処女と出会える募集掲示板と出会う方法

更新: by

処女と出会ってエッチしたいと考えている男性はかなり多いと思います。
出会い系サイトをうまく利用すれば、処女と出会ってエッチすることができます。

とはいえ、さすがの出会い系サイトとはいえ処女はそれほど多くないので出会えるサイトの掲示板を使って、正しい方法で探す必要があります。

ここでは、処女と出会える掲示板と処女の探し方、処女と出会ってセックスするための方法などを詳しくご紹介していきます。

処女と出会いたいなら出会い系サイトが最強

厚生労働省の出生動向調査中の「年齢別の性交経験のない未婚者の割合」の2015年のデータによると、18〜19歳女性の74.5%、20〜24歳女性の46.5%、25〜29歳女性の32.6%、30〜34歳女性の31.3%がセックスの経験がないということです。
2010年の調査と比べると、どの年代でも未婚女性の中でのバージンの割合が増えてきています。
処女の数というのは意外と多いものなのです。
特に10代の女の子は半分以上、3人中2人が処女だということになります。

しかし、合コンやナンパなどで処女と出会おうとしてもなかなか出会うことはできません。
それは、リアルの出会いでは10代の女の子と出会う機会がなかなかないことと、バージンの女の子は自分から積極的に出会いを探さないことが理由です。

ですが、人に知られずに出会いを探せる出会い系サイトであれば、処女も人目を機にすることなく出会いを探すことができるので、出会いを探している処女が結構見つかります。
また、18歳や19歳の10代の女の子も出会い系サイトを利用して出会いを探していることが非常に多いです。
出会い系サイトであれば、多少年の差があっても、気軽に10代の女の子に声をかけることができますし、年上好きの若い女の子も多いのでエッチできるチャンスも多いです。

ですから、処女と出会ってセックスしたいなら出会い系サイトを利用するのが一番だと言えます。

出会い系サイトなら処女を探しやすい

自分の目の前にいる男性が童貞なのかどうかは見た目だけでは分かりません。
同じように、目の前の女性が処女かどうかも簡単には判断できません。
ですから、リアルの出会いで処女を見つけて出会おうと思っても、なかなか難しいのが現実です。

会話の中でバージンかどうかを聞き出すこともできますが、そのためにはある程度仲良くなることが必要なので、合コンやストナンでそれをやるのはかなり効率が悪いです。

それに対して、出会い系サイトであればプロフィールや掲示板の書き込みでバージンかどうかをある程度判断することができます。
また、プロフィールだけでは判断できない場合でも、メールのやり取りの中で判断することができます。
そのため、出会い系であれば効率よく処女を探すことができます。
他の方法と比べると、10倍以上処女を見つけやすいと思います。

それと、出会い系サイトでは掲示板などで「処女を卒業させてくれる男性募集」みたいな書き込みを目にすることがあります。
そういう女の子を狙えば、とても簡単かつスピーディーに処女とエッチする事ができます。
ただ、そういう書き込みは業者の罠だったり、割り切りやパパ活目的の場合もあるので、注意は必要ですが・・・。

処女でもJKやJCとエッチするのは厳禁

18歳や19歳の女の子は処女率が高いですが、そうなると当然、18歳未満の女子高生(JK)や女子中学生(JC)の処女率はもっと高い事が予想されます。
だからといって、出会い系でJKやJCと出会おうとするのは絶対にやめてください。

JKやJCなど18歳未満の児童とセックスなどの淫らな行為をすると、都道府県の青少年保護育成条例(淫行条例)違反で警察に逮捕されることになります。
また、未成年との淫行で逮捕されると、離婚されたり職場で免職になったりと社会的にも大変なことになります。

実際問題として、当サイトでご紹介しているような大手の有名出会い系サイトでは女性利用者数が多いので、家族の身分証明書などを悪用して監視の目を掻い潜ってサイトを不正利用している未成年がいる場合もあります。
ですが、もしそういう悪い女の子を発見した場合は、サイト運営に通報するなどして、悪い道を歩まないようにしてあげてください。
決して、女子高校生や女子中学生にメッセージを送ってエッチしようと誘ったりはしないでください。

