パパ活で男性がエッチするテクニックと最初のメッセージ

最近、「パパ活」という言葉をよく耳にすると思います。
パパ活とは「パパを作る(探す)活動」のことで、若い女の子が食事をご馳走してくれたり、デートしてプレゼントやお小遣いをくれる年上男性である「パパ」を探すことです。「p活」とも言います。

若い女子の言うパパ活は、基本的にエッチなど肉体関係なしでの交際になるので、お金目的でセックスする「援助交際」や「割り切り」などとは違います。「愛人」とも違います。
ですが、男性側がうまくやればパパ活をしている若い女子とエッチすることもできます。

ここでは、男性がパパ活をしている女の子とエッチするためのテクニックと、パパ活女子と出会うための最初のメッセージの例文をご紹介します。

ドラマ「パパ活」でパパ活女子が増加中

最近、FOD(フジテレビオンデマンド)やdTVなどのネット配信ドラマで「パパ活」というまさにパパ活をテーマにしたドラマが配信されました。フジテレビ系の地上波でもテレビ放送されます。
このドラマは脚本が野島伸司、主演が渡部篤郎と飯豊まりえでかなり話題になっています。

パパ活自体はこのドラマの前から話題になっていますが、このドラマを通じてパパ活に興味を持った若い女性も多いです。
その結果、出会い系サイトなどでもパパ活をして、パパを募集している女子が増えています。

パパ活をしている女子は、肉体関係は考えていません。
食事をしたり一緒にカラオケをして、その対価として男性にお金(お小遣い)をもらったり、欲しいものを買ってもらったりすることが目的です。

ですが、建前上はエッチなしと言っているものの、実際は男女の関係ですから交際しているうちにセックスすることができます。
最近パパ活女子が増えていることで、40代や50代の男性が年下の若い女の子とセックスできるチャンスが増えているのです。

ただし、JK(女子高生)やJC(女子中学生)など18歳未満の女の子がパパ活をしていることも稀にあります。
ですが、18歳未満の女の子とエッチなことをするのは違法です。絶対にやらないようにしてください。
出会い系サイトで18歳未満の女子を発見した場合は、サイト運営に通報するようにしてください。

出会い系サイトはp活女子と出会いやすい

ドラマでは、飯豊まりえ演じる女子大生の赤間杏里は出会い系サイトを使ってパパ候補を探しましたし、友達もサイトでp活をしていました。(実際に渡部篤郎演じる栗山航と出会ったのは偶然の出会いでしたが)
実際にパパ活をする場合にも出会い系サイトを使う女の子が多いです。
ドラマではパパ活専用のサイトを利用していましたが、実際にはパパ活専用のサイトは男性が利用する場合はお金がかかる割に出会えないので、通常の大手出会い系サイトを使う方が効率がいいです。

男性がパパ活をする際に特にオススメできるのは、JメールワクワクメールPCMAXの3サイトです。
この3つのサイトは全て老舗の大手有名出会い系サイトで、利用者数が男女ともにかなり多いです。
そのため、中年のパパを探している女子大生やOLなどの若い女の子も多く、かなり確実に出会うことができます。

コストも良心的で、通常であれば女の子一人当たり1000円程度のコストで実際に会うことができます。
また、最初は無料登録でお試しポイントがもらえるので、そのポイントを使って何人かの女の子とやり取りをしてみて、それで気に入ったサイトを使ってみるのがいいと思います。

パパ活でエッチするテクニック

パパ活は建前としては肉体関係なしの清い交際ということになっていますが、実際にはかなりの割合でエッチをしています。
ドラマのパパ活でも、杏里の友達の女子大生はパパとエッチをしていると話していました。
定期的にデートして食事したりしていると、やはり自然と恋愛的な感じになって、エッチするようになるんでしょうね。

ですから、出会い系サイトで最初は体の関係なしでのp活ということで募集している女の子も、実際に会って何回がデートしているうちに自然とエッチすることができるので、パパ活でエッチするために特別なテクニックは必要ありません。
きちんと約束を守って紳士的ないいパパでいれば、自然とセックスをすることはできます。

