳未満だと気付かなかった場合は罪にはならない場合もあるようです。
ですが、容姿などで気づきそうな場合には微妙なので、幼い見た目の女の子には注意が必要です。

公開日:出会い系メール例文集出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る