処女と出会える募集掲示板と出会い系サイト

出会い系サイトを利用している女性は、出会いに積極的な女性が多いです。
ですから、自然と非処女が多く、処女の数も比率的にはそれほど多くはありません。
ですが、分母が大きければ出会える処女の数も増えます。
利用者数が多い大手の人気出会い系サイトであれば、必ず処女を見つけることができます。

ということで、処女と出会える掲示板は大手の人気出会い系サイトの掲示板だということになります。
これまでマイナーで小規模な出会い系サイトで処女と出会ってセックスすることができなかった方でも、当サイトで紹介している大手の人気サイトを使えば処女と出会うことができます。

利用者数から考えて、一番処女と出会いやすいサイトというと、やはり大手のワクワクメールになります。
ワクワクメールは歴史も長く高品質なサービスに定評がある老舗サイトです。
ワクワクはトップクラスの利用者数を誇るサイトなので、ピュア系掲示板であれば比較的簡単に処女を探すことができると思います。
また、ワクワクメールは女性のプロフィールを閲覧するときにポイントが必要ないので、プロフィール検索から処女を探すというテクニックも使えます。

ワクワクメールと並んで利用者数の多いハッピーメールも処女と出会ってエッチするのに適しています。
ハッピーメールも大人気の老舗サイトで、雑誌やネットなどに多くの広告を掲載しています。
その雑誌などを読んだ若い女性が多く利用するため、低年齢層のサイト利用者が多く、その結果処女も見つけやすい状況になっています。
ハッピーメールでもピュア系の掲示板で探すこともできますし、無料のプロフ閲覧を利用してプロフィール検索で探すことも可能です。

別の方法で処女を探すことができるのは、PCMAXです。
PCMAXでも上の2つのサイトと同じように出会いを募集している処女を探すこともできますが、このサイト特有の機能を使ってバージンの女の子を探すこともできます。
PCMAXには「裏プロフィール」というちょってエッチな質問項目のプロフィール機能があるのですが、この中に「経験人数」というのがあってこれで処女を探すことができます。
ここの経験人数が0人や未経験になっている女の子は100%処女です。
さらに、PCMAXでは定期的にプロフィールからの1通目のメールが無料で送れるというキャンペーンがあるので、その時にヴァージンの女の子にメール爆撃してみるといいかもしれません。

ゴールデンウィークや夏休みは処女と出会いやすい

ゴールデンウィークや夏休みなど年度の前半は処女と出会いやすいシーズンです。
処女と出会ってセックスしたい方はこの前半の時期、特にゴールデンウィークや夏休み時期などに頑張りましょう。

というのも、日本では4月から年度が切り替わるので、4月に進学したり就職したりする人がほとんどです。
進学や就職したことによって、これまで親の監視などで遊べなかった処女の女の子たちも遊び始めます。
また、地元を離れたりして家族や友達が周りにいなくて寂しくなった女の子も出会いを探し始めます。
さらに、今まで18歳未満ということでスマホを持たせてもらえなかった処女の女子高生も高校を卒業してスマホデビューして、解禁になった出会い系にアクセスします。
そんなフレッシュな女の子たちがゴールデンウィークや夏休みなどの暇な時期に出会い系サイトに集中するのです。

ゴールデンウィークの出会いなどにも書いていますが、ゴールデンウィークから夏休みにかけての時期は処女以外の女性とも出会いやすいベストシーズンです。
この時期を逃さず、処女との出会いを探してみてください。

掲示板でバージンの女の子を探す方法

上で紹介した3つのおすすめ出会い系サイトの掲示板で処女を探す場合、コツがあります。
自分が処女だとはっきり名乗っている女の子はそれほど多くないですから。
掲示板で処女を探すためのコツをいくつかご紹介します。

掲示板でストレートな処女の募集投稿を探す

出会い系サイトの掲示板では稀に「処女を卒業したいです」みたいな投稿を見かけることがあります。
掲示板にこういう書き込みをしている女の子は本当に処女だったりするので、そういう書き込みを見つけたらメールを送ってみてください。

ただし、そういう処女卒業希望の掲示板の投稿は割り切りやパパ活目的だったり、業者だったりする場合も多いので、注意が必要です。
お小遣い(お金)の話になった場合は割り切りやパパ活、どこか他のサイトに誘導しようとしてきた場合は業者なので、そこでメッセージのやり取りをストップしましょう。