そして、そこでのセックスもお金の対価としてのセックスではなく、恋愛とまでは言いませんが自然な成り行きでセックスしたのですから、お金の対価としてセックスしたのではないので買春にもなりません。
全てうまくいきます。

ただ、P活をしている女性の中には性格の悪い女性もいて、そういう人はどんなにいいパパで、信頼関係ができてきても中年男性をただの金づるとしか考えていないため、エッチはできません。
そういう、性格の悪い女性をうまく見分けることは必要です。

パパ活でエッチできない女性の見分け方

エッチできないパパ活女子の特徴は、一言で言うと「性格が悪い」ということになります。
これは出会い系サイトのプロフィールやメールの内容で簡単に見分けることができます。
プロフィールやメールで次の特徴に当てはまるものがあれば、その女子は性格が悪いのでエッチできません。パパになるのはやめましょう。

  • 自分は棚に上げて男性への要求が厳しい
  • すぐにお金の話をする
  • 短時間で済ませようとする
  • 上から目線
  • 敬語を使わない
  • メッセージが短文

また、性格は良くてもエッチに対して嫌悪感を持っている女の子もなかなかエッチできないので避けておいた方がいいです。

パパ募集中の女子への最初のメッセージ例文

出会い系サイトの掲示板やプロフィールではパパ活をしている女性が探しやすいです。
プロフィール検索で「パパ」や「お小遣い」「プレゼント」「優しい年上」などのキーワードを使って絞り込み検索するとすぐに見つかります。
その中で、上で紹介したエッチできないパパ活女子に当てはまらない人がいたら、その子は狙い目です。
自分からメッセージを送ってみましょう。

最初のメッセージはこんな感じでいいと思います。

はじめまして。
最近仕事が忙しく、若い女の子と食事でもして癒されたいなと思っていて、そこで(相手の名前)さんのプロフィールを見つけたので、メッセージを送ってみました。
まずはサイト内でゆっくりとメッセージのやり取りをして仲良くなれたら、定期的に会って美味しいものを食べに行ったり、カラオケやショッピングなどできたらと思ってます。
(相手の名前)さんはどういうタイプの男性が好きですか?年上男性は好きです?

かなり直接的な内容になりますが、明らかにパパ活中の女子であればこういう内容でもOKです。
お小遣いというのは書いていませんが、「定期的」「プレゼント」などでパパになるということを匂わせています。
職業などでアピールできる方は、質問の前に簡単な自分の自己紹介を入れておくと、よりスムーズにパパ活女子と出会えますし、メッセージのやり取りもうまくいきます。

今であれば、次のようなドラマのパパ活を利用したメッセージもいいかもしれません。

こんばんは。はじめまして。
最近「パパ活」というドラマを見て、ぼくも杏里ちゃんみたいな若い女の子と食事したりデートしたりしたいなと考えて、今探しているところです。
(相手の名前)さんのプロフィールを見て、すごく素敵な女の子だなと思ってメールしてみました。(相手の名前)さんはパパ活してますか?
まずはメールでゆっくりお話しして、お互い気が合うようなら実際に会ってみたいです。何でも好きなものご馳走しますよ。
よかったらお返事ください。

こういう形でメッセージの中にパパになりたいと書く方法もありますし、メッセージの内容自体は出会い系の一番最初のメール例文のような普通の文章にして、自分のプロフィールの方で「パパ活してる女の子と出会いたいです」とか「若い女の子とデートしたり、プレゼントやお小遣いをあげるのが好きです」みたいに書いておくやり方もあります。
その方法であれば、プロフィール検索からもp活女子からのアクセスが期待できます。

パパ活をする場合、プロフィールの「お金持ち度」などのお金に関する項目は嘘でも高めに設定しておいてください。
金銭的に余裕がない中年男性をパパ活の相手にしたいと思うパパ活女子はいませんから。

RSS購読する

ページTOPに戻る