彼氏募集で恋愛慣れしていなさそうな女子を探す

男性経験がない女の子は、初めてのエッチの相手は大好きな人と、と考える事が多いです。
ですから、出会い系サイトを利用している処女の女の子も掲示板、それもピュア系の掲示板で恋人を募集する事が多いです。
また、掲示板には書き込まないまでも、プロフィールでサイトの利用目的に「恋人募集」などを選んで、自己紹介文に「真剣に彼氏募集中です」などと書いています。「メル友募集」で彼氏を探していることもあります。

処女を探す際には、こういう彼氏探しをしている女の子を狙うのがかなり確実ではあります。
彼氏探しをしている若い女の子のうち、あまり恋愛してなさそうな感じの女の子だと処女の可能性が高いです。

ただ、こういう彼氏募集をしているバージンの女の子とエッチするためには、真面目に付き合わないといけない場合が多いです。
何しろ男性経験がないのですから、付き合ってから初めてのエッチまでに時間がかかりますし、初めてのエッチでもスムーズにセックスできるか分かりません。

多少のリスクはありますが、処女とエッチしたいというのであれば、彼氏募集中の処女を狙ってみるのも確率が高くていいと思います。
ただし、彼女がいないとか独身でないと難しいですが。

プロフィール検索で処女を見つける

出会い系サイトで処女を探す方法はもう一つあります。

真面目な女の子には処女が多いです。
とはいえ、真面目な子でも年齢を重ねていくと彼氏ができるなどして処女を卒業していきますから、ある程度若くなくてはいけません。
ということで、処女を探す一番基本的な方法は、プロフィール検索で真面目そうな若い女の子を探す、というやり方です。

処女のプロフィールを探すヒント

若い方が処女率は当然高いので年齢は「18歳から25歳」くらい。
真面目な女の子はタバコを吸うことは少ないのでタバコは「吸わない」。
彼氏がいると既にセックスを経験して処女喪失している可能性が高いので交際は「彼氏なし」や「独身」。人妻が処女ということは普通ありえないので「既婚」は選びません。
これらの条件を織り交ぜてプロフィール検索で絞り込み検索をかけます。

一般的に、真面目な女の子はよく勉強しますから、4年生大学に進学している女の子は短大生や高校卒業してすぐ社会人になる女の子より処女率が高いです。
特に偏差値の高い大学に行っている場合は、高校時代は勉強に追われて恋愛やセックスをしていない場合も多いので処女率が高いです。
しかし、大学に入ると遊ぶようになって、彼氏もできるので処女を卒業してしまうことも多いです。
そのため、プロフィール検索で「大学生」「18〜19歳」などで絞り込んでも処女は見つけやすいと思います。

処女のプロフィールの特徴

このようにプロフ検索で絞り込んでも、その結果出てきた女の子がみんな処女ということはありません。
ここからさらに絞り込んでいきます。
4年生大学の女子大生でも遊んでいる子はいますし、社会人でも真面目な子もいますから。

それには、プロフィールの自己PR(自由コメント)欄を見ます。
ここで敬語である程度長文の文章が書いてある場合、真面目な女の子の場合が多いです。
面倒臭がりだったりいい加減な女の子は文章が書けないし、書こうともしませんから。
そしてその内容でも、真面目に出会いを探している感じのものを選びます。

また、真面目な女の子は出会い系サイトで知らない不特定多数の人に顔写真という重要な個人情報を晒したりしません。
ですから、プロフの写真をアップしている女の子も処女の可能性は低いので外していいです。

趣味友やメル友募集のオタクの女の子にも処女は多いです。
オタク女子は男性に対して奥手な場合が多く、恋愛経験に乏しくその結果セックス未経験の可能性が高いからです。
プロフィールの自由コメントにアニメや漫画などオタク系のキーワードが含まれる場合、オタクよりな女の子だと言えるので、処女の可能性大です。

これで絞り込んだ中にはきっと処女が含まれているはずです。
もちろん全員ではないですが、ここからメルのやり取りをしていく中で処女を探していくことになります。

処女と出会うための手順

ここまで処女を捜すための方法を書いてきましたが、続いては処女と出会ってエッチするまでの流れについて解説します。

処女と出会える出会い系サイトに登録する

出会い系で処女と出会うには、まずは出会い系サイトに登録しないことには何もスタートしません。
上で紹介したワクワクメールハッピーメールPCMAXであればどれでも処女と出会えるので、好きなものを選んで登録してください。

これらの3サイトは全て登録は無料で、初めて登録する際には体験用お試しポイントをもらう事ができます。
この無料お試しポイントでしばらく出会いを体験してみて、自分に合ったサイトを本格的に使用するというやり方もおすすめです。

なお、出会うためのツールとしてスマホの出会いアプリなどもありますが、そういうアプリはあまり出会う事ができないので個人的にはオススメしません。
というのも、AppストアやGoogleストアに出品するためには審査があり、出会い系アプリのような18金のサービスはそのままでは審査をクリアできません。
そのため、18禁ではない内容にしてあるのですが、その結果アプリは出会えなくなっているのです。
普通の出会いもできないので、当然バージンの女の子と出会うこともできません、
ですから、処女探しにはブラウザで使用する上記の出会い系サイトを使用するのがいいと思います。

処女と出会えるプロフィールの作成

優良出会い系サイトに登録できたら、次は処女と出会うためのプロフィールを作成します。
処女と出会うためのプロフィールといっても何も特別なものであはありません。
出会い系プロフィールの書き方と自己紹介で解説しているような、普通の真面目そうなプロフィールにしておけば特に問題はありません。

あとは、興味あることなどに「大人の出会い」や「セックスフレンド」などのアダルトなものを入れないことと、未婚既婚の項目を「未婚」にしておくだけです。
処女の女の子にとって流石に不倫はやはりハードルが高すぎるので、未婚にしておく方が相手の女の子があまり警戒せずに返信をしてくれるようになります。

アダルト系の掲示板に書き込みをしている場合には、プロフィールからそれが見えないように削除したり見えないように設定しとくといいです。
そういうところが意外な落とし穴になったりします。

プロフィールや掲示板で処女を探す

自分のプロフィールが完成したら、次は処女の女の子を探します。

出会い系で出会う方法には、自分から積極的にメッセージを送る方法以外に掲示板に書き込みをして女性からのメッセージが届くのを待つ方法もあります。

しかし、出会い系に限らず女性はどちらかというと受け身な人が多いので、待つ方法だとなかなかメールが届かず、やり取りを始める事ができません。
処女ならなおさら女の子からのメールは期待できません。
ですから、待ちの作戦よりもプロフィールや掲示板で女の子を探して自分からメールを送る攻めの作戦の方がより高い確率で処女と出会う事ができます。

上で説明したやり方でプロフィールや掲示板で処女っぽい女の子を探して、その中でエッチしたいと思える女の子を選びます。
見つかったら、最初のメール=ファーストメールを送ります。

処女に送るファーストメールの書き方

男性経験がない女の子にメールを送るときにはエロいメールやいきなり会おうと誘うメールはNGです。
これは、処女に限らず出会い系で出会いを探す場合に共通する鉄則です。
出会い系のファーストメール例文にあるような普通で真面目っぽいメールにしてください。
処女には比較的真面目な女の子が多いので、そういう女の子には真面目っぽいメッセージの方がウケがいいです。

また、ファーストメールの中には相手のどういうところが気に入ったかを書くこともありますが、そこでは「あなたの純粋そうなところに惹かれました。ぼくは純粋な女性が好きなので」みたいな形で書くと、相手は自分が処女だということに引け目を感じないで、スムーズに出会う事ができます。

出会い系を使ったネトナンでは、ファーストメールの返信率は100%ではないので、保険みたいな感じで何人かの女性に同時にメッセージを送ります。
そしてもし返信がない場合には、執着せずにまた別の女性を探します。
ですが、処女はそれほど多くないので、そのようなバラマキ型のメッセージの送り方ではなく、1通入魂でメールを書いて送りましょう。
また別の処女を探すのは大変ですから。

処女とメールで会話する

ファーストメールを送ったバージンの女の子から返信が届いたら、メッセージ交換のスタートです。
最初はサイト内のメール機能を使ってやり取りをして、とりあえずは世間話で仲良くなります。
会話の内容は出会い系の会話テクニック出会い系の会話の話題などを参考にしてみてください。

プロフィールでオタクっぽい女の子を選んだ場合、おたくっぽい女の子にはオタク的な話題がウケがいいので、知らない方は少し勉強してでもおたく系の少しマニアックな会話をしてみてください。
そうするとすぐ仲良くなれると思います。

サイト内のメールは送受信にポイント=お金が必要になるので、LINEなどの連絡先を交換して直接やり取りしたいところですが、すぐに連絡先を聞くのは絶対にNGです。
ネットで知り合った全然知らない人にメールアドレスなどの個人情報を教えるのは怖いものです。
処女の女の子が相手の場合は通常より慎重に進めて、少なくとも10往復程度サイト内でやり取りをしてある程度仲良くなったと感じたら、ラインIDやメアドを聞くようにしてください。
そうでないと、相手が警戒して返信がこなくなります。

連絡先を交換して直接のやり取りに移行したら、そこからはもっと頻度を上げてメールのやり取りを楽しみましょう。

なお、ネトナンでの処女との会話では基本的にはエロ話厳禁です。
セフレなどのエッチな出会いを探す場合には直接やり取りをするようになったらエロ話をして、初対面の日にセックスできるように下準備をしますが、処女の場合はそれではダメです。
実際に会うまで、あるいは相手の方からエッチトークを振ってくるまで、エッチな話はしてはいけません。

会話の中で本当に処女かどうか確認する

プロフィールなどで処女だと思ってその女の子を選んでメールのやり取りをしているわけですが、処女だという確証がない場合にはメールの会話の中でそれとなく処女かどうかを確かめてみるのもありだと思います。
もちろん、相手の女の子が気に入ったのであれば、処女でなくてもそのまま仲良くなればいいですが。

処女かどうか確認するのも「処女なの?」と直接聞くのは良くありません。
身体目当ての男だと思われて引かれてしまいます。

そうではなく、「今まで彼氏がいたか?」や「彼氏とはどれくらい付き合ったか?」「彼氏とはどうなったか?」などの質問をして遠回しに尋ねる方がいいでしょう。
相手の女の子が途中で答えたくなさそうな感じになったら、そこで質問はストップします。

デートをして処女とセックスする

LINEやカカオ、スマホメールなどの直接のやり取りで十分仲良くなったら遊びに誘いましょう。

実際に会う場合は、必ず遊びや食事など、何か会う目的を作って誘うようにしてください。
女性は知らない男性に会うことには心理的な抵抗があるものです。
そこに、美味しいものを食べるとか映画を一緒に観るなどの口実ができることで、自分に対する言い訳ができて、デートの誘いをOKしやすくなるのです。
特に処女の場合は夜会うことに抵抗がある場合もあるので、最初はランチやお茶などの昼間のデートに誘うと成功の確率が高くなります。

うまくデートに誘えたら、日程などを決めて待ち合わせをして、実際に会います。
そこからは楽しく会話を楽しんだり、美味しいご飯を食べたりして楽しい時間を過ごしましょう。

そして、次はセックスをして処女をいただくわけですが、処女の女の子の中には付き合わないとエッチしないという子も多いので、できるのであれば少し手間をかけて付き合ってからエッチしましょう。
その方が確実に処女とエッチできます。

処女だけどそれほどガードが固くない女の子であれば付き合わなくてもヤリモクでセックスできたりしますが、これは出会い系でもそれほど多いケースではありません。
会うまでの会話の中で、相手の女の子がどれだけ真面目か、恋愛に憧れているか、ガードが固いかを確認しておきましょう。

処女とのエッチは最初からうまくできるとは限りません。
挿入までに何回かかかることもあります。
出会う過程もそうですが、セックスも過程を楽しんで余裕を持って付き合うようにするとうまくいくと思います。
うまくいけば、処女卒業したばかりの女の子をセフレにできることもあるので頑張ってみてください。

公開日:出会い系メール例文集出会い系メール例文集画像
RSS購読する

ページTOPに戻る